【2024年最新】日本語対応AIライティングツールおすすめ10選!文章自動生成で生産性向上 | タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント

【2024年最新】日本語対応AIライティングツールおすすめ10選!文章自動生成で生産性向上

Chat-GPTの登場により、AIライティングツールが急速に話題を集めています。AIライティングツールとは、キーワードや要点を入力すると、それに沿った文章を自動生成してくれるサービスです。

AIライティングツールは、メール・記事作成・SNS広告作成などの分野に利用できます。今回の記事では、文章自動生成ができる厳選したサービスを紹介します。

\AIライティング+「タスカル」で、文章コスト削減&スピードアップをしませんか?/

①AIライティングツールで文章のベースを作成

②オンラインアシスタント「タスカル」のライターを使ってリライト
をすることで、いままでより圧倒的に早く効率的に正確な文章作成が可能です。

詳細は「タスカル」公式サイトからお問い合わせください!

文章を自動で生成!おすすめの日本語対応AIライティングツール

日本語に対応したAIライティングツールを紹介します。

ChatGPT | OpenAIのGPT-3.5・GPT-4が使える!

プラン(税込み)

・無料プラン:無料
・有料プラン:20ドル/月

言語モデル

・無料プラン:GPT-3.5
・有料プラン:GPT-3.5・GPT-4

公式サイト

公式サイトへ

OpenAIがリリースしたChatGPTは、自然な文章を自動生成できるAIチャットサービスです。2022年11月に公開され、2ヶ月間でユーザー数1億人を突破したことで大きな注目を浴びています。

ChatGPTで採用されている言語モデルは、OpenAIが開発したGPT-3.5・GPT-4です。ほとんどのAIライティングツールは、OpenAIが開発した言語モデルを利用して作られています。

ChatGPTは与える指示によってさまざまな利用の仕方が可能です。たとえば、検索上位の記事の構成を入力し、「参考にして記事構成を作ってください」と指示すれば記事構成を作成できます。ほかにも、キーワードを入力して文章の自動生成も可能です。

Notta| 高精度なAI議事録自動作成ツール

個人

・無料プラン:無料
・プレミアムプラン(月間プラン):2,000円/月
・プレミアムプラン(年間プラン):1,200円/月

ビジネス

・月間プラン:8,280円/月
・有料プラン:6,210円/月

エンタープライズ

要相談

公式サイト

公式サイトへ

「Notta」は、高精度なAI議事録自動作成ツールです。2023年11月時点で、「Notta」の累計ユーザー数が200万人を超えており、ビジネス版の場合ではサービスをご利用いただいている会社数も700社以上になっております。

Nottaは、Google Meet、Zoom、Microsoft Teams、WebexなどのWeb会議ツールと連携して、会話内容を自動で記録・文字起こしできます。また、Nottaの「要約」機能は、「長い会話や音声データを短くまとめ、重要なポイントを抽出します。

さらに、Nottaは「104言語の文字起こしと53言語の翻訳をサポートしています。多言語対応により、異なる言語でのコミュニケーションもスムーズに行えます。

らいたー君 | WordPress対応のSEO記事を画像・装飾付きで作成

 

プラン(税込み)

・無料プラン
・Lite:5,980円/月(15記事)
・Standard:9,800円/月(30記事)
・EnterPrice:59,800円~/月

言語モデル

・GPT-4

公式サイト

公式サイトへ

株式会社e-Connectがリリースした「らいたー君」は、GPT-4が搭載されたAIライティングツールです。

1クリックでWordPressに対応した約8,000文字のSEOに強い記事が、画像付き、装飾付きで出力されます。

2023年9月に公開され、最も手間が少なく、コスパ重視で最高品質のSEO記事を出力する事が可能なWordPress対応のAIライティングツールであり、お試しプランを提供しています。

Catchy | 100種類以上の使い方ができる

プラン(税込み)

・Free:無料
・Starter:3,000円/月
・Pro:9,800円/月

言語モデル

・GPT-3

公式サイト

公式サイトへ

Catchyは、日本最大級のAIライティングツールとして注目されています。OpenAIが開発したGPT-3を搭載しており、用途に応じて100種類以上の生成ツールを利用可能です。

無料プランは毎月10クレジットまでですが、有料プランと同じサービスを使えます。さまざまな分野に対応できるCatchyは、AIライティングツールでイチオシのサービスです。

BuzzTai | スピーディーに目的の文章を出力

プラン(税込み)

・無料プラン:無料
・レギュラー会員:3,000円/月
・シルバー会員:5,700円/月
・ゴールド会員:8,630円/月

言語モデル

・GPT-3

公式サイト

公式サイトへ

BuzzTaiは、日本語UIに対応したAIライティングツールです。言語モデルにGPT-3を利用しており、動画タイトル・企画書・SNS広告・記事作成などで活用できます。

ただし、長文記事を書く場合は追加消費クレジットが必要です。また、リライト・要約・言い換えなどにもそれぞれクレジットを消費します。自分が消費するクレジットに合わせて、最適なプランを選びましょう。

Frase | 独自AIでライティングをサポート

プラン(税込み)

・Trial:1ドル(5日間)
・Solo:14.99ドル/月
・Basic:44.99ドル/月
・Team:114.99ドル/月

言語モデル

・独自AIモデル

公式サイト

公式サイトへ

Fraseは独自AIを搭載しており、ほかのAIライティングツールと大きく仕組みが異なります。GPTシリーズはインターネットにアクセスできませんが、Fraseの独自AIはインターネットにアクセスして情報を参照できます。そのため、上位の検索結果に基づいて記事の自動生成が可能です。

UIが英語であること、料金設定がやや高いことは少し残念です。性能は非常によいと評判なので、まずは1ドルトライアルで試してみましょう。

Writesonic | GPT-4を利用できるライティングツール

プラン(税込み)

・Free Trial:無料
・Long-form:12.67ドル/月

言語モデル

・GPT-4

公式サイト

公式サイトへ

WritesonicはGPT-4を利用したAIライティングツールで、GPT-3やGPT-3.5よりも精度が高く自然な文章を生成できます。また、ほかのAIライティングツールよりもリーズナブルで利用しやすい点も魅力的です。

日本語での利用も可能ですがUIは英語です。英語が苦にならず、GPT-4を利用したい人はWritesonicを検討しましょう。

ブンゴウ | 日本語対応でGPT-3を使用

プラン(税込み)

・無料プラン
・ライト:2,700円/月
・スタンダード:4,800円/月
・プレミアム:9,800円/月

言語モデル

・GPT-3

公式サイト

公式サイトへ

ブンゴウは日本のAIライティングツールで、文章作成に特化しています。タイトル・目次・見出しから文章生成という3ステップで記事を作成できます。

機能がシンプルで使いやすいため、初心者向けのAIライティングツールです。ただし、文章作成に特化しており、メール・動画タイトル・SNS広告の作成などほかの用途には使えません。

シンプルで使いやすいAIライティングツールを探しているなら、ブンゴウがおすすめです。

Transcope| GPT-4でSEOに強い文章を作成

出典:Transcope公式サイト

プラン(税込み)

・無料プラン
・Basic:10,000円/月
・Pro:35,000円/月
・Enterprise:60,000円/月

言語モデル

・GPT-4

公式サイト

公式サイトへ

シェアモル株式会社のTranscopeは、今話題のChatGPTを開発したOpenAI社の最新API「GPT-4」を利用した、SEOに強い文章の作成が可能です。2023年4月には作成した文章の薬機法チェックを自動的に行う機能がリリースされました。

最新APIが利用できるだけでなく、作成した記事・ブログの検索順位チェックツールもあり、作成後のフォローまで考えられた仕組みになっています。さらに画像ファイルやCSVファイルからのコンテンツ作成やGoogleを始め、Amazon・楽天・Yahooショッピングでサジェストとして利用されているキーワードを提案してくれるなど、手厚いサービスが人気です。

RakuRin(ラクリン) | ブログの文章作成に特化したAIライティングツール

プラン(税込み)

  • フリー:無料
  • シルバー:月4,980円
  • ゴールド:月9,980円
  • プラチナ:月29,980円

言語モデル

GPT-4 Turbo

公式サイト

公式サイトへ

ラクリンは、ブログ記事作成に特化したAIライティングツールです。OpenAIが2023年11月6日に発表した「GPT-4 Turbo」を搭載し、人間らしくて自然で分かりやすい文章を生成する能力に長けています。

デフォルトでも各パートに最適なプロンプトを内包していますが、ラクリンではさらに「事前学習機能」をそなえています。「柔らかい文章」「あなたは◯◯の専門家です」など、自身の文章に近いものを設定できます。

ダッシュボードには記事作成に必要な各パートごとのメニューが並び、それに応じた画面が表示されるようになっています。1つの手順が終わるごとに人の手を加えながら次に進めるので、運営サイトの雰囲気に合わせやすいものを都度作成できます。

ラクリンは1アカウントを複数名で共有することを公認しています。同時ログインや同時利用も可能で、チームでメディア作成ができるので、大幅な業務効率化が期待できます。

【保存版】AIライティングツールの選び方

AIライティングツールの選び方について解説します。

採用しているAIの種類

ほとんどのAIライティングツールは、OpenAIがリリースした言語モデルであるGPTシリーズを利用して作られています。GTPシリーズは、バージョンが上がるごとに性能も向上します。AIライティングツールによって異なるポイントは以下の通りです。

  • 指示文の種類
  • UI

現状ではGPT-4がもっとも高性能ですが、スピードが遅いという欠点もあります。指示文のテンプレートが必要ならChatGPT以外、必要ないならChatGPTを検討しましょう。

料金

AIライティングツールは、ほかのサブスクリプションサービスと比べて料金設定が高めです。そのため、無料トライアルなどで試してから有料プランを購入しましょう。

もっともリーズナブルなAIライティングツールはChatGPTです。無料プランでも制限が少ないため、ChatGPTからスタートするのがおすすめです。

日本語対応

英語が苦手な人は、UIが日本語に対応しているAIライティングツールを選びましょう。UIが日本語に対応しているのは以下の3つです。

  • Catchy
  • BuzzTai
  • ブンゴウ

AIライティングツールだけで文章は品質担保できるのか?

AIライティングツールは記事作成だけでなく、タイトル・メールの内容・記事構成など数多くの分野で活用できます。AIライティングツールを使えば、これまで時間がかかっていた作業を効率化して生産性の向上が可能です。効率的に時間を使うため、自分に最適なAIライティングツールを選びましょう。

ただし、専門的な分野や高度な文章作成には、AIライティングツールだけでは限界がある場合があります。そのため、適切な文章作成には、人間の知識や判断力が必要です。AIを100%信用せず、人間の目でファクトチェックや文章の具体化をしていくことが重要です。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
無料相談・資料ダウンロード 
タイトルとURLをコピーしました