LP制作の費用相場まとめ|優秀な個人・フリーランスに依頼する方法や選ぶポイント | タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント

LP制作の費用相場まとめ|優秀な個人・フリーランスに依頼する方法や選ぶポイント

LPは収益に直結し費用対効果を得やすいため、外注先の選定が重要となります。

LPの制作費用を最小限に抑えながらパフォーマンスを最大化するために、優秀な個人やフリーランスに制作を依頼するのもひとつの手段です。

この記事では、LPの費用相場や費用内訳、LP制作を個人・フリーランスに依頼する方法、優秀な個人・フリーランスを探すポイントを解説します。

\オンラインアシスタントをコスパで選ぶなら、月額2.5万円〜/10時間の「タスカル」🤗/

オンラインアシスタントサービス「タスカル」は、事務作業、経理、Web・SNS更新などを丸投げOK!初期費用なし&低コストの月額で始められるので、一人社長やフリーランスに選ばれています。

LP制作の費用相場

LP制作の費用相場は、依頼先やクオリティによって以下のように異なってきます。

費用相場依頼先概要
〜10万円フリーランス・小規模制作会社最小限の機能とデザイン
10〜30万円フリーランス・中〜小規模の制作会社オリジナルデザインも依頼可能
30〜60万円中小規模の制作会社戦略設計や構成、コンテンツ制作も依頼可能
60万円〜中小規模の制作会社・大手制作会社

効果検証や競合調査の依頼、Webマーケティングの総合的なサポート

制作会社はそれぞれの分野に専門性を持つディレクター、コピーライター、デザイナー、コーダーなどの担当者が分業体制で作業を進めます。一方、フリーランスは制作工程すべてを1人で担っていることがほとんどです。

この点から、制作会社の料金が高いのは当然であり、それに見合う成果が得られる確率が高いと考えていいでしょう。

制作会社に依頼する場合でも、制作工程を部分的に依頼することも可能ですが、企画から運用までをすべて外注する場合は100万円を超える金額が必要になることも少なくありません。

フリーランスの場合は、制作工程を部分的に請け負うところで数万円、企画から運用のアドバイスまで含めて20〜30万円といったところが値ごろ感といえます。

それでは費用相場ごとにメリットやデメリット、おすすめの制作会社を紹介します。

10万円以下

  • 依頼先:フリーランス・小規模制作会社
  • 対応範囲:最小限の機能とデザイン
  • メリット:費用を大幅に抑えられる
  • デメリット:オリジナリティが出にくい

10万円以下でLP制作する場合はデザインテンプレートを使用することが多く、デザインに関する費用を大幅に抑えられるメリットがあります。一方で他社のLPと差別化しにくいデメリットがあります。

個人・フリーランスに依頼する際は、数万円の料金でCMSの設置やデザインなど部分的に依頼することも可能です。組織で対応する制作会社に比べて、柔軟で小回りが効く点はフリーランスの特徴といってもいいでしょう。

自社で対応できない部分のみフリーランスに外注すれば、制作費を必要最小限に抑えることができます。フリーランスを探すのが難しいときは、オンラインアシスタントサービスやクラウドソーシングサービスなどで人材を紹介してもらうとよいでしょう。

▼おすすめの制作会社

  • タスカル:月額2.5万円(税抜)から依頼できるオンラインアシスタントサービス、LP制作のほかに運用も依頼可能
  • TONOSAMA:8万円(税抜)からLP制作が依頼できる制作会社、企画や構成のサポートも行なっている

10万円~30万円

  • 依頼先:フリーランス・中〜小規模の制作会社
  • 対応範囲:オリジナルデザインも依頼可能
  • メリット:構成案やオリジナルデザインに対応してもらえる
  • デメリット:自社で原稿や素材を準備する必要がある

10万円~30万円であれば、オリジナルデザインのLP制作を依頼できます。費用を抑えつつも、自社のサービスや商材のイメージにあったLPを作成したい企業におすすめです。

ただし、コンテンツの原稿や素材などを自社で用意しなければいけないことが多いので注意しましょう。

▼おすすめの制作会社

  • Ryuki Design:楽天市場のページ制作の実績が豊富、商品撮影やバナー制作プランもあり、EC事業者に向いている
  • ZERO:プランによっては競合分析やペルソナ設計、フレームワーク作成も依頼できる、広告運用も相談可能

30万円~60万円

  • 依頼先:中小規模の制作会社
  • 対応範囲:戦略設計や構成、コンテンツ制作も依頼可能
  • メリット:戦略設計から公開までの工程を依頼できる
  • デメリット:効果測定や分析・改善サポートを受けられないことが多い

30万円~60万円の費用帯であれば、競合調査やターゲット設定などの戦略設計から依頼できます。LPの効果を高めるうえで欠かせない戦略設計をプロに依頼できるので、CV(コンバージョン)獲得といった成果に力を入れたい企業におすすめです。

運用後の分析や改善サポートまで対応していないことが多いので、改善施策を行いたい場合は別途依頼が必要となることがあるでしょう。

▼おすすめの制作会社

  • ジオコード:戦略設計から制作の依頼のほかに、集客のための広告設計やバナー制作の依頼も可能
  • ポストスケイプ:ポケスケイプが提供する「コンバージョンラボ」でLP制作の一連の工程を依頼可能、LPOプランも提供している

60万円以上

  • 依頼先:中小規模の制作会社・大手制作会社
  • 対応範囲:効果検証や競合調査も依頼、Webマーケティングの総合的なサポート
  • メリット:ノウハウや専門性が高く、戦略から分析・改善まで提案してもらえる
  • デメリット:費用が高額になってしまう

60万円以上であれば、LP制作だけでなくWebマーケティングを総合的な支援を依頼できます。LP制作の戦略設計から運用後の分析や改善施策までサポートしてもられるため、明確な成果目標がある企業に向いています。

マーケティング全体の底上げをしたい企業にも最適です。

▼おすすめの制作会社

  • LIG:LP制作に限らずマーケティング戦略の提案を依頼できる、SNSを活用したバズの創出にも長けている

LP制作の費用内訳

LP制作にかかる費用を把握するうえで、どのような費用項目があるのか理解しておくことが大切です。LP制作の主な費用内訳を以下にまとめました。

費用項目

内容

戦略設計・競合調査

競合を調査し、コンテンツやターゲットユーザー設計などの実施

ワイヤーフレーム設計

LPのコンテンツの順番などレイアウトの決定

デザイン制作

LPのカラーリング、文字サイズなどを決定しデザイン作成、素材や原稿の制作

コーディング

デザインを本番環境に実装

運用・改善

集客のための広告運用、LPの効果測定を行いCVR分析や改善施策の実施

例えば、自社で競合分析やターゲット設定ができていれば、コンテンツ構成であるワイヤーフレーム設計から依頼することを検討できます。

またCMSツールなどを利用してLPを制作できるようであれば、運用後にCVR改善といったLPO(ランディングページ最適化)施策をプロに依頼するといったことが可能です。

LP制作にかかる費用を最適化するには、実際にどのような作業に費用がかかるのかを理解し、自社で対応する作業範囲と依頼する作業範囲を見極めておきましょう。

LP制作を個人・フリーランスに依頼する方法

自社と相性がよく、スキルのある優秀な個人・フリーランスを探し出すのは難しいものです。

なかには直接やり取りするなかでコミュニケーションがうまく取れず、納品前に音信不通となってしまうケースもあります。スムーズにやり取りを進めたいときは、個人・フリーランスが数多く登録しているサービスを利用するとよいでしょう。

専門知識やスキルを持つ個人・フリーランスに依頼できるサービスとしては、以下があげられます。

  • クラウドソーシングサービス
  • エージェントサービス
  • アウトソーシングサービス

サービスごとに特徴があるので、自社に適した方法を検討してみるのがおすすめです。

相性の合うフリーランスに巡り会えれば、コストパフォーマンスの良いLP制作・運用を実現できるでしょう。

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスでは、Web制作やプログラマー、デザイナー、ライターなどさまざまなスキルを持つ登録者のなかから依頼者を選び、発注できます。

業務ごとにスポットで依頼できますが、登録者数が多いため自社に適した人材を見つけ出すことに苦労する恐れがあるでしょう。

▼代表的なサービス例

  • クラウドワークス:480万人ものワーカーが登録する、日本最大級のクラウドソーシングサービス

エージェントサービス

エージェントサービスは、登録しているフリーランスデザイナーなど専門知識を持っている人材を紹介してくれるサービスです。

ただし、デザイナーなど一部の業種に特化しているサービスが多いため、スポットでの依頼を前提として考えておく必要があります。

▼代表的なサービス例

  • レバテック:ITエンジニア・デザイナー専門のエージェント

アウトソーシングサービス

アウトソーシングサービスは、Web制作や広告運用、事務などのスキルを持つ登録者のなかから業務に適した人材をアサインするサービスです。

例えば、月間10時間の契約であれば対応時間内でさまざまな業務を依頼することができます。LP制作に限らず、運用や効果測定のレポート作成などの細かい作業を依頼することも可能です。

Web制作からカスタマーサポートまで外注できる「業務の幅広さ」が魅力|株式会社ONETREE(ECコンサルティング)
ECサイト制作や運用支援を行う事業者にとって、サイト制作もやりながら、カスタマーサポートも行うのはなかなか負荷が大きいのではないでしょうか? 株式会社ONETREE様は、2018年創業のウェブプロモーション・EC運用代行会社です。タスカル...

LP制作を依頼する個人・フリーランスを選ぶときのポイント

個人・フリーランスを選ぶときのポイントとしては、以下の4つがあげられます。

  • 依頼したい作業範囲に対応しているか
  • LP制作の実績があるか
  • 業務依頼する窓口が設けられているか
  • 金額設定が明確か

まずは「依頼したい業務に対応可能か」「LP制作に関する実績があるか」を確認しておきましょう。

LP制作に関するスキルを持っていたとしても、専門知識や実績がなければ成果につながるLPが完成するとは限りません。化粧品やEC、BtoBなど自社の業界や取り扱う商材に近いLPの制作実績がある個人・フリーランスを選ぶと失敗を防げます。

契約や報酬など個人と直接やり取りすることが心配な場合は、クラウドソーシングサービスやアウトソーシングサービスなどを通して依頼すると安心です。

窓口があれば、個人・フリーランスに依頼するときに「対応中に連絡が途絶えてしまう」といったトラブルにも対応できます。

LP制作を個人・フリーランスに依頼するなら「オンラインアシスタントサービス」がおすすめ

LP制作・運用の方法は多様な選択肢があるだけに、自社でどこまでやって何を外注するか、どんな外注先を選ぶのが最善かを判断するのが難しいのが現実です。費用を抑えるために、専門スキルを持つ個人やフリーランスへの依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

高いスキルを持つ個人やフリーランス探しに悩んだ場合は、LP制作から運用までトータルで相談できるオンラインアシスタントサービスの「タスカル」の活用をおすすめします。

LP制作の外注先にお困りの際は、是非一度「タスカル」にお問い合わせください。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
無料相談・資料ダウンロード 
タイトルとURLをコピーしました