フリーランスマネジメントシステム5選を比較!機能やメリット・デメリット、選び方を紹介 | タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント

フリーランスマネジメントシステム5選を比較!機能やメリット・デメリット、選び方を紹介

フリーランスマネジメントシステムとは、フリーランスとして働く外部パートナーの管理を効率化するシステムのことです。

導入を迷っている企業担当者の中には、「フリーランスマネジメントシステムの機能がわからない」「システムの選び方を知りたい」と考える方も少なくないでしょう。

この記事では、フリーランスマネジメントシステムの機能やメリット・デメリット、選び方、おすすめのフリーランスマネジメントシステム5選も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

\秘書サービスをコスパで選ぶなら、月額2.5万円〜/10時間の「タスカル」🤗/

オンライン秘書「タスカル」は、事務作業、経理、Web・SNS更新などを丸投げOK!初期費用なし&低コストの月額で始められるので、一人社長やフリーランスに選ばれています。

そもそもフリーランスとは?

政府の資料によると、フリーランスは以下のように定義されています。

「フリーランス」とは、実店舗がなく、雇人もいない自営業主や一人社長であって、自身の経験や知識、スキルを活用して収入を得る者を指すこととする。

引用:フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン|内閣官房、公正取引委員会、中小企業庁、厚生労働省

近年、価値観が多様化し場所や時間に縛られない働き方を希望する人が増加しています。フリーランスと企業をマッチングさせるサービスもあり、企業はフリーランスとして働く個人へ気軽に依頼できるになりました。

内閣官房の調査によると、2020年におけるフリーランスの数は462万人で、そのうち本業が214万人、副業が248万人という結果でした。副業が当たり前になりつつある昨今では、今後もフリーランスの数は増加すると考えられます。

フリーランスマネジメントシステムとは?

フリーランスマネジメントシステムとは、外部パートナーへ業務委託する際に発生するバックオフィス業務を一元管理するためのツールのことです。

フリーランスマネジメントシステムを導入すると、契約、発注、請求、支払の書類作成や案件管理、採用活動などの煩雑な業務が効率化します。

機能

フリーランスマネジメントの代表的な機能の特徴を、以下の表で見てみましょう。

機能特徴
基本情報の管理外部パートナーの基本情報、実績、スキルなどを管理できる機能
案件管理外部パートナーが担当した案件を一覧化し、進捗管理できる機能
請求管理請求書の発行、承認、管理などができる機能
外部サービスとの連携

会計システムやコミュニケーションツールなどの外部サービスと連携できる機能

タイプ

またフリーランスマネジメントシステムは、以下の3つのタイプに大別できます。ベンダーによってタイプや得意な機能が異なります。

  • 契約書や請求書などの文書管理が得意なシステム
  • 案件の進捗管理が得意なシステム
  • 外部パートナーの採用・リソース活用が得意なシステム

フリーランスマネジメントシステムを導入するメリット・デメリット

フリーランスマネジメントシステムを導入するメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

  • バックオフィス業務の効率化につながる
  • 契約書・請求書のペーパーレス化が実現する
  • 外部パートナーを適切に評価できる
  • インボイス制度、電子帳簿保存法などの法令に対応しやすくなる

フリーランスマネジメントで契約書や請求書を取り扱うことで、商取引がデジタル化します。また外部パートナーが保有するスキルや実績、評価が一覧化されるため、新規プロジェクトにアサインしやすくなる点がメリットです。

さらにインボイス制度、電子帳簿保存法などの法令に対応したシステムを導入すれば、バックオフィス業務の大幅な効率化につながるでしょう。

デメリット

  • 契約によっては管理できないケースがある
  • 個人情報の漏えいリスクがある

イレギュラーな契約形態が発生する場合、システムによっては管理しきれないケースがあります。登録できない外部パートナーに関しては、別途管理する必要性があり手間がかかってしまうので、柔軟に対応できるシステムを選びましょう

またフリーランスマネジメントシステムには外部パートナーの個人情報を登録するので、セキュリティの高いシステムを選ぶことが大切です。社内でも管理担当者を制限するなど、ルール作りが必須といえるでしょう。

フリーランスマネジメントシステムの選び方

上記で解説したようにフリーランスマネジメントシステムを導入する際は、柔軟性セキュリティ性の高いシステムを選ぶことが大切です。それ以外に、以下のポイントにも考慮してフリーランスマネジメントシステムを選択すると良いでしょう。

  • 契約書、発注書、請求書などのフォーマットを自由に変更して発行できる
  • インボイス制度や電子帳簿保存法など、最新の法令に対応している
  • 使いやすくコストパフォーマンスが高い
  • 自社で使用しているほかのツールと連携する機能が利用できる

おすすめのフリーランスマネジメントシステム5選

おすすめのフリーランスマネジメントシステム5選をご紹介するので、ぜひ比較してみてください。

freee業務委託管理(旧pasture)


出典:freee業務委託管理公式ホームページ

特徴料金(税込)主な機能
  • フリーランス保護新法、下請法、電子帳簿保存法、インボイス制度などの法令に対応
  • LINE・Slack・Chatworkなどのコミュニケーションツールと連携可能
  • 初期導入サポートプラン:問い合わせが必要
  • 月額利用料:35,200円〜※外部パートナーの人数によって料金変動
  • 発注書作成
  • 請求書回収
  • 承認フロー
  • タレントマネジメント

freee業務委託管理(旧pasture)は、フリー株式会社が提供するシステムです。デザイン性に優れているため使いやすく、システム操作に慣れていない担当者でも利用しやすい点が特徴です。不明点があれば、チャットや定期コンサルティングなどを通じて相談できます。

Lansmart


出典:Lansmart公式ホームページ

特徴料金(税抜)主な機能
  • 業務委託管理に必要なフローを一元管理
  • フリーランス保護新法、下請法、電子帳簿保存法、インボイス制度などの法令に対応
  • GMOサイン、Slackなどのサービスと連携可能
  • 初期費用:150,000円
  • 月額利用料:59,800円〜※外部パートナーの人数によって料金変動
  • 契約書の締結・アップロード
  • 発注書・請求書の作成
  • 稼働時間・数量の管理
  • 業務報告書の自動作成
  • 会計ソフトへの仕分け

株式会社CloudBrainsが提供するLansmartは、契約書と請求書をスマートに管理するクラウド型のシステムです。14日間の無料トライアルがあるため、契約前に試してみたい方におすすめです。導入前後のサポート体制も整っているので、スムーズに運用を開始できるでしょう。

PROBASE


出典:PROBASE公式ホームページ

特徴料金(税込)主な機能
  • 外部パートナーから送付される業務報告や請求書をまとめて可視化
  • 対応期限や契約更新などをSlackなどでアラート
  • インボイス制度、電子帳簿保存法などの法令に対応
  • フリープラン:稼働契約枠3件まで
  • スタンダートプラン:月額22,000円(〜20件)
  • エンタープライズプラン:月額55,000円(〜100件)
  • 業務検収・請求処理
  • 業務報告書、請求書の注意点、契約更新時期などの通知
  • ステータス管理
  • 人材管理

株式会社サーキュレーションが運営するPROBASEは、請求処理だけでなく、外部パートナーを管理・評価できる人材リスト機能も利用可能です。freee会計に対応しているため、PROBASEで登録した金額を自動でfreee会計にも反映できます

FreelanceForce


出典:FreelanceForce公式ホームページ

特徴料金(税抜)主な機能
  • 下請法、インボイス制度などの法令に対応
  • 契約や注文、請求、支払までを一元管理
  • 稼働記録や更新情報をSlackで通知
  • 要問い合わせ
  • 無料トライアルあり
  • 個人情報収集フォーム
  • マイナンバー収集管理
  • 契約情報一元管理、自動更新
  • 注文書・請求書・支払通知書の作成
  • 支払データの出力
  • 稼働記録

株式会社シューマツワーカーが提供するFreelanceForceは、副業やフリーランスの個人情報、契約情報、注文書、請求書、支払いなどを管理できるシステムです。外部パートナーの契約期間や単価など、細かい情報を網羅的に管理できます。また外部パートナーだけでなく、業務委託エージェントとの契約も管理可能です。

Workship ENTERPRISE


出典:Workship ENTERPRISE公式ホームページ

特徴料金(税抜)主な機能
  • 50,000人以上のフリーランスが登録するデータベースを活用
  • 600社以上が活用
  • 3カ月更新プラン:月額報酬+サービス利用料4万円/月〜
  • 1カ月更新プラン:月額報酬+サービス利用料9.6万円/月〜
  • 独自の機械学習を使ったスコアリングによる評価
  • 候補となる人材を提案
  • メッセージ機能
  • フリーランス検索
  • 求人掲載
  • 求人作成代行

株式会社GIGが提供するWorkship ENTERPRISEは、ハイスキルを持つフリーランスとマッチングできるプラットフォームです。自社の案件に最適なフリーランス人材を採用したい場合、活用すると良いでしょう。なお上記の料金は再委託契約の場合で、直接契約する場合は紹介料が50万円/人となります。

フリーランスマネジメントシステムを導入して外部パートナーを効率的に管理しよう

フリーランスマネジメントシステムを導入すると、契約書や請求書の作成、採用業務など手間のかかるバックオフィス業務が効率化します。自社に適切な機能が搭載されたシステムを導入することで、企業担当者はコア業務に集中できるようになるでしょう

オンラインアシスタントサービスの「タスカル」は月額2.5万円から利用できます。「バックオフィス業務を幅広く対応してもらいたい」「複数の外部パートナーを管理してほしい」このような場合、オンラインアシスタントサービスの利用を検討してみるのもおすすめです。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
無料相談・資料ダウンロード 
タイトルとURLをコピーしました