【最新】問い合わせフォーム営業代行おすすめのサービス10選を紹介! | タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント

【最新】問い合わせフォーム営業代行おすすめのサービス10選を紹介!

「営業の外注を検討しているが、どのサービスを利用すべきかわからない」「問い合わせフォームを活用した営業を行っているが、思うように成果が上がらない」と悩まれていませんか?

営業代行会社をなんとなくで選んでしまうと、「費用の観点から継続的にサービスを利用できない」「ピントのずれた営業で結果が出ない」といったことが起きてしまいます。

そこで本記事では、問い合わせフォーム営業代行おすすめのサービス10選を紹介します。対応可能件数や料金体系など、各サービスの特徴が比較できるよう、表にまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

\オンラインアシスタントをコスパで選ぶなら、月額2.5万円〜/10時間の「タスカル」🤗/

オンラインアシスタントサービス「タスカル」は、事務作業、経理、Web・SNS更新などを丸投げOK!初期費用なし&低コストの月額で始められるので、一人社長やフリーランスに選ばれています。

問い合わせフォーム営業代行とは

企業のホームページにある「問い合わせフォーム」にメールを送る営業手法を、「問い合わせフォーム営業」といいます。

問い合わせフォームを使った営業は、通常のメール営業よりも開封率が高いと言われており、近年さまざまな企業が取り入れている営業活動の一つです。

自社の代わりに営業代行会社が「問い合わせフォーム営業」を行うメリットは、以下の通りです。

  • リソースが空いてコア業務に集中できる
  • 新たに営業マンを雇うための人件費をカットできる
  • 顧客とのタッチポイントが増え、新規やリード獲得向上が期待できる
  • 「効果検証」「文面のABテスト」など、問い合わせフォーム営業の分析ができる
  • 「営業リスト作成」で的を絞った営業ができる

営業代行会社と二人三脚、確実に成果を上げていくために、自社の商材に合う最適なサービスを選んでいきましょう。

問い合わせフォーム営業代行おすすめのサービス10選

現在多様なサービスが展開されており、自社のニーズに沿ってサービスを選ぶことが大切です。ここでは、おすすめの問い合わせフォーム営業代行サービスについてご紹介します。

サービス名対応可能件数
料金体系
KAITAK(カイタク)・トライアル:100件
・ライト:600件/月
・ベーシック:600件/月
・スタンダード:800件/月
・トライアル(初回のみ):1万円(税別)
・ライト:15万円(税別)/月
・ベーシック:18万円(税別)/月
・スタンダード:24万円(税別)/月
株式会社アイランド・ブレイン上限なし・初期費用0円
・1件あたり20円
株式会社テイクウェーブ・無制限プラン
・2,000件以上プラン
・5,000件以上プラン
【無制限プランの場合】
・月額料金 0円
・トップページURL込み:1件あたり36円
・問合せフォームURLのみ:1件あたり24円
・配信料金:36円
株式会社エンカレッジ従量課金制のため上限なし・1件あたり20円
・顧客リスト作成(3,000件まで無料)
WEBAPO(ウェブアポ)1日100~200件程度・サービス利用 1万1,000円(税込)/月
・フォーム送信(営業リストなしの場合)
1件あたり33円(税込)
・フォーム送信(営業リストありの場合)
1件あたり55円(税込)
・文章添削・作成  1件あたり3万3,000円(税込)
・初期費用 5万5,000円(税込)
ContactDM(コンタクトDM)1日500件程度・基本料金 0円
・リスト費用 0円
・初回のみ:送信単価 25円(税別)
・2回目以降:送信単価 30円(税別)

※費用は送信成功分のみ
※送信件数5,000通未満の際は基本料金3万円が発生

SHINOBI mail.(シノビメール)従量課金制のため上限なし・初期費用0円
・ベーシックプラン:1件あたり30円
・リスト作成プラン:1件あたり35円
Future Search(フューチャーサーチ)・ライト  :-
・ベーシック:1,000件/月
・エキスパンション:3,000件/月
・プレミアム:要問い合わせ
・ライト  :1万2,650円/月
・ベーシック:3万250円/月
・エキスパンション:7万2,050円/月
・プレミアム:10万7,800円/月
GeAlne(ジーン)・ビジネス:月間2,000件~4,000件
・スタンダード:月間5,000件~7,000件
・ハイエンド:月間9,000件~11,000件

【基本プラン】
・ビジネス:4万円/月
・スタンダード:6万7,500円/月
・ハイエンド:8万円/月

【営業リスト付きプラン】
・ビジネス:7万円/月
・スタンダード:12万1,500円/月
・ハイエンド:16万円/月

SakuSaku(サクサク)従量課金制のため上限なし・ライトプラン(40円/1件)
・スタンダードプラン(90円~/1件)
・プレミアムプラン(110円~/1件)

KAITAK(カイタク)

KAITAK(カイタク)は、BtoB向けの伴走型営業代行サービスです。

最先端のカイタクAI「スマートターゲティング」では、顧客の反応や行動といった分析結果からリストを作成します。また、実績のある専任スタッフが、ターゲットの選定から文面作成まで代行してくれます。

定例ミーティングやテレアポ代行など、包括的かつ手厚いサポート体制が強みです。

対応可能件数

・トライアル:100件
・ライト:600件/月
・ベーシック:600件/月
・スタンダード:800件/月

料金体系

・トライアル(初回のみ):1万円(税別)
・ライト:15万円(税別)/月
・ベーシック:18万円(税別)/月
・スタンダード:24万円(税別)/月

株式会社アイランド・ブレイン

株式会社アイランド・ブレインは、完全成果報酬型の問い合わせフォーム営業代行サービスです。

プログラムやAIロボットに加え、手作業での送信も行います。幅広い業種に対応した「営業リストの作成」や「アプローチ原稿の作成」は完全無料で、件数は無制限です。

問い合わせフォームの送信だけでなく、テレアポ代行やDM営業といった総合的な営業支援を受けられます。

対応可能件数上限なし
料金体系

・初期費用0円
・1件あたり20円

株式会社テイクウェーブ

株式会社テイクウェーブは、700万件の企業情報データを保有する、営業リスト作成ツール「ラクリス」を活用した営業代行サービスを提供しています。

オペレーターが代行することで、短期的な大量送信を低価格で実現できるのが特徴的です。また、独自の営業リストを保有しているため、企業の連絡先が不明でもアプローチできます。

DM発送やメール配信など、各サービスの料金体系はそれぞれ異なるため注意が必要です。

対応可能件数

・無制限プラン
・2,000件以上プラン
・5,000件以上プラン

料金体系

【無制限プランの場合】
・月額料金 0円
・トップページURL込み:1件あたり36円
・問合せフォームURLのみ:1件あたり24円
・配信料金:36円

株式会社エンカレッジ

株式会社エンカレッジは、低価格で新規顧客開拓ができるサービスを提供しています。問い合わせフォーム営業では、送信先の企業がロボット入力不可の場合、手動入力での対応をとっています。

3,000件まで無料の顧客リスト作成や、テレアポ業務代行など、中小企業の営業活動を支援する会社です。

対応可能件数従量課金制のため上限なし
料金体系

・1件あたり20円
・顧客リスト作成(3,000件まで無料)

WEBAPO(ウェブアポ)

WEBAPO(ウェブアポ)は、手動での問い合わせフォーム送信を強みにした営業代行サービスです。1件から利用できるため、必要な量だけにフォーカスした営業ができます。

「契約期間は1ヶ月から実施可能」「いつでも解約できる」といった点から、問い合わせフォーム営業代行を初めて利用する企業でも安心のサービスといえるでしょう。

対応可能件数1日100~200件程度
料金体系

・サービス利用 1万1,000円(税込)/月
・フォーム送信(営業リストなしの場合)
1件あたり33円(税込)
・フォーム送信(営業リストありの場合)
1件あたり55円(税込)
・文章添削・作成  1件あたり3万3,000円(税込)
・初期費用 5万5,000円(税込)

ContactDM(コンタクトDM)

リスト作成から手入力配信まで行うContactDM(コンタクトDM)は、100万件といった豊富なデータの中から自社の商材に合った送り先を見つけられます。

データは、「業種×地域」「テレワーク実施企業」など、細かなセグメントに分けられているのが特徴的です。

原稿のアドバイスやターゲット選定といった手厚いフォローのもと、最短3営業日以内に送信します。スピーディーな対応を求める企業におすすめのサービスです。

対応可能件数1日500件程度
料金体系

・基本料金 0円
・リスト費用 0円
・初回のみ:送信単価 25円(税別)
・2回目以降:送信単価 30円(税別)

※費用は送信成功分のみ
※送信件数5,000通未満の際は基本料金3万円が発生

SHINOBI mail.(シノビメール)

1件から依頼できるSHINOBI mail.(シノビメール)は、固定費といった維持費がかからない営業代行サービスです。専任のスタッフが手作業で送信を代行するため、クレームを抑えて反応率や返信率を高めます。

営業メールの文案はABテストを行い、効率的にPDCAを回せます。自社のニーズに応じて柔軟に利用できるのが特徴的です。

対応可能件数従量課金制のため上限なし
料金体系

・初期費用0円
・ベーシックプラン:1件あたり30円
・リスト作成プラン:1件あたり35円

Future Search(フューチャーサーチ)

Future Search(フューチャーサーチ)は、AIによるターゲット検索や専任担当者によるフォーム送信など、幅広いサービスを提供しています。

「夜間・休日配信停止」「連続配信停止フィルター」といった、クレームを防止する機能も利用できます。追加のオプションやポイント購入など、独自の料金プランを展開している点が特徴的です。

対応可能件数

・ライト  :-
・ベーシック:1,000件/月
・エキスパンション:3,000件/月
・プレミアム:要問い合わせ

料金体系

・ライト  :12,650円/月
・ベーシック:30,250円/月
・エキスパンション:72,050円/月
・プレミアム:107,800円/月

GeAlne(ジーン)

GeAlne(ジーン)は、企業の問い合わせフォームに自動で営業メールを送る、BtoB向けの新規開拓営業支援ツールです。

AIによる企業分析機能や、ChatGPTを使用した文章の自動作成など、効率的な営業戦略が特徴的です。システム導入後の顧客サポートが充実しているため、安心して利用開始できるでしょう。

対応可能件数

・ビジネス:月間2,000~4,000件
・スタンダード:月間5,000~7,000件
・ハイエンド:月間9,000~11,000件

料金体系

【基本プラン】
・ビジネス:40,000円/月
・スタンダード:67,500円/月
・ハイエンド:80,000円/月

【営業リスト付きプラン】
・ビジネス:70,000円/月
・スタンダード:121,500円/月
・ハイエンド:160,000円/月

SakuSaku(サクサク)

SakuSaku(サクサク)は、目視でのリスト作成と手作業によるフォーム送信を行うサービスです。特別研修に合格したアシスタントによるサポートや、定期的なミーティングも実施します。

「ABテストの実施」「1社ごとにカスタマイズした文章作成」など、高い確率での商談獲得が期待できます。

対応可能件数従量課金制のため上限なし
料金体系

・ライトプラン(40円/1件)
・スタンダードプラン(90円~/1件)
・プレミアムプラン(110円~/1件)

問い合わせフォーム営業代行サービスを選ぶ時のポイント4つ

問い合わせフォーム営業代行サービスを選ぶ際には、以下4つのポイントがあります。

  • 【ポイント1】費用はいくらか?
  • 【ポイント2】業務をどこまで依頼できるか?
  • 【ポイント3】自社が必要とする機能はあるのか?
  • 【ポイント4】実績や事例はあるのか?

【ポイント1】 費用はいくらか?

問い合わせフォーム営業代行サービスの料金体系には、固定報酬型・成果報酬型・ 固定・成果報酬の複合型・従量課金型があります。それぞれの違いは以下の通りです。

  • 固定報酬型…発注側が営業代行会社に毎月規定の額を支払う形式
  • 成果報酬型…発注側が営業代行会社の成果に応じて費用を支払う形式
  • 固定・成果報酬の複合型…固定報酬と成果報酬を合わせて支払う形式
  • 従量課金型…利用量に応じて請求料金を支払う形式

単純に1件あたりの金額が安くても、文面の添削や営業リスト作成は別途必要で、最終的な金額が予算を超えることがあります。

毎月必要となる費用の内訳や対応範囲など、詳細を把握した上でサービスを選んでいきましょう。

【ポイント2】業務をどこまで依頼できるか?

業務をどこまで依頼できるか?といった点も注目したいポイントです。

例えば「問い合わせフォームの送信だけ依頼したい」ケースでは、シンプルなプランを設定しているサービスがマッチします。

「フォーム送信だけでなく、営業代行をフルでサポートしてほしい」場合、総合的に営業を代行するところが適しているでしょう。

事前に自社のニーズを洗い出し、業務をどこまで依頼するか?を決定しておきましょう。

【ポイント3】自社が必要とする機能はあるのか?

自社が必要とする機能はあるのか?もチェックしておきましょう。

例えばクレームを防止する機能が搭載されたツールや、送信先の企業を具体的に検索できるツールなど、サービスごとに利用できる機能が異なります。

他にも、「AI活用で効率を重視」「手動で目視を重視」など、営業代行会社ごとに重点を置くポイントや得意・不得意が違います。

自社が必要とする機能や営業の方向性を決めた上で、自社にマッチしたサービスを選んでいきましょう。

【ポイント4】実績や事例はあるのか?

営業代行会社のホームページに記載されている、実績や事例についても確認しておきます。

できれば、自社に近い商材を扱う業界・業種への導入経験があるか?を事前にチェックしておくと安心です。実績非公開の場合は、お問い合わせから直接確認してみましょう。

問い合わせフォーム営業代行を活用して業務を効率化しよう

問い合わせフォーム営業代行サービスを活用することで、顧客とのタッチポイントが増え、新規やリード獲得向上に繋がります。また、営業リストの作成や分析機能を使うことで、ターゲットへの到達が可能となり、大きな成果が期待できます。

サービスの費用や特徴を比較し、自社の商材と親和性の高いサービスを選んでいきましょう。

秘書・経理・総務といったバックオフィス業務の代行は、タスカルがおすすめです。忙しい経営者様の代わりに、優秀なアシスタントがサポートさせていただきます。ぜひお気軽にお問い合わせください。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
無料相談・資料ダウンロード 
タイトルとURLをコピーしました