人件費がかけられない新規事業にとって頼りがいのあるサービス|HIS Mobile株式会社(電気通信事業)

10人以上 メディア事業

格安SIMのMVNO事業を展開する。HIS Mobile株式会社様。

業務拡大に伴いタスカル導入から1年で社員が3倍に増加。各事業領域の担当者ごとに異なる業務をタスカルに依頼し、社員は事業のコアな部分にこそ時間を使うべきという働き方を実践されています。

今回は、代表の猪腰様に「タスカルを使い続ける理由」を伺いました。

事業課題新規事業立ち上げ時、運用コストとして最も重くなる人件費を効率的に運用する必要があった
導入の決め手1ヶ月10時間からのスモールスタートのため、営効率を考えた社外に抱えるアシスタントチームを構築が可能
タスカったポイント社員それぞれのアシスタントとしてデザインやリサーチ業務などをサポートし、社員は各事業領域のコアな業務に専念できる体制に

クライアントプロフィール

プラン10時間/月 ご利用期間1年以上
お取り組み内容バナー・チラシ作成、データ入力、リサーチ

限られた社内リソースを効率的に活用する

―御社の事業内容を教えていただけますか?

猪腰様:弊社HISモバイルは格安SIMのMVNO事業をメインに事業展開をしています。

他にはWi-Fiルータのレンタル事業や訪日外国人向けのプリペイドSIMカードの販売とiPhone修理のフランチャイズ事業も展開しています。

 

―タスカルの導入を検討した理由を教えてください

猪腰様:事業立ち上げ初期の少人数で業務にあたっていた時期に、経営者交流会でタスカルさんをご紹介いただきました。

そもそも専門的な知見が必要な業務以外は、アウトソーシングで補うべきと考えていたことと、弊社の取り扱う「格安SIM」のビジネスモデルは、いかに運用コストを抑えて、お客様に安価で価値のあるサービスを提供出来るかが重要だったので、最も重くなる人件費を効率的に運用する必要がありました。

経営効率を考えた、社外に作るアシスタントチーム

―他のサービスとタスカルを比較しましたか?また、業務品質面などで不安はありませんでしたか?

猪腰様:月額25,000円のサービスは、価格的にも比較する必要がなかったですね。

例えばアルバイトを雇用した場合、募集から面接、採用後も管理監督責任が付随してきます。そこに時間が取られることは、運用コストとのバランスが取れないと判断しました。

業務品質面では、メインではなくアシスタントという立ち位置の業務を依頼する予定だったので、不安や迷いはなかったですね。

 

―社内で行う業務とタスカルに依頼する業務は、はっきり棲み分けされていますね。

猪腰様:そうですね。付加価値の高い仕事こそ本来社員が取り組むべき仕事です。
実働作業を行うアシスタントを社内で雇用することは経営効率的にもよくないので、アシスタントを社外に抱えることが出来ている今の形は、弊社のビジネスモデルともマッチしています。

 

―タスカルは、経営効率を考えた、社外に抱えるアシスタントチームですね。

猪腰様:常時決まった仕事があるわけではないけれども、急に仕事が発生した時にだけ業務を依頼したいという企業にとっては便利で都合の良いサービスだと思います。

また、1ヶ月10時間から契約が出来る点が、弊社のような小さな会社に合っていましましたね。

例えば、突発的に社内リソースがキャパオーバーとなった時の保険的なリソースとして保持しておく価値もあると思います。

事業立ち上げ期から業務拡大期まで一貫サポート

―この1年でかなり規模を拡大された印象がありますが。

猪腰様:そうですね。社員数は、この1年で約3倍に増えました。

社員数の増加に比例して当然業務も増えて、今、タスカルさんには、社員が各事業領域のコアな業務に専念できるよう、それぞれのアシスタント的に、Web掲載用のキャンペーンバナーや店頭配布用のチラシ、ポスターなどのデザイン制作や新規顧客開拓のリサーチ業務など、多岐に渡る業務を依頼しています。

これらの業務以外にも、様々な業務に特化したスタッフさんがいると思うので、お互いに何を提供し合えるかを相談しながら展開していきたいと考えています。

 

―そのようなご意見を頂くことが多く、タスカルではクライアント様とZoomを使用した月次ミーティングで話し合いの場を設け、ご意見や状況を担当スタッフが常に把握できるような体制を整えています。

業務スタート後は阿吽の呼吸で安定稼働に

―タスカル導入後、初めて業務をスタートする時に困ったことはありましたか?

猪腰様:導入初期は、社員も仕事を依頼することに慣れていなかったこともあり、コミュニケーションの部分で時間がかかりましたね。

しかし、最初の一歩を踏み出して実際に発注を開始して、お互いの認識を共有し温度感のようなものが理解できれば、あとは日本人特有の阿吽の呼吸でスムーズに動いてました。

 

―タスカルを今後も引き続きご利用いただけますか?

猪腰様:もちろんです。結局コア業務に注力するには、時間と労力をかけなければなりません。

社員一人一人が、何が中核なのかを理解し、その業務に専念することが要と判断しています。

そういった意味でも、ますますタスカルさんに頼ると思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

―本日はお時間いただきありがとうございました。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました