【2024年最新】素人でもWeb開発できるノーコードツール16選!利用するメリットや選び方を解説 | タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント

【2024年最新】素人でもWeb開発できるノーコードツール16選!利用するメリットや選び方を解説

「Webサイトを制作したいが、デザインやプログラミングの知識がない。。」
「社内システムを構築したいが、エンジニアがいない。。」
といったお悩みを抱える、経営者やフリーランスの方は多いかと思います。

「ノーコードツール」とは、コーディング不要でWebサイトやシステムが構築できるツールのことです。直感的な操作でアプリ開発などが行えるため、IT人材の不足が補えるツールとして注目を集めています。

本記事では、ジャンル別のおすすめノーコードツールの特徴と月額料金、ノーコードツールの選び方、メリット・デメリットについて解説します。

Web制作のノーコードツールおすすめ5選

Web制作を行う時におすすめのノーコードツールを5つ紹介します。

1.STUDIO|デザイン性が高い

STUDIO

画像引用:STUDIO

STUDIOは簡単な操作でスタイリッシュなサイトが制作できます。コーディング不要で細部にまでこだわったデザインが可能です。

料金無料~

2.WordPress|カスタマイズしやすい

WordPress

画像引用:WordPress

WordPressは、Webサイト制作のカスタマイズ性に優れていることが特徴です。Webサイトの42%がWordPressで作成されています(2023年2月現在)。

料金無料~

3.ferret One|BtoBマーケティングも任せられる

ferret One

画像引用:ferret One

ferret Oneは、BtoBマーケティングの機能が搭載されているため、自社でマーケティング施術を行うことができます。使いやすいCMSが魅力です。

料金10万円~(無料デモ体験あり)

4.ペライチ|テンプレートを選ぶだけ

ペライチ

画像引用:ペライチ

ペライチは、テンプレートを選定するだけで簡単にWebサイトが制作できます。会員数は40万人を突破しました。

料金無料~

5.Wix|アプリが充実している

Wix

画像引用:Wix

Wixはアプリの種類が豊富で、オンライン予約などの機能が簡単に組み込めます。専門知識がなくても、ブログ感覚で利用できます。

料金無料~

データベース構築のノーコードツールおすすめ5選

データベースを構築する際におすすめのノーコードツールを5つ解説します。

1.ASTERIA Warp|国内シェア14年連続No.1

ASTERIA Warp

画像引用:ASTERIA Warp

ASTERIA Warpは、EAI/ESB市場において16年連続国内シェアNo.1のツールです。オフィスやデータベースなど、さまざまなシステムと連携できるため業務の自動化につながります。

料金3万円~(無料トライアルあり)

2.Air table|Googleスプレッドシートと似た操作性

Air table

画像引用:Air table

Air tableは、GoogleスプレッドシートやExcelと操作性が似ているツールです。データの管理が容易で、拡張性の高いことも魅力です。

料金無料~

3.Notion|日本語(β版)にも対応

Notion

画像引用:Notion

Notionは、メモやタスク管理など業務上必要な機能を幅広く搭載したサンフランシスコ発のツールです。日本語でサポートが受けられます。

料金無料~

4.Zapier|ルーティンワークが自動化できる

Zapier

画像引用:Zapier

Zapierは、ルーティンワークが自動化できるツールです。メールの自動送信や問い合わせ内容のデータベース格納など、5,000以上のアプリに対応しています。

料金無料~

5.kintone|最短3分でデータベースが作成可能

kintone

画像引用:kintone

kintoneは、顧客管理や案件管理などのデータベースツールが簡単に作れるツールです。クラウドサービスのため、外出先でスマートフォンからデータ入力や閲覧ができます。

料金780円~(無料トライアルあり)

アプリ開発のノーコードツールおすすめ3選

アプリ開発におすすめのノーコードツールを3つ紹介します。

1. AppPublisher|セミカスタム型アプリパッケージ

AppPublisher

画像引用:AppPublisher

AppPublisherは、パッケージシステムにカスタマイズが加えられるため、オリジナリティある開発につなげられます。パッケージ導入とスクラッチ開発のどちらのメリットも得ることができるツールです。

料金30万円~

2.Adalo|Webアプリやネイティブアプリが作成できる

Adalo

画像引用:Adalo

Adaloは、ドラッグアンドドロップで必要項目をはめ込むだけでアプリが完成するツールです。Webアプリのほかに、Google Playなどで配信できるネイティブアプリも作成できます。

料金無料~

3.Glide|Googleスプレッドシートからアプリ作成

Glide

画像引用:Glide

Glideは、Googleスプレッドシートのデータをもとにアプリが作成できるツールです。スプレッドシートのシート名や項目名が反映されるため、アプリの使いやすさも魅力です。

料金無料~

ECサイト制作のノーコードツールおすすめ3選

ECサイトを制作する時におすすめのノーコードツールを3つ紹介します。

1.Shopify|手頃な価格でECショップが作成できる

Shopify

画像引用:Shopify

Shopifyは、世界中で利用されているECサイト制作ツールです。簡単な操作性と高いデザイン性を誇ります。

料金25ドル~(無料トライアルを実施することもあり)

2.Clipkit for EC|分析機能が分かりやすい

Clipkit for EC

画像引用:Clipkit for EC

Clipkit for ECは、ECサイトのカートを設置することができ、簡単に記事作成も行えるツールです。分析機能が搭載されていて、日本産のサービスのためトラブル発生時のサポートなども迅速です。

料金5万円~

3.BASE|日本製で拡張機能が豊富

BASE

画像引用:BASE

BASEは日本発のサービスで日本語に対応しているため、初心者向きのツールです。5年連続でネットショップ開設実績1位を誇ります(2022年2月現在)。

料金無料~

ノーコードツールの選び方

ノーコードツールを選ぶ時におさえたい3つのポイントを紹介します。

利用目的に合っているか

ノーコードツールは、Webサイト制作やアプリ開発など、製品ごとに特化した領域があります。選ぶ際は、利用目的と合っているか確認することが大切です。

社内システムと連携できるか

ノーコードツールを選ぶ時は、自社のシステムと連携できるものを選びましょう。社内の顧客管理システムやSNSなどと連携できるツールを選定すると、業務効率化につなげられます。

無料プランがあるか

ノーコードツールは操作の難易度がツールごとに異なります。無料プランがある場合、事前に操作性が確認できます。

ノーコードツールのメリット

ノーコードツールのメリットは、プログラミングの知識がなくてもアプリ開発などが行えることです。プログラマーにコードを書いてもらう必要がないため、開発費用と開発時間の削減につなげることが可能です。

ノーコードツールのデメリット

ノーコードツールは定型的な作業しかできないものが多いため、柔軟なアプリ開発は難しい傾向にあります。海外製のツールが多く日本語非対応のものもあるため、使用時やサポートを受ける時に英語力が必要なケースもあります。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
無料相談・資料ダウンロード 
タイトルとURLをコピーしました