楽天市場の画像制作代行の依頼方法!手順やメリットなど徹底解説

楽天市場に使う画像制作を外注に依頼したいが、どのように進めたらよいのでしょうか?

楽天市場で使うバナーや商品サムネイルなどの制作は、時間も手間もかかります。そのため、ひとり経営のECサイトオーナーにとって、画像制作を外注依頼することは賢明な判断です。では、どのように依頼すれば、効率的で品質のよい画像を発注できるでしょうか?

この記事では、らくてらくて運営者向けの画像制作代行について解説します。

出典:楽天市場

楽天市場における画像制作業務の種類

楽天市場での画像制作の代行を依頼するには、画像制作業務について理解しておくことが大事です。楽天市場では、具体的にバナー制作や商品画像の制作を代行業者に依頼できます。場合によっては、楽天市場内のページ作成を全面的に外注することも可能です。楽天市場における画像制作業務は、次の2つに分けられます。

  • 写真撮影
  • 写真加工・編集

写真撮影

写真撮影は、プロの写真家による出張撮影やスタジオを使った撮影などの業務です。写真撮影では、実際の商品のイメージに合う背景をスタジオだけではなく野外も含めて設定します。写真撮影の業務を外注に依頼した場合は、撮影を担当する写真家の機材を利用するため、自社で揃える必要がありません。

写真加工・編集

写真加工・編集は、撮影した商品写真の訴求効果を高める業務です。写真加工・編集では、画像加工ソフト「Photoshop」などを利用するレタッチ業務になります。レタッチとは、画像などを加工・編集することです。デザインの世界では、レタッチの担当者のことをレタッチャーともいいます。

レタッチ業務で加工編集する内容は、次のとおりです。

  • 明るさ調整
  • コントラスト調整
  • サイズ調整
  • トリミング編集
  • 細部の補正
  • 各種フィルタ加工

さらに、レタッチでは整形した写真を商品サムネイル画像やバナー画像にするため、分割したり、結合したり編集します。その際、写真にテキストを埋め込むことも可能です。

レタッチャーは、写真のクォリティを高める業務になります。撮影業務以上に、依頼主とやり取りをくり返して、何度も修正が必要になる業務です。

 

制作する画像の種類

楽天市場で制作する画像の種類は、おもに次の2つがあります。

  • 商品画像(サムネイル)
  • 広告入稿用バナー

 

商品サムネイルやバナー画像制作の手順

それでは、商品サムネイルやバナー画像制作の手順について解説します。

商品サムネイルやバナー画像の役割

楽天市場の画像を制作するには、画像の役割を理解することが大事です。ECサイトで利用する画像は、興味関心を高める役割があります。そのため、売れる商品画像は、ひと目で惹きつけられる画像でなければいけません。ECサイトでの画像の役割は、次のような流れで売上に貢献するでしょう。

ECサイトの課題画像の役割
新規ユーザーが訪問した場合商品のことをひと目で理解させる役割
文章ではイメージがつかない場合わかりやすい画像で理解を高める役割

 

楽天市場に商品画像を掲載する際の注意点

画像出典:https://fun-cushion.com/archives/655

楽天市場では、ページ内で使う商品画像に対して、いくつか注意点があります。画像を作る前に、楽天による商品画像についてのガイドラインを確認しておくことが必要です。

  • テキスト要素占有率21%以上がNG
  • 枠線の利用がNG
  • 幾何学模様やデジタルパターン、目立たせる目的の奇抜な色の背景色の利用がNG
楽天市場出店者向け商品画像利用ガイドライン対策
画像内のテキスト要素占有率21%以下テキスト範囲を全体の20%以下に保つ
画像に枠線を利用しない枠線に頼らない編集をする
幾何学模様やデジタルパターン、目立たせる目的の奇抜な色の背景色の利用がNG白ベースの写真背景か単色白背景のみ

 

楽天市場では、商品画像ガイドラインの厳守を理解しておく必要があります。
画像及びデータ参照:https://fun-cushion.com/archives/655

商品画像の良し悪しはABテストで判断する

作った商品画像は、製作担当者や発案者など完成形に対して、イメージの食いちがいが起きます。商品画像の出来栄えについては、個人の見解ではなく、ABテストで判断することが大事です。

たとえば、「商品を手に持つモデルを変えた場合」や「モデルの顔を写した場合」など、ABテストを実行することにより、画像1枚だけでも結果に大きな差が生まれます。ABテストによる判断は、合理的であり時間や手間をかけない評価方法です。

商品画像のクォリティを上げるためのヒント

商品画像のクォリティを上げるためのヒントを紹介します。

商品画像のクォリティを上げるための4つのヒント
  • 画像の全体像を写す:商品の全体像をイメージしてもらうため
  • 商品にピントを合わせたアングル:商品を正確に伝えるため
  • 商品の大きさ(サイズ)が伝わる画像:実寸をイメージしてもらうため
  • 質感も大事:商品を身近にイメージしてもらうため

楽天市場ガイドラインに沿った商品サムネイルを作る際のポイント

先ほどの楽天市場ガイドラインでもふれたように、商品サムネイルには白ベタが使えません。画像内にベタを敷くと、規約違反になり審査が通らないからです。写真内にベタ部分を作る際は、画像全体の20%以下に納める必要があります。

楽天市場の商品バナーを作る際のポイント

商品バナーを作る際は、「PC表示用のバナー」と「スマホ表示用のバナー」 をそれぞれ作ることが必要です。バナーの適正サイズは、実寸の2倍サイズで作りましょう。バナーは、大きく作っておくことにより、文字や線などがぼやけるのを防げます。くっきりと、鮮明なバナーで仕上げることが大事です。

鮮明なバナーに仕上げるには、楽天市場の推奨サイズの2倍に設定しましょう。

 

楽天市場における共通バナーサイズ(単位:ピクセル)
共通バナーサイズ:楽天市場推奨 横幅616×高さ1202倍設定: 横幅1232×高さ240
共通バナーサイズ:楽天市場推奨 横幅266×高さ1102倍設定: 横幅532×高さ220

 

画像制作代行サービスに依頼するメリット・デメリット

画像制作を代行サービス業者に依頼した場合は、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?それぞれ解説します。メリットとデメリットをふまえた上で、画像制作を代行依頼する際の方法も紹介しましょう。

メリット

画像制作代行サービスは、依頼することにより、次のようなメリットを受けられます。

自社リソース不足を補える

画像制作代行サービスへの依頼は、自社リソース不足を解消できるでしょう。ひとりでECサイトを運営している場合は、負担を軽減できます。

ECサイト運営者は、販売する商品の登録だけが仕事ではありません。商品が売れれば、発送業務や 決済手続きのチェック、お客様フォローなど様々な対応をこなす必要があります。そのため、画像制作を外注に依頼すれば、人的リソースの負担を軽くすることが可能です。

戦略面に時間をかけられる

画像制作代行サービスの利用は、楽天市場出店者にとって、戦略面や売上拡大につながります。企画立案の時間創出になるメリットがあります。

楽天市場出店者は、新商品のアイデアやキャンペーン企画など、戦略面に時間をかけることが大事です。実際は、運営者が商品画像やバナー制作に取り組んで、地道な修正作業に時間を消費している状況になります。外注の利用は、コアな業務に手が届かすために必要です。

自社スタッフの採用や教育の手間が省ける

画像制作代行サービスを利用することは、画像制作のために自社スタッフを採用したり、教育したりする手間を省きます。つまり、自社リソースに照準を合わせなくて済むことがメリットです。

代行サービス利用は、スタッフの採用や教育にかかる時間が必要ありません。代行サービスは、依頼して納品を待つだけなので、迅速に商品登録ができます。

デメリット

それでは、画像制作を代行サービスに依頼した場合のデメリットを紹介しましょう。

コストの負担を避けられない

画像制作代行の活用は、コストがかかります。内製で行えば外注費は、かかりません。画像制作の外注依頼は、費用と成果のバランスを見て判断することが大事です。

商品の専門的な理解度を求められない

画像制作代行サービスは、画像制作の専門家になります。そのため、自社商品に対して専門的な知識を求められません。自社商品について、重要な部分はわかりやすく文章化して伝える必要があります。

ノウハウを社内に保有できない

画像制作代行サービスがクォリティの高い商品画像を作成しても、その作成ノウハウは自社で保有できません。外注に依頼することは、自社の手を離れた場所で業務が行われることを理解しておきましょう。

商品サムネイルや画像バナーを外注先に依頼する手順

商品サムネイルや画像バナーを外注先に依頼する際の手順は、次のとおりです。

  • 代行サービスとの打ち合わせ
  • 見積もり依頼
  • 契約
  • 制作開始
  • 修正・再考
  • 完成
  • 納品
  • ECサイトに反映

クォリティの高い画像制作を依頼するには

クォリティの高いECサイト用の画像制作を依頼するには、充分な打ち合わせが必要になります。制作会社からのヒアリングでは、具体的な完成イメージを伝えましょう。

画像制作は、やり直しが多くなる特徴を持っています。そのため、作成再考と修正にどれくらい対応できるか?発注前に確認することが大事です。

手間をかけずに効率よく画像制作を依頼するには

商品画像の制作を効率よく進めるためには、依頼する際に具体的なイメージを言語化する必要があります。イメージが具体的であれば、完成度も高くなるでしょう。

 

色合いや画像のコントラストなど、プロならではの技術を反映するためには、依頼内容を具体的に言語化して、伝えることが大事です。外注業者の理解を得られれば、依頼者側の手間もかからなくなります。

スポットで画像制作を依頼するには

画像制作代行の利用は、必要なときだけ依頼できるスポット発注ができます。アウトソーシングであれば、必要なときに依頼するスポット対応が強みです。とくに繁忙期と閑散期の差がある季節商品などを扱う運営者にとっては、スポット依頼により負担を軽くできます。

画像制作をアウトソーシングするおすすめの方法

画像制作をアウトソーシングする場合は、業務を細分化してスポット依頼できるサービスの利用がおすすめです。たとえば、楽天市場出店者が商品バナーの制作だけではなく、商品の発注業務も代行依頼することもできます。おすすめのアウトソーシングサービスを紹介しましょう。

 

タスカル

 

  • タスカル
  • URL:https://taskar.online/
  • 特徴:画像制作以外の店舗運営業務を部分的に依頼できる

タスカルならば、他業務との組み合わせで外注できるため、自社の負担を軽くしたい業務だけ依頼する無駄のないアウトソーシングが可能です。

 

バーチャルイン

 

スタジオイエローシャッター

  • スタジオイエローシャッター
  • URL:https://www.yellowshutter.com/
  • 特徴:商品ページ制作まですべて依頼できる画像制作代行サービス

 

アウトソーシングサービスは、画像制作だけではなく、顧客管理や集計業務などもあわせて依頼できる代行サービスの利用をお勧めします。

アウトソーシングを上手に活用して、プロの技術をバランスよく反映していくことが効率のよい外注依頼になるでしょう。外注依頼できるサービスについては、導入事例があります。

インタビュー記事を参考にしてみてください。

なぜ複数のオンラインアシスタント会社の中からタスカルを選んだのか?|GIVE&GIVE株式会社(ECコンサルティング)
外注先を選ぶ際に、複数のオンライン外注サービスを比較して決めるかと思いまが、どのようなポイントで選ぶべきかに悩まれる企業も多いのではないでしょうか? GIVE&GIVE株式会社様にタスカルを選んだ理由、業務遂行の仕方がタスカル導入後にどのように変わったかを語っていただきました。
タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました