かつての「コンプレックス」も自分の「スキル」に。 タスカルは、知らなかった自分のスキルや興味に気付ける場所。|制作ディレクター | タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント

かつての「コンプレックス」も自分の「スキル」に。 タスカルは、知らなかった自分のスキルや興味に気付ける場所。|制作ディレクター

ディレクター 制作

月額2.5万円から利用できるオンラインアシスタントサービス「タスカル」。

現在400社以上にご利用いただく中、タスカルで活躍しているアシスタントをご紹介します。

タスカルでの在宅ワークと家事・育児を両立し、ディレクターとしてマネジメント業務にも挑戦中のアシスタントにお話を伺います。タスカルに入ったきっかけや、想い、今後の目標を語っていただきました。

子どもに向き合う時間を作るため、ベンチャー企業を退職

これまでのキャリアを教えて下さい。

学生時代にイベント関係のアルバイトをしていて、卒業後はそのままイベント関連の仕事をしていました。その後、正社員や派遣社員として、営業事務や営業アシスタントとして従事していました。

前職はAIツールを開発しているベンチャー企業で、営業職として働いていました。オンラインでの商談や、画面越しに商品のPRをするなど、お客さまと話をすることが多かったですね。

前職を退職されたのはどのような理由からですか?

前職の仕事はとても楽しく、やりがいを持って働けていたのですが、とにかく忙しくて。ベンチャー企業なので人も少ない中で、お休みを取りづらく、子どもの体調不良や保育園の行事などに出られないということが良くありました。

「忙しいから仕方ない」とどこか諦めていた部分もあったのですが、ある時ふと、「このままで良いのかな」と思ったんです。子どもとちゃんと向き合う時間も確保できるような仕事に変えたいと思って、退職しました。

タスカルに入ったきっかけは?

前職を退職した後は、在宅でライターやナレーターの仕事を細々とやっていました。在宅ワークで働いていきたいと思っていたものの、これから何をしていけば良いのか迷っていた際に、タスカルからスカウトメールをもらって、「オンラインアシスント」という仕事を初めて知りました。

単発で受けるお仕事だと、なかなか収入も上げられずにいたのですが、タスカルは時給制で、頑張れば頑張った分だけお給料がもらえるというのも魅力的でした。

今まで知らなかったスキルに気付けた

どのような業務を担当されてきましたか?

最初は採用業務からスタートしました。面接の日程調整や応募者とのやり取り、採用媒体に掲載する社員インタビューの記事作成などが多かったです。最近ディレクターのお声がけをいただき、事務や制作系のディレクター業務にシフトしてきています。

新規のクライアントの業務フローを考えたり、スタッフさんの調整、フォローなどが主な業務です。フロント対応(タスカル側の窓口として、クライアント対応を行う業務)も多いですね。

幅広い業務を担当されていますね!最初に担当した採用業務は、前職までにもご経験があったのでしょうか?

以前勤めていた派遣会社で少しだけ関わったことがありましたが、ほぼ未経験でした。慣れるまでは迷うこともありましたが、幸い、タスカルの業務はチーム制なので、困った時に相談できる人がいますし、フォロー体制が整っているのであまり不安はなかったですね。

ディレクターとしてはどのような業務をされていますか?

クライアント様の業務の組み立てやスタッフ調整がメインです。中には、「こんなことがやりたいんだけど、どうかな?」というような抽象的なご依頼もあるので、ご要望を伺って業務フローを組み立ててご提案する、というようなことも多いです。

まだディレクター業務は始めたばかりなので、試行錯誤しながら取り組んでいるところです。

これまで、そういった業務の経験はありましたか?

ありません。前職までずっと営業職で、初対面でも抵抗なくコミュニケーションがとれることくらいしか、自分の得意なことってないと思っていました。コミュニケーションスキルって、成果物として目に見える形で表現することが出来ないので、「スキルがない自分」がすごくコンプレックスでもありました。

なるほど。タスカルで業務を始めて、何か変わりましたか?

今まで自分でも気付けていなかった「自分のスキル」に気付けたことが大きな変化です。タスカルって、本当に色々な業務があるんです。事務業務以外にも、窓口としてお客さまとコミュニケーションをとる業務や、社内のスタッフさんのフォローなど、たくさんの仕事があります。

タスカルに入ってみて「私にも出来る仕事ってこんなにあるんだ!」というのは大きな気付きになりましたね。

ー嬉しい変化ですね!

そうですね。色々なことが経験できるからこそ、自分の興味も広がったと思います。例えば、今私が担当している制作系の業務だと、Webサイトの制作や画像の作成など、クオリティの高い制作物を作れるスタッフさんがたくさんいて。

それを見ていて「自分も触ってみたいな」と、プライベートでデザインをかじってみたり、オンラインスクールを調べてみたりしています。

明確な目標が見つからない人にこそ、タスカルでの挑戦をおすすめしたい

今後の目標はありますか?

タスカルに入った当初はコンプレックスに感じていたことも、振り返ってみれば今の仕事にすごく活きているなと感じます。

一方で、これまでの営業経験の中では身に付けられなかったスキルもあるなと感じていて。例えば、お客さまとの間で何か行き違いがあった時に、これまでは電話で話すことで解決できていたことが、今は文章でのやり取りで解決しなければならないなど、特有の難しさがあります。

たくさんのクライアント様を担当しているので、マルチタスクで細かいところまで管理する、というのも初めての挑戦です。自分自身スキルアップしながら、ディレクターとして周りに頼ってもらえる存在になれるように頑張りたいと思っています。

これからタスカルでやってみたいことはありますか?

タスカルの仕組み作りにも興味があるので、いずれは運営の方にも携わりたいです。タスカルを多くの人に知っていただけるようなPR活動にも関わっていけたらと思います。

どんな方に、タスカルでの業務が向いていると思いますか?

好奇心が旺盛な人には、とても向いていると思います。あとは、目標を持っている人はもちろんですが、以前の私のように「明確な目標はないけれど、漠然と働いてみたいと思っている」といった方にこそおすすめしたいです。業務の幅がとても広いので、そこから自分の好きなことや得意なことを見つけられるかもしれません。

お小遣い稼ぎくらいの感覚で入った私も、これまで知らなかった自分のスキルに気付けましたし、色々な分野で興味が広がって、日々の中でワクワクすることが増えた感じがしますね。

タスカルを通して、可能性が広がっていますね。貴重なお話をありがとうございました!

1日のスケジュール

7:00 朝ご飯の準備・犬の散歩

8:30 保育園に送りに行く

9:00 タスカル業務開始

14:00 タスカル以外の受注業務も合間で作業

17:00 保育園のお迎え・犬の散歩・夕食など

21:30 子供の寝る準備や寝かしつけ

23:00 業務があれば業務開始

 

タスカルで叶う働き方について

「1日どれくらい働いているの?」「自宅保育でも働ける?」など、タスカルでの働き方について、よくあるご質問をまとめました!

タスカルでの働き方を紹介します!
よくあるご質問 タスカルスタッフの働き方に関するよくあるご質問をまとめています。 タスカルについて教えてください。 忙しい中小企業のアシスタントチームをリモートメンバーで運営し、クライアントのサポートを行うクラウド...
タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
無料相談・資料ダウンロード 
タイトルとURLをコピーしました