ルーティンワークが苦手な人向けの対策を徹底解説

ルーティンワークについて、苦手…だと感じている人もいるのではないでしょうか。単純作業で決まった仕事をこなすルーティンワークは、変化が少なく、退屈に感じてしまう人も多いかもしれません。ただ、人によってはルーティンワークが好きな人もいるなど、好みはさまざまだと思います。

この記事では、ルーティンワークが苦手な人はどんな特徴があるのか?また苦手な人はどんな対策をしたらいいのかについて詳しく解説していきます。

1、代表的なルーティンワークとは?

一言でルーティンワークといっても、具体的にどんな仕事なのかわからない人もいると思います。基本的には日常的な業務はもちろん、毎日同じことを繰り返し行うような変化のない仕事のことをいいます。例えば事務職では、書類作成や電話対応・来客対応・データ入力など、決められたマニュアル通りに仕事をこなしていきます。

また、工場などの製造業もルーティンワークが多く、毎日同じ作業のポジションで決められたことをこなす仕事もあります。ライン作業など、不備を仕分ける、商品がスムーズに移動できるように倒れているものはないか確認するなど、同じ作業を続けることになります。

2、ルーティンワークが苦手な社長の特徴とは?

(1)時間にルーズ

決められた時間のなかで作業を行うため「どうにかなるさ」と時間を気にしないルーズな人は、ルーティンワークには向きません。優先事項がわからず後回しにしてしまうので、作業が滞り遅れる原因になります。

遅刻しても仕方ないと思ってしまう人や、決められた時間内に作業をこなすのが苦手な人など、ルーズなタイプはルーティンワークを苦手とする人が多いです。

(2)片付けが苦手

片付けというのは、整理整頓しながら必要なものやそうでないものを仕分けする必要があります。片付けというのも、実はルーティンワークの一つです。毎日決められたことをこなしていれば、部屋のなかが散らかることもありません。片付けを習慣化できない人は、ルーティンワークなどの決められた内容を続けることが苦手な傾向があります。

(3)飽き性

なんでもすぐに飽きてしまい、新しい刺激を求めるタイプの人も、ルーティンワークには向きません。新しいものに魅力を感じやすいので、毎日同じことの繰り返しだと、仕事に対してのモチベーションも維持できません。深く追求していくよりも、広く浅く新しいことを探してくほうが向いている人は、ルーティンワークが苦手な人が多いようです。

(4)気分屋

気分屋でそのときによって仕事に対してやる気があるとき、ないときに差が出てしまう人はルーティンワークには向きません。決められたポジションの仕事は、日々責任を持って行う必要があります。気分で左右される人は、長時間同じ仕事を継続することが難しい場合が多いため、仕事の出来具合にも差が出てしまうので、ルーティンワークはおすすめしません。

(5)計画性に欠ける

行き当たりばったりで計画性に欠ける人は、ルーティンワークには向きません。決められた仕事をこなしていくということは、いかに作業をそつなくこなすためにはどうしたらいいのか、計画性を持って行動していく必要があります。計画性のない人は後先を考えずに行動するため、あとあと納期が間に合わなくなり慌てるなどミスの原因にもなりかねません。

3、ルーティンワークを克服するための方法とは?

(1)作業環境を整える。

ルーティンワークが苦手な人は、まずは仕事をする作業環境を整えるのをおすすめします。例えば、あなたのデスク周りには、途中になっている仕事やすでに終わっているのにそのまま貼り付いているメモや付箋などはありませんか。

作業環境を仕事がしやすいように片付け、整えていくことで作業効率を高めることにも繋がります。仕事中に気持ちが散ってしまうこともなくなり、日々のルーティンワークに集中できる環境を作るようにしましょう。

(2)イラストや表を活用する。

飽きっぽく集中力が続かない人は、文字だけで表現するのではなくイラストや表などを使い、視覚的にも楽しめるようにしましょう。一目で理解できるように工夫することで「これなんだっけ?」と考えることも減りますし、仕事中の妨げにもなりにくくなります。

わからないから後回しでいいやを作ると、仕事のモチベーションにも関わります。イラストや表などを上手に活用していきましょう。ちょっとした工夫がルーティンワークに対しての苦手意識を減らしてくれるはずです。

(3)Todoリストを作成する。

将来的にしなくてはいけないことを、リスト化したものを「Todoリスト」といいます。一箇所にまとめて一覧にしているので、作業の抜けや漏れを防止して適切な管理を行うことにも繋がります。作業を一目で把握できるので、本当に必要なものなど優先順位がわかりやすくなります。

同時に期日を決めておくと、スケジュール管理が苦手な人にとっても仕事がスムーズにこなせるようになります。タスクとしての管理にもなりますので、まずはTodoリストを作りましょう。

(4)段階的に進める。

行き当たりばっかりの仕事ではなく、段階的に進めていく工夫をしましょう。例えば、決められた仕事は毎日何時に行うなど時間を設定しておきます。事務職であれば、お客様からのメールをチェックするのも仕事です。

午前中に1回、午後に1回など予めチェックする時間を決めておき、スケジュールに組み込みましょう。あとから「この仕事はまだしていなかった…」と慌てて作業をすることもなくなりますし、スケジュールに余裕を持って行動できるようになります。

(5)目標時間を設定する。

仕事の作業それぞれに、事前に目標時間を設定するようにしましょう。例えば毎週のデータ入力は、何曜日にどのくらいの時間をかけて行うのかを決めておきます。最初は少し緩めの40分にしておき、それが無理なくこなせるようになったら30分など時間を短くしていきます。

最初からハードルを高くするのはおすすめしません。仕事全体でどのくらいの時間がかかっているのかを把握することにもなりますし、仕事の効率UPにも繋がります。

4、ルーティンワークが苦手な人が持っている能力とは?

ルーティンワークができないと、なかには自分を責めてしまう人もいるかもしれません。しかし、必ずしも悲観する必要はありません。なぜなら、ルーティンワークが苦手な人は、自分が好きなことや興味を持っていることに対しては、探究心が強く、より大きな結果を残せる可能性のある人ともいえるからです。

決められた仕事をこなすよりも、自分で考え行動していくのが好きな人で、自分がやりたいことをできる環境ではどんどん成長していきます。そんな自分の能力を活かせる仕事に就くことも大きな強みになる可能性があるのです。

5、ルーティンワークが苦手な社長向けのアシスタントサービスとは?

ルーティンワークがどうしても苦手だな…と思っている人は、あえて少ない仕事を選ぶこともおすすめです。例えば、発想やアイディアを活かせる「企画」などの業務はもちろん、「デザイナー」などあなたのセンスを活かして働く方法もあります。

また、企業に属した働き方だけでなく「起業家」として、自分で仕事をする方法もあります。自分自身が社長となれば決められた型にはまるのではなく、仕事でも自分らしさを仕事できます。ただし、注意すべきは社長になっても必ずルーティンワークはついて回るということです。しかし、社長であれば自分にとって苦手な作業は他人に任せることができます。外注することで社長自身はコア業務に集中できます。

こんなときに活用したいのがオンラインアシスタントサービスです。代表的なサービスとして「タスカル」があります。ルーティンワークはオンラインアシスタントが得意とする業務です。人事・総務や経理・会計まで幅広い事務作業を依頼できるスタッフが在籍しています。タスカルに依頼すれば、専任のディレクターがついて、依頼内容に最適なスタッフを選任してくれます。定型作業は特に依頼しやすい業務なので、タスカルを利用すればルーティンワークを丸投げで依頼可能です。

公式サイト

6、まとめ

ルーティンワークが苦手な人にとって、毎日決められた仕事をこなすのは思っている以上に大変です。ミスが増えてしまい、仕事が楽しくないと思う原因になってしまうこともあるかもしれません。ただし、必ずしも悲観する必要はありません。というのも、ルーティンワークが苦手な人こそ、今の仕事を見直してみることで新しい可能性が開けてくるからです。

苦手なスケジュール管理なども、Todoリストにすることで視覚化され、作業効率を高められるかもしれません。ルーティンワークが苦手な人が持っている魅力もありますし、自分に向いている仕事を探すことでもっと輝ける場所が見つかるかもしれません。

 

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました