【2023年最新】TikTok企業アカウントの活用方法と運用代行サービス3選

若年層に人気のTIkTokですが、ブランディングとマーケティングを目的としてビジネス利用を始めている企業が急増しています。TikTokを上手に活用することで、他のSNSプラットフォームでは得られないバズやブランド認知向上が期待できます。しかしTikTokの活用方法や運用方法がわからないとお悩みの企業担当者さまも多いのではないでしょうか?
この記事ではTikTok企業アカウントの作成方法、活用事例、運用代行サービスを紹介します。

1、TikTok企業アカウントの作成方法は簡単

TikTokにおける企業アカウントの作成方法は一般的なアカウントの作成と変わりありません。

まず、TikTokの公式サイト内にある「ログイン」から「登録」をクリックします。TikTokアカウントを作成するためにはメールアドレスまたは電話番号、各種SNSアカウントが必要です。その後、基本となる個人情報を入力することで、企業アカウントの登録は完了します。特別な手順は何も必要ありません。拍子抜けするほど手軽にアカウント開設できます。

タスカルでTikTokアカウントを運用をしている事例もございます。
気になる方はこちらの記事もチェック!

事務作業を外注してコア業務に集中したら、受注件数が大幅アップ|スバキリ商店株式会社
クラウドファンディングのプロデュース事業を展開するスバキリ商店株式会社様。 代表の小西光治様が担っていた事務作業をタスカルに依頼、営業に力を入れることで受注件数が大幅に増えたそうです。 小西様に、タスカル導入のきっかけや、依頼する業務の...

2、TikTok企業アカウントの成功事例を紹介

(事例①)ユニクロ

大手アパレルメーカーであるユニクロですが、TikTokを活用してハッシュタグキャンペーンを実施しています。例えば「#UTPlayYourWorld」というキャンペーンを開催して、グランプリに選ばれたユーザーを世界中のユニクロの店舗内モニターや公式SNS上で流しました。

結果的に世界中のユニクロファンがモデルを目指して、数多くのキャンペーン動画が投稿されて、認知度アップにつながりました。TikTokを効果的に活用した事例として代表的なところです。

公式サイト

(事例②)UQモバイル

大手通信メーカーKDDIのブランドであるUQモバイルはテレビCMと連動したキャンペーンを開催しました。これはUQモバイルのテレビCMで使われた楽曲「UFO」に合わせて、ダンスをするキャンペーンを実施したのです。

もともとテレビCMを通してテレビ視聴者におなじみのコンテンツとなっていましたが、TikTokを活用することで、一層多くの話題性を集めることができました。また、同時にインフルエンサーにPRを実施してもらうことで、UGC創出が促進されてブランドの認知度アップにもつながったのです。

公式サイト

(事例③)三和交通

タクシー会社である三和交通ですが、TikTokアカウントを作って発信活動を続けています。タクシー会社とSNSの組み合わせはやや意外なところですが、このような意外性も人気の背景といえます。具体的には、取締役部長の溝口さんと渉外課長代理の森嶋さんがダンスを踊る動画が話題となり、「TikTok2021上半期トレンド」クリエイター部門にもノミネートされました。企業内でも重要なポジションを担っている2人が積極的にTikTokに出演することで、楽しそうな会社の雰囲気を伝えることに成功しました。

タクシー会社というと、中高年男性の職場というイメージもありますが、若者向けのイメージの発信に成功したのです。SNSが企業イメージを刷新した事例といえるでしょう。

公式サイト

3、TikTok企業アカウントの3つのメリットとは?

(1)売上、集客アップ効果

TikTokユーザーの中でも「#購入品紹介」といハッシュタグを使って、購入商品を投稿しているユーザーが多いです。この結果、TikTokをきっかけに様々なヒット商品が紹介されています。

「TikTok売れ」と呼ばれる現象が起きていることから、プラットフォーム内で紹介した商品やサービスが実際に売れる可能性が高いです。特にインフルエンサーとのタイアップによる宣伝効果は絶大です。

(2)ブランディング(競合との差別化)

TikTokはユーザーと接点を持てたりプロモーションとして利用しやすかったりするため、企業のマーケティング施策として効果的です。しかし、TikTokをマーケティングに採用している企業はまだまだ多くありません。

競合他社がいない状態でマーケティング活動を始めることで、有利なポジションを築けます。積極的に活用して先行者利益を確保するべきでしょう。

(3)エンドユーザーと直接やりとりができる

TikTokなどのSNSの特徴としては、ユーザーと気軽にコミュニケーションを取れる点があります。TikTokの企業アカウントに対しても一般ユーザーからのコメントが多いです。反響があることは、SNSとしての発信力も反映します。コメントに反応したり、コメント内容をピックアップした投稿を発信したりなど、ユーザーとの親和性も高められます。ユーザーとの接点も、伝統的なメディアを介する発信に比べて、はるかに濃いものとなります。

4、TikTok企業アカウント運用のポイント

(1)毎日更新する

TikTokを更新する際は毎日配信を目指しましょう。毎日配信を続けることで、視聴者も自社のアカウントを認知してくれる可能性が高まります。

また、投稿する時間帯を決めることで、視聴者がより認知しやすく興味を引きつけられます。例えば、19時から21時の時間帯は最もユーザーの反応を得やすいといわれています。他にも時間帯によって視聴してもらえるユーザー数が異なるため、効果の高い更新頻度や時間帯を探るのが重要です。

(2)的確なターゲティング

TikTokアカウントを運用していく場合、的確なターゲティングが重要です。誰に向けて発信するのかなるべく具体的に設定しましょう。年齢や性別、居住地域、職業などターゲティングを定めて投稿することで、動画撮影のネタも発見しやすくなります。

例えば、「社内の様子が伝わる動画コンテンツ」を目的として発信する場合、目的を軸として配信動画を定めてください。ターゲットに刺さる動画を作ることで、視聴者からの認識が統一化されていき、徐々に期待されるアカウントに成長していくでしょう。

(3)自社のオリジナリティを演出する

TikTok視聴者に認知してもらうために、企業の独自性を含むアカウントにしましょう。TikTok上では独自性を持った発信をすることで印象に残るアカウントとして認識されます。すでにTikTokでバズっている企業は独自性を持った発信スタイルで独自性を出しています。自社の独自性を考慮して、どのような発信ができるかを検討しましょう。

 

5、TikTok企業アカウント運用代行サービス3選

TikTokのアカウント運用を社内で行うリソースがないとお悩みの企業も多いかと思います。今回は運用代行サービスを3つご紹介します。

タスカル


画像引用:タスカル

「タスカル」は、専属のディレクターチームによるサポートが行われるオンラインアシスタントサービスです。TikTokをはじめとする各種SNS運用代行を依頼でき、集客したユーザーの誘導先となるWeb制作なども外注できます。

料金プランは複数から選択でき、年間プランなら2.5万円/10時間というローコストで利用できます。本格的にSNS運用を始める前の企業や、まずは一定の範囲内で細々と続けたいベンチャー企業などは、オンラインアシスタントがおすすめです。

HELP YOU


画像引用:HELP YOU

「HELP YOU」は、専属ディレクターによるサポートを受けられるオンラインアシスタントサービスです。投稿やコメント返信、アクセス解析等の作業を代行します。その他、営業のサポートやECサイトなどのメディア運用も任せられます。

ビズアシスタントオンライン


画像引用:ビズアシスタントオンライン

 

「ビジネスアシスタントオンライン」とは、クラウドソーシングサイトのクラウドワークスを利用したオンラインでのお仕事マッチングサービスです。SNS運用代行を依頼できる、フリーランスや副業をしている人を紹介してもらえます。主にフリーランスに外注をする予定なら、おすすめのサービスです。

6、TikTokで「炎上」しないためのコツとは?

(1)テーマの選択

TikTokで発信をしていく上ではテーマの選択が重要です。特に人の感じ方や考え方によって受け取り方が異なる思想や宗教などの話題は議論になるケースが多いです。センシティブでよく話題に上がっている性差別や経済格差、政治に関しても同様のことがいえます。

話題の選択は最も重視すべきです。多種多様な考え方が広まっている話題について、企業として意見や情報を発信するのは注意しましょう。

(2)投稿のタイミング

投稿内容と投稿のタイミングが適切かを検討しなければいけません。例えば、災害などが発生した際の投稿内容には注意が必要です。普段は適切な発信内容がタイミングによっては、不適切であると捉えられてしまいます。

世間の目はタイミングによっては非常に過敏となります。倫理的によくないと捉えられてしまうタイミングがあることを踏まえた上で、発信には細心の注意を払いましょう。

(3)チェック体制の確立

自社の投稿に対するチェック体制を確立しましょう。投稿内容の安全性を担当者1人が判断するのは難しいです。複数人による確認によって、ミスの取りこぼしや多様な視座から投稿内容をチェックできます、結果的に炎上の火種を見逃しにくくなるでしょう。投稿内容のダブルチェックを徹底して、柔軟に判断できる体制を構築しましょう。

7、まとめ

今回はTikTokにおける企業アカウントの重要性について解説しました。TikTokをマーケティングに活用している企業はまだ少ないため、今から始めることでより高い効果が期待できます。認知度アップや売上アップを目指している事業主や経営者の方は是非TikTokの活用をご検討ください。この記事がそのための参考となれば幸いです。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました