【一人経理向け】freeeの記帳代行サービス3選と利用メリットを解説

 

「freeeは慣れれば便利かもしれないけれど、記帳作業が面倒そう・・・」
「freeeの帳簿付けは、手順がわからない」

ひとり起業の社長さんや経理担当者様は、クラウド会計ソフトfreeeを何らかの形でご存知のことでしょう。freeeは、会計ソフトとして機能が充実していますが、帳簿の記帳作業を便利にするためには、ある程度使いこなさなければいけません。

今回は、freeeの帳簿付けの流れや、記帳代行サービスについて解説します。この機に外注依頼を検討している場合は、ぜひ参考にしてみてください。

freeeの帳簿付けは日々の記帳が必要

画像出典元:https://www.freee.co.jp/

freeeの帳簿付けでは、日々の記帳業務が欠かせません。クラウド会計ソフトfreeeは、企業の経理業務を自動化するオンラインツールです。簿記の知識や経理業務の経験がなくても利用できます。ただし、会計ソフトを利用しても、日々の帳簿付けは必要です。

最近ではひとり起業による会社経営者も多くなってきました。ひとりで業務をこなしていると、経理業務を外部委託することがビジネス規模の拡大につながります。また、記帳の義務化の法令により、帳簿付けを正確に行う必要性も出てきました。

そのため、帳簿付けの自動化は、重要な判断になります。 忙しいひとり社長にとって、freeeのような自動化される会計ソフトは必要不可欠です。確定申告や経理業務では、日々の記帳がもっとも負担のかかる業務にあげられています。

データ参照元:確定申告業務で困ったことTop10調査 

freeeは、経理業務の半自動化です。ただし記帳については、完全な自動化にはなりません。そのため、日々の記帳はひとり社長にとって業務の負担になるでしょう。

freeeの帳簿付け方法の流れ

freeeでは、どれくらい帳簿付けが自動化されるのでしょうか?freeeの帳簿付け方法の流れを紹介します。

freeeによる帳簿付けには、銀行口座やクレジットカードの登録が必要です。登録により、自動で口座の入出金データやカード決済情報が入手され、自動記帳されます。freeeの帳簿付けの流れは、次の表を参考にしてください。

帳簿付け方法の種類業務の流れ登録方法

オンライン同期による帳簿付け

  • 銀行口座やクレジットカード明細情報の自動データ反映
  • 1回のクリックで帳簿付け実行口座やカードの同期が必要
自動処理

口座入出金明細の手動でfreeeに記帳

  • オンライン経由でダウンロードした明細データをfreeeにアップロード
  • アップロードされたデータを1回のクリックで記帳
半自動処理

手動による記帳

  • 口座登録していない銀行通帳
  • 領収書・請求書を確認しながら手動で記帳
手動で記帳

freeeと連携可能な記帳代行サービスによる帳簿付け

  • 連携可能なサービスと同期設定
  • 自動で取引登録や明細取得可能
自動処理

CSVファイルなどインポートによる記帳

  • 取引をExcelのCSVファイル形式でインポート
  • データ量が多くても一括登録で処理が可能

インポート処理

データ参照:freee会計を使った経理処理の流れ 

表のようにfreeeを活用した経理業務は、自動化できる部分以外に手動での記帳処理となります。クラウド会計ソフトにより業務の自動化にはなりますが、完全に経理業務を自動化するには、記帳代行サービスへの依頼が必要です。

freeeの帳簿付けを記帳代行サービスに依頼する理由

freeeの帳簿処理を記帳代行サービスに依頼する理由は、正確な記帳を行うために、専門業者に依頼して業務負担を軽くすることがあげられます。記帳代行サービスに依頼できる代行業務は、次のとおりです。

  • 取引記帳全般

  • データファイリング

  • 給与計算

  • 振込処理

  • 口座管理

  • 売掛金管理

  • 買掛金管理

  • 請求書作成

  • 現金管理

記帳代行サービスは、上記にあげた代行業務の依頼ができます。これら業務を代行依頼できれば、ひとり社長は経理業務から解放されるでしょう。

記帳代行を依頼するメリット・デメリット

記帳代行のメリット・デメリットについて解説します。

記帳代行を依頼するメリット

記帳代行を業者に依頼した場合のメリットは、次のとおりです。

コスト削減

帳簿付けの記帳代行を外部業者に依頼した場合、小規模企業にとって人件費コストの削減になります。とくに、ひとり社長の場合は、営業も経理もこなさなければいけません。そのため、記帳代行サービスの利用は、ほとんどの経理業務を委託できます。

記帳代行サービスの利用は、経理担当者1名分のコストを削減になるでしょう。

 

精度の高い作業効率の向上

記帳代行サービスの活用は、精度の高い作業効率の向上につながります。記帳代行への依頼は、パートやアルバイトに業務を委託することではありません。経理に関して豊富な知識や経験のある専門家への依頼になります。そのため、経理業務のクォリティが上がり、精度の高い成果を期待できるでしょう。

専門的スキルのあるサービスへの依頼は、作業効率を高めます。いままでの経理業務にかかった時間コストを減らすことが可能です

 

管理会計のデータとして役立てられる

記帳代行サービスへの依頼は、記帳入力したデータを管理会計のデータとして役立てられます。freee会計ソフトは、記帳されたデータを予算や原価の管理データに変換することが可能です。今後の経営判断に活かせるデータとして役立てられるメリットがあります。

記帳代行依頼によるデメリット

記帳代行サービスに依頼するデメリットは、次の2点です。

 

  • 外部委託のためノウハウを共有できない
  • イレギュラーな属人処理ができない

 

記帳代行サービスへの依頼は、経理業務の成果だけの受け取りになります。自社の経理担当の場合は、経理業務のノウハウを社内で共有して、スキルアップに活用できるでしょう。

記帳代行サービスの場合は、契約範囲で決められた業務だけが成果物となります。そのため、経理業務のノウハウについては、共有ができないでしょう。

また、記帳代行サービスでは、属人的な処理によるイレギュラーな対応ができません。とくにサービス外となる税務処理については、経験豊富な税理士事務所の領域になります。

 

 

税理士事務所と記帳代行サービスの違い

税理士事務所と記帳代行サービスの違いについて、比較表でまとめてみました。

 税理士事務所記帳代行サービス
契約内容長期的な顧問契約単発依頼もできる委託契約
依頼範囲税務申告をふくむ経理全般記帳代行など部分的にカスタマイズ可能な業務依頼が可能
サービス姿勢じっくり型スピード・納期重視
コミュニケーション契約による専門家の相談や質問サポートありサービスによっては意思疎通がむずかしい場合もあり

 

おすすめ記帳代行サービス3選

記帳代行サービスを選ぶには、業者を比較する必要があります。おすすめの記帳代行をサービスとする、オンラインアシスタントサービス3社を紹介しましょう。

タスカル

タスカルは、株式会社Colorsがサービス提供するオンラインアシスタントサービスです。タスカルは、社内で不足するスキルやノウハウのある人材に単発で業務が委託できます。タスカルは、業務効率化を目的とするひとり社長に最適なオンライン秘書サービスです。

タスカル
業務委託範囲
  • 経理業務
  • 人事業務
  • 総務事務
  • 秘書業務
  • Webサイト運用
単発業務での依頼可能
サービス特徴
  • 即日から対応も可能
  • 事務業務マニュアル作成も対応
最低契約単位月10時間~
解約ルール更新日の1カ月前までの通知が必要・契約は自動更新
特徴
  • 小規模企業の経営者がコアな業務に集中できるように、手不足な業務のフォローが可能

  • 毎月の請求書発行から日々の記帳処理など依頼範囲をカスタマイズできる

  • 初回打ち合わせ時に業務の整理をサポートしてくれるため、依頼内容が決まっていなくても申し込み可能

サービス内容
  • 経理業務(帳簿記帳・請求書発行など経理全般)
  • 人事業務(採用業務・入社手続き・勤怠管理など)
  • 総務事務(物品管理報告書作成・企画書作成・運営計画書作成など)
  • 秘書業務(メール対応・スケジュール管理など)
  • Webサイト運用(Web制作・デザイン・動画編集・SNS運用代行など)
料金
  • 3ヵ月プラン:44,000円/10時間単位
  • 6ヵ月プラン:33,000円/10時間単位
  • 年間プラン:27,500円/10時間単位
https://taskar.online/

フジ子さん

フジ子さんは、必要なときに必要な業務だけ委託できるオンラインアシスタントサービスです。発注方法は、メールやチャット、電話から気軽に申し込めます。

フジ子さん
業務委託範囲
  • 経理業務
  • 人事業務
  • 秘書/総務事務
  • Web運用
単発業務での依頼可能
サービス特徴
  • メール
  • チャット
  • 電話から必要なときだけ申し込める
最低契約単位1カ月~
解約ルール
  • 更新日の1カ月前までの通知が必要
  • 契約は自動更新
特徴
  • 無料トライアルあり

  • 翌月解約可能

サービス内容
  • 経理業務代行(帳簿記帳・経費精算など)

     

  • 人事業務代行(採用業務・入社手続き・勤怠管理など)

     

  • 総務事務代行(物品管理報告書作成・企画書作成・運営計画書作成など)

     

  • 秘書/総務業務代行(備品購入・資料作成など)

     

  • Webサイト運用(Webページ編集・画像加工・ECサイト運用・SNS運用代行など)

料金
  • トライアル:無料/契約期間1週間(実働2時間)

     

  • プラン20:51,700円/契約期間1ヶ月(実働20時間/月)

     

  • プラン30:75,900円/契約期間1ヶ月(実働30時間/月)

     

  • プラン50:108,900円/契約期間1ヶ月(実働50時間/月)

https://fujiko-san.com/

 

メリービズ

メリービズは、経理に特化したバーチャル経理アシスタントサービスです。オンライン経由でのサービスのため、全国の経理業務のサポートを必要とする企業が利用できます。

メリービズ
業務委託範囲経理業務全般
単発業務での依頼可能
サービス特徴経営状況のモニタリングサービスの提供
最低契約単位未掲載
解約ルール未掲載
特徴

各種会計ソフト導入サポート可能

サービス内容

経理業務代行(業務コンサル・システム導入支援・帳票仕訳入力・経費精算など)

料金(経理業務内容により変動)
  • 企業サイズ50~150名規模:20~30万円/月額

     

  • 企業サイズ5~20名規模:30~80万円/月額

https://merrybiz.jp/

 

 

まとめ

この記事では、freeeによる帳簿付けの記帳業務を外部委託する記帳代行サービスについて解説してきました。オンラインによる記帳代行サービスは、経理業務だけではなく事務業務全般を部分的に委託できる点が特徴です。小規模事業者は、サービス選びの参考に役立ててください。

オンラインアシスタントの導入には、実際にサービスを利用している事例となるインタビュー記事も参考になります。

経理業務インタビュー記事へ

 

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました