LinkedInの「会社ページ」とは?基本的な運用方法も解説

SNSの利用が活発な現在において、経営者の多くはSNSのビジネスへの利用を考えたことがあると思います。しかし、SNSの多くはプライベートでの利用が中心です。このため「FacebookやTwitterのようなSNSで、もっとビジネスに特化したバージョンのものが欲しい」という思いを持つ経営者の方は少なくないのではないでしょうか。

この点、LinkedIn(リンクトイン)はビジネスシーンに特化したSNSで、企業に向けたさまざまな機能が搭載されているビジネス型SNSです。しかし、国内に限って言うとまだまだLinkedInはあまり知られていないのが実際です。認知度が低いからこそ今から始めれれば先行者利益を得られる可能性が高いといえます。

この記事を読めば、LinkedIn(リンクトイン)の機能や活用方法などを知ることができますのでぜひ、ご参考にしてください。ライバルに先んじて新しいSNSを知れば自社のビジネスに有効活用できるでしょう。

1、LinkedInが今、人気の背景は?利用ユーザーは?

LinkedInはアメリカ発のビジネス型SNSです。現在の日本におけるLinkedInのユーザー数は約250万人ですが、全世界のユーザー数はすでに約8億人を超えています。世界的には既に広い裾野を持ったSNSといえます。

FacebookやInstagramを利用している方は多いと思いますが、これらはどちらかというとプライベートに特化したSNSなのでビジネスとの使いわけが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。この点、LinkedInは、一見Facebookに似ていますが、利用シーンをビジネスだけに絞っているのが大きな特徴です。例えば、仕事の成果や転職報告、気になるニュースに対する意見などビジネス寄りのコンテンツがメインです。ビジネス利用に集中できる点が、LinkedInの人気の背景といえます。

2、LinkedInの企業向け機能とは?

LinkedInは、様々なビジネスシーンで価値ある関係を構築できるよう、必要なコンテンツが用意されています。利用シーンをビジネスに絞っているからこその、特化した企業向け機能が多数あります。LinkedInに企業ページを作成して、そのページに採用情報や募集要項を掲載できるシステムとなっています。

また、LinkedIn内でユーザーにダイレクトメッセージも送ることができるので、対象を絞って効率的な採用活動を行えるでしょう。特に、人間関係のつながりの中で採用を決られれば、会社と求職者双方にとってミスマッチのリスクが減ります。価値観や考え方の近い間柄で採用を決定すると早期離職も大幅に減るでしょう。

なお、日本国内だけでなく世界各国から優秀な人材を採用できるのもLinkedInの特徴です。国内利用中心のSNSが多い中、LinkedInは世界規模の利用が進んでおり、採用の国際化を促進する点も大きな利点といえます。

3、一人社長におすすめのLinkedInを使った効果的な人材採用方法とは?

1人社長におすすめのLinkedInを使った効果的な人材採用方法は、おもに以下の2つです。

  • スカウトメールの使用
  • 企業ページ作成

業界のニーズが高い人材は、当然他社も欲しい人材です。スカウトメールを使用することによって、そのような優秀な人材に対して迅速にアプローチできます。獲得競争になった場合、直接的なアプローチをしている方が人材獲得の可能性も高まります。

なお、スカウトメールを送信する際に大切なポイントは以下の通りです。

  • 「特別感」を伝える
  • 相手の気持ちに寄り添った内容でメリットを示す

スカウトメールの文面には、「選ばれた」「限定」といった文言を入れて「特別感」を演出してください。数が限られていると、人は価値を感じるものです。これは採用でも同様で、自分は特別に選ばれたという印象を与えられるような内容を目指しましょう。

また、スカウトメールを送信する前にやるべきことがあります。それは自社の企業ページを作成し、プロフィールを充実させておくことです。これによって企業のブランド認知度がアップしますし、何より企業の信用度アップにつながります。スカウトメールによる採用可能性が一層高まるでしょう。

4、LinkedInの企業アカウント設定方法とは?

LinkedInの企業アカウントの設定方法は以下の通りです。

  1. メールアドレス・パスワードを入力してLinkedIn(リンクトイン)に登録する。
  2. 居住地を入力する。
  3. 職種や役職、会社名を入力する。
  4. セキュリティ認証の実施。
  5. ビジネスの知り合いとつながる。
  6. プロフィール写真を登録する。
  7. アプリをダウンロードする。

ビジネス型SNSとはいっても難しい作業はなく、通常のSNS登録と変わらないので誰でも簡単におこなえます。これを機会に是非、自社のアカウントを作ってみてください。積極的に活用することで想定以上の成果を得られるはずです。

5、LinkedInの中小企業での活用事例

こちらでは、中小企業におけるLinkedInのおもな活用事例について紹介します。企業によって活用事例は異なりますが、自社に合った事例を見つけてみるのもいいかもしれません。

【事例①】株式会社SQUEEZE

株式会社SQUEEZEのLinkedIn導入前の課題は以下の通りです。

  • 各種採用メディア利用していたが最適な人材を採用できなかった。
  • 人事担当者が社内にいないため採用活動が滞ってしまっていた。

LinkedInを導入したことで、優秀な人材を直接、採用できるようになり、採用コストや手間を大幅に削減できました。従前の課題は解決して、スムーズに採用活動を行えるようになりました。

公式サイト

【事例②】株式会社レイン

株式会社レインは採用面で以下のような課題を抱えていました。

  • 中途採用者を中心に早期離職が目立っていた。
  • 求人への応募者が採用ターゲットとはずれた場合が多かった。

LinkedInを導入する以前は、上記のような課題を抱えていました。求人サイトを使って募集をかけていたものの、なかなか採用対象としたい人材からの応募がなかったのです。この点、LinkedInを採用活動に導入したことで、ピンポイントで人材に対してアプローチできるようになりました。

LinkedInはビジネスシーンに特化したSNSであるため、採用候補者とコミュニケーションを取ることができます。ターゲットを絞った採用活動が可能となり、結果として社風や価値観に対して親和性の高いユーザー中心にアプローチできるようになったのです。LinkedInを活用したおかげで株式会社レインでは、採用面での課題を克服できました。

公式サイト

6、おすすめのLinkeIn運用代行サービス

自社によるLinkedInの運用が難しい場合は、運用代行サービスを利用するのも1つの手段でしょう。以下では3つのLinkeIn運用代行サービスを紹介します。

(1)株式会社LIFE PEPPER

株式会社LIFE PEPPERは設立から8年の比較的新しい企業ですが、すでに約600社以上の支援実績があります。LinkedInの運用計画から分析、改善までトータルサポートしてくれます。市場調査を行ったうえでペルソナ設定もしてくれるので、本格的な運用で成果を出すことができるでしょう。

公式サイト

(2)株式会社インフォキュービック・ジャパン

株式会社インフォキュービック・ジャパンはWEBマーケティング分野に強みを持つ広告代理店です。受注実績は1250社以上を誇ります。一般的なリスティング広告やSNS広告はもちろん、LinkedInの運用代行にも対応しています。

会社の強みとしては、①ハイレベルな専任担当者によるサポートと②報告書をもとにした広告改善があります。具体的に言うと、LinkedInの特徴を十分に把握した担当者がヒヤリングを行い、採用上のボトルネックを明確化します。そして、実際の運用ではボトルネック改善を目指した運用計画を策定します。その後、実際の運用をもとにして報告書を作成し、運用を行う中で改善を行っていくのです。オーソドックスな広告運用である分、着実に成果を伸ばせます。

公式サイト

(3)オンラインアシスタントサービス「タスカル」

LinkedInの運用代行で活用したいのがオンラインアシスタントサービスです。オンラインアシスタントサービスとは、事務作業を専任のアシスタントに委託でき、依頼から納品まで全てWeb上で完結するサービスです。そして、オンラインアシスタントサービスの中でも定評があるのが「タスカル」です。「タスカル」はスタッフの数が多く、幅広い事務作業をカバーしています。LinkedInの運用代行も依頼可能です。LinkedInはまだ認知度が低く、タスカル以外のオンラインアシスタントサービスでは非対応の場合も多く、LinkedInの運用代行を依頼できる点でタスカルは貴重な存在といえます。

また、「タスカル」の利点としてディレクターの存在があります。ディレクターは発注者とスタッフの間に入って業務の調整を行います。発注者はディレクターに対して自社の業務課題を伝えて、最適なスタッフの専任を依頼します。採用分野では自社に必要な人材のターゲットを具体的に伝えて、これに基づいたLinkedInの運用を委託するのです。ディレクターは採用分野やLinkedInの運用に強いスタッフをピックアップして実際に業務を委託します。結果的に最適な人材のマッチングが行われ効率的な運用が期待できるのです。

公式サイト

7、まとめ

LinkedIn(リンクトイン)は、日本ではまだまだ知られていないSNSサービスですがビジネス特化型SNSのため今後、急速に普及していくことが予想されます。優秀な人材の確保や、企業の運営を効率的におこなうためにも競合他社に先んじて導入してぜひ、採用活動やブランディングに役立ててみてください。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました