小売のDX。仕組み作りからアウトソーシングでデジタル化を実現。

転記後ここは非表示になる。

こんなことがタスカりました!!
事業課題デジタル化に対応できる経理やPC担当のスペシャリストが社内に不在。
新たに雇う予定もなく、業務のアウトソーシング化を検討していた。
導入の決め手業務整理する時間ができたタイミングだったこと。
タスカルには様々な分野のスペシャリストが揃っているため、依頼と並行してノウハウを社内に蓄積することが可能と感じた。
タスカったポイント社内に知見がない業務をタスカルが最初の仕組みを設計することで、自分で調べる時間とコストをカットし、これまで手作業で行ってきた業務を次々とデジタル化することが可能に。
ミッション少人数で運営しており、社内に経理やPCのスペシャリストがおらず、新たに雇用する予定もない状況。デジタル化を進めてコア業務に集中するため、アウトソーシングしたいと考えた。
プロセスクラウド会計ソフトfreeeの導入をタスカルから提案し実現。受注オーダーシートのスプレッドシートの繋ぎ込みや社員間でのファイル共有の仕組みづくり、名刺の登録など、デジタル化を進めた。
結果効率化が進み時間が空いたため、月2回行っている展示会の課題整理・解決や競合他社の研究などが行えるように。問い合わせも増えたと感じている。
タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました