2021年版オンライン秘書おすすめ13社比較!リアルな導入事例も紹介

2020年以降、働き方改革と新型コロナの影響でテレワークが急速に普及しました。中小企業を中心に「オンライン秘書」が再び注目を集めています。

オンライン秘書とは、総務・経理・営業事務からちょっとしたデザイン業務までを一手に引き受けてくれるアシスタントサービスです。

オンライン秘書に興味がある方でも下記のような疑問を持つ方は多いのではないでしょうか?

「便利そうだけど、本当に仕事がうまく回るの?」
「秘書とはいえ、結構コストがかかるんでしょ?」
「多くの企業がが契約してる人気サービスはどれなのか?」

この記事ではそんな疑問に対する答えをお届けします。2021年最新のオンライン秘書10サービス比較(料金、サービス内容)、導入事例、メリット・デメリットをご紹介します。活用検討をされている方に少しでもお役に立てば幸いです。

 

オンライン秘書とは?通常の秘書との違い

オンライン秘書とは、リモートでスタッフを契約し、メール返信、資料作成、データ入力、Web系雑務など細々した業務をサポートしてくれるサービスです。
経営者や正社員がやっているルーティンワークの一部を、アウトソーシングすることができます。

一般的な「秘書」は、数名の上司に付いて、スケジュール調整や身の回りの雑務などをこなしてくれます。
パートタイムワーカーや派遣スタッフを雇用している企業も多くあります。
一方、「オンライン秘書」は対応範囲が幅いのが特徴です。総務や営業事務だけでなく、デザインやコーディング業務などまで対応する「外注パートナー」というイメージが近いです。
実際に1名の専属担当が付くケースよりも、業務によって適正のある担当者が複数名で対応するケースが多いようです。
つまり、実質2−3名の人員を1名分の費用で採用ができます。

契約形態は、派遣契約ではなく業務委託契約となります。
納品物による成果でみるのではなく、稼働時間によって支払い額が変わるシステムが一般的です。

社員5名以下の企業では、まず1ヶ月で10〜30時間程度の業務を外注するのに向いています。
月間160時間のフルタイムの業務だと、正社員よりも割高になるリスクもあります。

オンライン秘書になるには?どんな人がやっているの?

オンライン秘書の中の人は、どんな人なのか?とても気になるのではないでしょうか。
オンライン秘書サービス各社の求人募集要項を見ると、明確なスキルや条件指定はほとんどありません。
実際には下記のような人材が多く所属しています。

・1日3−4時間だけ稼働できる主婦の方

・フリーランスで事務作業を受注している方

・バナーやLP作成などのデザインができる方

など、男女問わずオンライン秘書に登録しています。

但し、スタッフを厳選採用をしている会社も多く、「基本的なPCスキルがある」「顧客コミュニケーションがしっかり取れる」などのベーシックスキルだけでなく、顧客対応力や問題解決力、これまでの仕事の実績なども勘案して採用しているようです。

実際にオンライン秘書サービスを導入する際は、担当営業に秘書スタッフの属性やスキルを確認してみるのがよいでしょう。

さらに突っ込んだ内容を知りたい方はこちらの記事もチェック!

タスカルの内部はどうなってるの?発注を検討している企業様に知って頂きたいこと
タスカルのサービスを知っていただき、ありがとうございます。オンラインアシスタントのサービス(「タスカル」)を検討している方で、下記のような疑問を持たれる方は多いのではないでしょうか? ・タスカルはどんな仕組みになっているの? ・なぜ...

オンライン秘書の活用事例

実際にどんな企業が、どんな業務を依頼しているのか気になりますよね?ここでは活用事例を3つご紹介します。

経営者の手が回らない仕事をなんでもカバー

一人社長の企業では、社長が事務作業をやらざるを得ず、売上の機会損失やクオリティ低下につながることもあります。餅は餅屋で、事務作業が得意なアシスタントを低コストで雇えるのが、オンライン秘書のメリット。ベーシックな活用の仕方をまずはご覧ください。

タスカルを選んだ決め手は「安定感」と「業務の幅広さ」|株式会社ONETREE(ECコンサルティング)
ECサイト制作や運用支援を行う事業者にとって、サイト制作もやりながら、カスタマーサポートも行うのはなかなか負荷が大きいのではないでしょうか? 株式会社ONETREE様は、2018年創業のウェブプロモーション・EC運用代行会社です。タスカル...

ちょっとしたデザイン業務の依頼

チラシやウェブサイトを制作していると、「制作会社に頼むほどではないけど、社内ではデザインできる人がいない」そんな課題が度々発生します。オンライン秘書には、デザインも依頼が可能です。

多くのオンライン秘書サービスでは、1名の担当者がすべてをひとりで担当しません。さまざまなスキルを寄せ集めて、実際には数名分のリソースを提供してくれます。

はじめて外注したサービスチラシのデザインは期待以上のスピードとクオリティでした|株式会社バリュー・エージェント(総合金融代理店)
まずはバリュー・エージェントさまの事業内容を 教えていただけますか? 寺澤様 主に保険・住宅ローン・証券の三本柱をメインにやっています。 総合金融代理店として認識いただければと思います...

事務業務の効率化もしてくれる

「見積書提出から受注までの進捗確認がスムーズに進まない」「タスクがどこで止まっているか、都度確認しないといけない」という課題がある企業も多いのではないでしょうか?

オンライン秘書は、業務の遂行だけでなく、フロー全体の効率化・改善にも貢献してくれます。

特許事務のオンライン化、タスク遅延・抜け漏れの撲滅に成功できた理由とは?|スマートワークス株式会社(特許調査)
特許調査の営業事務アウトソーシングを3年かけて検討 本日はよろしくお願いいたします。 まずスマートワークス様の事業内容を教えて頂けますでしょうか。 酒井社長 弊社の事業内容は2つで...

 

オンライン秘書のメリット

ここまでで、いろいろな業務をオンライン秘書にお願いできそうなイメージは持っていただけたでしょうか?秘書を利用するメリットを考えてみたいと思います。

社員の採用コスト、人件費が削減できる

オンライン秘書の多くは時給または月額固定での稼働であり、正社員よりも人件費を安く抑えることができます。たとえば、正社員の場合に月160時間分の給与を支払うことが一般的なため、月額で20〜30万円は毎月固定で発生します。採用するためには採用メディア利用費、人材エージェントの手数料などもかかります。

オンライン秘書であれば、月額2.5万円程度から雇うことが可能です。ほとんどの秘書サービスでは、採用費も一切かかりません。

 

専門スキルをもった人材を確保できる

オンライン秘書サービスの中には、事務スタッフ以外にも、デザイナー・ライター・エンジニアなどのクリエイティブスタッフも登録していることがよくあります。専門スキルが必要な業務を外注する際に、毎回人材を探すのは手間もコストもかかるものではないでしょうか?オンライン秘書チームに依頼することで、多種多様な業務を一手に依頼できる可能性が高まります。加えて、スタッフの教育コストも抑えることができます。

ひとりひとりのスタッフに業務内容を伝え、一人前になるまで育て上げる体力のない会社では、オンライン秘書サービスを活用することでのメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

▼こちらの記事も合わせてチェック

人件費がかけられない新規事業にとって頼りがいのあるサービス|HIS Mobile株式会社(電気通信事業)
格安SIMのMVNO事業を展開するHIS Mobile株式会社様。 業務拡大に伴いタスカル導入から1年で社員が3倍に増加。各事業領域の担当者ごとに異なる業務をタスカルに依頼し、社員は事業のコアな部分にこそ時間を使うべきという働き方を実践さ...

業務量に応じて契約時間を決めることができる

オンライン秘書は、月間の契約時間がいくつかのプランに分かれており、発注企業が選べるようになっています。通常の常駐型秘書ですと、160時間の労働時間は固定なことも多いですが、オンライン秘書は毎月10時間あるいは30時間などとフレキシブルに決めることができます。

スピーディに業務を開始することができる

一般的な正社員採用と違い、募集をかけてから業務開始までのリードタイムを短縮できます。オンライン秘書サービスには、多くの秘書スタッフが登録してスタンバイしている状態のため、募集や面接にかかる時間をショートカットできるのも大きなメリットです。最短で翌日くらいから業務開始できることもあります。

▼コンタクトをしてから契約開始までに実際にどれくらいかかった?リアルな導入事例

どのように採用実務をオンラインアシスタント化するのか?気をつけるべきこと、タスカルの魅力|カレント自動車株式会社
ガレージカレントや外車王などを運営する輸入車総合カンパニーの カレント自動車株式会社様。 採用実務をオンラインアシスタント化する理由と気をつけるべきこと、そしてタスカルの魅力についてお話を伺いました。 タスカルを使い始めたきっかけ、導入...

オンライン秘書のデメリット

オンライン秘書は便利な点だけあるように見えますが、デメリットも当然あります。契約をする前に必ず吟味するようにしましょう。

スタッフのスキルを事前に確認できない

オンライン秘書サービスでは誰が担当秘書になるか、事前にはわかりません。多くのサービスでは、選ぶこともできません。アサインされたスタッフがどのような仕事のクオリティなのか、どんな仕事の進め方をするのかは、事前にトライアル体験ができないので注意しましょう。

オフラインの業務を依頼することができない

多くのオンライン秘書は、オフライン業務(オフィス常駐、現場での仕事)に対応できません。一部の秘書サービスでは対応していますが、原則はできないと思っていた方がよいでしょう。時間や場所にとらわれずに働けるからこそ秘書の方もリーズナブルな金額で稼働してくれるわけですし、発注企業側もその前提での業務しか依頼できないからこそ、低額で契約が成立できています。「何でもやってくれる便利屋」と理解してしまうのは危険でしょう。

秘書スタッフの家庭事情に左右される

オンライン秘書は主婦や女性の方の割合が非常に多くなっています。子育てが介護などをやりながら、隙間時間で業務稼働をしていることが少なくありません。そのため、家庭の事情で急に稼働ができない日が発生することもあります。多くの事業者では別スタッフがその日の業務をカバーしてくれるはずですが、ロボットのように必ず毎日稼働できるわけでは無いことは頭に入れておくとよいでしょう。

オンライン秘書に依頼できる業務内容

オンライン秘書に依頼できる業務は、秘書業務はもちろんのこと人事、経理、営業事務からマーケティングまで多岐に渡ります。主な業務内容を詳しくみていきましょう。

秘書業務

経営者の右腕として、スケジュール調整、書類作成の代行など細々した業務を幅広く行います。

  • 電話、メール対応
  • スケジュール管理
  • 会議や打合せの日程調整
  • 出張時のスケジュール作成や移動
  • 議事録や資料の作成(補助)

営業事務

業務内容は幅広く、会社の売上を伸ばすための重要な役割が多いです。

  • 受注・発注、入金チェック
  • 承認や顧客ごとの売上管理
  • 見積書・請求書・伝票の作成および事後のデータ入力
  • 商談資料作成
  • 電話応対

書類作成の代行

書類作成の代行としては取引先との契約書や営業で使用する資料の作成などの手伝いをオンライン秘書に依頼することができます。

より専門的な書類作成の代行に関してはオンライン秘書ではなく専門的な書類代行サービスに依頼することも可能です。

書類や営業資料、契約書の作成をアウトソーシングしたいと考えている方は別記事「書類作成を外注して業務効率化!おすすめ書類作成代行サービス7選」をご覧ください。

電話代行

オンライン秘書では既存顧客からの問い合わせ対応などの電話代行を行うことができるため、お客様のフォローなどを担うことが可能です。

ただ、電話代行において問い合わせへの対応といった受信業務だけではなく、新規顧客の獲得のためのテレアポやこちらからお客様の改善を行うカスタマーサクセスなどを依頼したい場合には電話代行サービスを活用することおすすめします。詳しくは別記事「電話代行サービス|特徴と料金相場、中小企業におすすめの会社を紹介」にて解説しています。

メール代行

オンライン秘書では問い合わせのメールなどのチェックやメルマガの配信などを行うことが可能です。

社員数の少ない企業では毎日膨大な量のメール処理を行ってコア業務の時間を削られている企業も多いのではないでしょうか。

そういった際にはメールの受信や返信などを依頼することで業務の効率化にも繋がるでしょう。

また、メール業務を外部へ任せたいと考えている方は専門的なメール代行サービスに依頼するのも効果的です。

メール代行サービスでどのような業務を依頼することが可能なのか、利用するメリット・デメリットやおすすめのサービスを別記事「メール代行サービスは本当に便利?おすすめ企業や料金相場を徹底解説」で紹介しています。

WEBサイト運用

さまざまな業種のサイトを扱い、ディレクション、プランニング、デザイン、コーディングをおこないます。

  • ランディングページ作成
  • バナー作成
  • CMS登録
  • 商品登録(画像加工や商品リスト作成など)

この他にも日々のサイト更新業務、ブログ記事の編集や公開など定型業務もオンライン秘書に依頼するが可能です。

ただ、WEBサイトの更新業務には簡単な定型業務からアクセス分析やSEO対策など専門的な知識が必要なことまで幅広くあります。


マーケティング

市場のニースを理解しお客様が必要とする商品を、最適なお客様に発信し売上を拡大させるために必要なアクションをおこないます。

  • Web上でのリサーチ
  • ウェブやSNSでのマーケティング
  • アクセス解析

依頼できる業務の1つであるSNSでのマーケティングに関して、簡単なSNS運用を任せるだけではなく、本格的にSNSを活用していきたい方はSNSの運用代行を行うのがおすすめです。

制作サポート

バナー制作やメルマガ作成などが挙げられます。

  • 定型業務(定期的に発生するルーティンワーク)
  • 単純作業(判断が不要)
  • 指示が明確(マニュアルがある、指示命令者がいる)
  • 簡単な制作(ツールを使えばできるもの)

人事

人事といっても採用などのコアな業務ではなく、アレンジに関わる業務をおこないます。
  • 人材発掘や採用に関わるセミナーや研修の調整および手配
  • 応募者の対応

この他の人事業務としては採用や人事戦略の設計、研修業務などが挙げられます。

より専門的な領域をアウトソーシングしたい場合は、別記事
【2021年】テレワーク時代の人事業務アウトソーシングを解説!メリット・デメリットやおすすめ会社紹介
」をご参照ください。

経理

1日、1カ月、1年とサイクルのあるルーティン業務をおこないます。
  • 見積書や請求書の作成
  • 経費精算など毎月発生する書類の対応
  • 入出金管理
  • お客様への入金フォロー

中小企業では経理業務を1人の担当者で処理を行っていたり経営者も手を動かしていたりする場合も多いのではないでしょうか。

これらの負担を軽減させて経営者層や貴重な人的資源をコア業務に集中させるためにも経理業務を外部へ委託することは効果的です。

オンライン秘書サービスを選ぶ3つのポイント

「数あるオンライン秘書サービスの中から1社を選べない」と思っている方も多いのではないでしょうか? 選定ポイントとなる点を3つご紹介します。

多種多様な業務を依頼できるのか?(対応の幅)

単一業務ではなく、複数の業務を同時に依頼できるのかを確認しましょう。サービスによっては、1つの業務しか依頼できない秘書をアサインされる可能性があります。「こんな業務が発生する可能性がありますが、対応できますか?どのくらいの内容まで対応した実績がありますか?」と担当営業の方に質問を投げかけてみるとよいでしょう。

経理やWebデザインなど専門性の高い業務も任せられるのか?(対応の深さ)

営業事務や総務だけでなく、経理やWebデザインなどある程度の資格・経験を要する行も対応できるのかは1つのポイントです。特に低額で提供している秘書サービスでは対応できない可能性もあるため、必ずどのくらいのレベルの業務までを対応した実績があるか、ヒアリングしておきましょう。

繁忙期と閑散期での調整、契約期間は途中で変えられるのか?(対応の柔軟性)

繁忙期での契約プランを閑散期に引き継がないといけないのか、使わなかった時間は繰越ができるのか、などを把握しておきましょう。また、いざ解約することになった場合に違約金などが発生するのか、マニュアルはもらえるのか、なども念の為知っておくとトラブルを防げるかと思います。

おすすめのオンライン秘書サービス13社比較!

優秀なスタッフを揃えたオンライン秘書サービスの中でも、低価格で高品質の会社を厳選しました。同じサービスを提供している同業他社なので、大きな違いはないかもしれません。ただ、料金と対応の柔軟性には各社で大きな違いがあるので、ぜひ直接各社から話を聞いて比較検討してみてください。

タスカル

【特徴】
株式会社カラーズが提供するオンラインアシスタントサービス。専門ディレクターが付き、アシスタントチームを構築して業務をサポートします。月に10時間の事務代行から対応してくれるので、「依頼したいけど業務量がそこまで多くない」と言う中小企業におすすめです。

サービス名

運営会社

月額

無料トライアル

タスカル

株式会社Colors

2.5万円/10h〜

なし

営業事務, 人事経理

WEB, SNS業務

電話代行

外国語対応

料金
月額2.5万円〜

契約期間
3ヶ月〜

最低稼働時間
10時間/月

支払い
前払い(クレジットカード決済)

「タスカル」詳細

タスカル の導入手順

  1. 各サービスの問合せフォーム入力
  2. 企業からのレスポンス、アポ調整
  3. サービス説明、ヒアリング(電話、オンライン会議)
    ・この時点で依頼したい業務内容を共有
    ・依頼内容が固まっていない場合、業務開始後に詰めていく
  4. 契約締結
  5. 支払い(前払いの場合) ・クレジットカード決済
  6. アシスタントのアサイン
  7. 業務開始 ・契約稼働時間内での稼働
    ・契約よりも稼働時間が超過しそうな場合は、協議の上で追加稼働

Caster BIZ

【特徴】
株式会社キャスターが提供するオンラインアシスタントサービス。1/100の採用倍率を狭き門をくぐりぬけた社員が、日常業務からオフライン業務まで幅広く対応します。大企業が多数利用した実績があり、全国から集まった優秀な社員のサービスには定評があります。またChatwork、Slack、メールのなかから、お客様の使いやすいツールを選んで連絡をとることができるので大変便利です。

サービス名

運営会社

月額

無料トライアル

Caster Biz

株式会社キャスター

9.6万円//30h~

※12か月契約の場合

新規に限り2時間まで無料

営業事務, 人事経理

WEB, SNS業務

電話代行

外国語対応

料金
10.8万円

契約期間
1ヶ月

最低稼働時間
30時間

支払い
一括払い5%OFF 前払い

「Caster BIZ」詳細

HELP YOU

【特徴】
株式会社ニットが提供するオンラインアシスタントサービスです。専属ディレクターが付き、採用率1%の狭き門をくぐった精鋭アシスタントが、チーム単位でサポートします。経理・人事をはじめECサイト/メディア運営など幅広いサポートをしています。何を依頼してよいかわからないという企業におすすめです。

サービス名

運営会社

月額

無料トライアル

HELP YOU

株式会社ニット

10万円/30h~

※契約は6ヶ月~

なし

営業事務, 人事経理

WEB, SNS業務

電話代行

外国語対応

料金
月額10万円〜 

契約期間
6ヶ月〜

最低稼働時間
30時間/月

支払い
前払い

「HELP YOU」詳細

YPP

【特徴】
株式会社YPPが提供するオンラインアシスタントサービスです。総務・労務、人事、事務局運営補助などサポート内容は幅広く、グループやペアのチーム制で働ける在宅・訪問の仕事のマッチング提供しています。

サービス名

運営会社

月額

無料トライアル

YPP

株式会社YPP

2.5万円/~30h

なし

営業事務, 人事経理

WEB, SNS業務

電話代行

外国語対応

×

料金
月額25,300円(10〜30時間の場合)

契約期間・最低稼働時間
10時間以内(料金は一律33,000円/月)

支払い
要確認

YPP」詳細

フジコさん

【特徴】
フジア株式会社が提供するオンラインアシスタントサービスです。専門性の高いアシスタントがタスクに応じてチームで対応します。経理、人事、総務、WEB運用など対応する業務の幅が広く、“必要な時に必要なだけ”メールや電話で仕事を依頼できます。1時間のみの利用ができますので、ちょっとした仕事を頼みたいという企業におすすめです。業界水準の半額というお手軽な料金設定も魅力です。

サービス名

運営会社

月額

無料トライアル

フジ子さん

フジア株式会社

4.7万円/20h〜

1週間の無料トライアル(2時間)

営業事務, 人事経理

WEB, SNS業務

電話代行

外国語対応

料金
4.7万円

契約期間
1ヶ月

最低稼働時間
20時間

支払い
前払い(振込)

「フジコさん」詳細

SUPPORT+iA

【特徴】
会社の母体が税理士法人で公認会計士が運営するアシスタントサービスです。オンライン、オフラインで利用でき、バックオフィス全般の業務をサポートします。単なる「業務代行」ではなく、コア業務に集中できる環境づくりをトータルサポートしています。

サービス名

運営会社

月額

無料トライアル

SUPPORT+iA

グランサーズベンチャーサポート株式会社

3万円6h〜

1週間の無料トライアル(2時間)

営業事務, 人事経理

WEB, SNS業務

電話代行

外国語対応

×

×

要確認

料金
30,000円〜

契約期間
月6時間〜

「SUPPORT+iA」詳細

Genny

【特徴】
テルフィーズ株式会社が提供するオンラインオンライン秘書サービスです。どれだけ仕事を依頼しても価格が変わりません。また、求人広告に必要な初期費用が無料なので、広告費を削減することができます。また30分の導入相談で利用することができるようになりますので、とにかく忙しいから秘書にサポートしてもらいたいという企業におすすめです。

サービス名

運営会社

月額

無料トライアル

Genny

テルフィーズ株式会社

9.5万円/200h~

※18か月契約の場合

2週間の無料トライアル

営業事務, 人事経理

WEB, SNS業務

電話代行

外国語対応

料金
4.7万円

契約期間
1ヶ月

最低稼働時間
20時間

支払い
前払い(振込)

「Genny」詳細

ビジネスアシスト

特徴

・業界トップクラスの品質で7,800社を超える契約実績がある

・全スタッフが、秘書検定を持つ正社員

サービス名運営会社月額無料トライアル
ビジネスアシスト株式会社ビジネスアシスト月額2.2万円(税込)~
※ライトプラン(基本コール数:60コール/月)
30日間無料キャンペーンが実施されることがある
営業事務, 人事経理WEB, SNS業務電話代行外国語対応
×××

URL:https://www.biz-assist.co.jp/

 

James

特徴

・アプリで業務を依頼することができる

・調査や不用品の回収、買い物の代行などが依頼できる

サービス名運営会社月額無料トライアル
James株式会社ジェームス月額5.5万円(税込)〜
※スタンダードプラン。料金は依頼内容によって異なる
なし
営業事務, 人事経理WEB, SNS業務電話代行外国語対応
○ ※調査、買い物代行など可能×××

URL:https://yourjam.es/

 

JAPAN Admin

特徴

・スカイプ、zoomでのミーティング時間に上限なし

・その月に使用しきれなかった時間は、翌日に繰り越しができる

サービス名運営会社月額無料トライアル
JAPAN Adminオンライン秘書サービス JAPAN Admin月額2.7万円/10h~初回利用で契約された場合5時間の無料お試しあり
営業事務, 人事経理WEB, SNS業務電話代行外国語対応
×

URL:https://japanadmin.com/

 

Web特命係

特徴

・最短翌日業務開始も可能

・採用率5%の経験分野豊富な幅広いメンバーが在籍

サービス名運営会社月額無料トライアル
Web特命係株式会社米岡月額1.3万円/5h~ 初回3時間無料トライアル
営業事務, 人事経理WEB, SNS業務電話代行外国語対応
××

URL:https://tokumei-gakari.com/

 

ハピスタ

特徴

・要望を専門のコーディネーターが伺い、フレキシブルに対応

サービス名運営会社月額無料トライアル
ハピスタ株式会社ハピスタ月額2.65万円〜なし
営業事務, 人事経理WEB, SNS業務電話代行外国語対応

URL:https://www.hapista.company/

 

スーパー秘書

特徴

・コーディネーターが業務のヒアリングや導入のサポートをしてくれる

・Web制作、動画制作なども依頼可能

サービス名運営会社月額無料トライアル
スーパー秘書ガイアモーレ株式会社月額3.85万円(税込)/10h~
※初月のみ初期費用8.8万(税込)が別途発生
なし
営業事務, 人事経理WEB, SNS業務電話代行外国語対応
×不明

URL:https://super-hisho.jp/

 

オンライン秘書をどう活用するのがベスト?

定型タスクは、オンライン秘書に依頼すれば便利
この記事ではオンライン秘書のサービス比較、メリット・デメリットの解説をしてきました。一般的には、ルーティン業務で発生する定型タスクをオンライン秘書に任せるのがよいと言われています。煩雑なルーティン業務が減ると経営者の精神的な負担も減り、会社の売上に直結する営業活動などコア業務に専念ができます。どの程度のレベルの仕事までをお願いすべきかは、自社の業務詳細と依頼先サービスのスタッフの力量をマッチングさせながら、決めていくしかないでしょう。発注開始からうまくいくとは思わず、数ヶ月かけて自社の業務に慣れてもらい、徐々にあなた専属の秘書へと育成していくことが重要です。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました