LINE公式アカウント運用代行サービスと選び方を徹底解説!

 

いまや多くの企業で、マーケティングや集客の施策として活用される「LINE公式アカウント」。たしかに、国内月間利用者数が8,900万人(2022年2月末時点)を超える「LINE」をビジネスで有効活用しない手はありません。

とはいえ、

  • LINE公式アカウントにはどのような機能があるの?
  • LINE公式アカウントの運用代行してくれる企業・サービスはある?
  • LINE公式アカウント運用代行の費用相場や選定ポイントは?

など、疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、LINE公式アカウントでできることや費用相場、選定ポイントなどを解説します。運用代行を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

LINE公式アカウントでできること

引用:https://www.linebiz.com/jp/service/line-official-account/

LINE公式アカウントを利用するにあたって、必ず覚えておきたいのが、以下の3つの機能です。

LINE公式アカウントにおける重要な3つの機能

  • メッセージ配信機能
  • チャット機能
  • クーポン配信機能

 

メッセージ配信機能

メッセージ配信機能は、LINE公式アカウントの基本的な機能です。アカウントを友だち追加してくれたユーザーに対してメッセージを送信できます。新商品やキャンペーンに関する情報など、ユーザーにとってお得な情報を届けることで、集客や購買につながります。

 

チャット機能

チャット機能では、ユーザー一人ひとり、あるいは複数のユーザーグループとやりとりができます。そのためユーザーからの問い合わせや予約受付など、細かい顧客対応が可能です。自動応答設定や無料通話・ビデオ通話もできます。

 

クーポン配信機能

クーポン配信機能では、アカウントを友だち追加してくれたユーザーに対して、商品やサービスを利用してもらうために配信できます。トーク画面やタイムラインから配信可能です。顧客が商品購入やサービス利用時に、クーポン画面を見せることで、特典を受け取れる仕組みです。

 

その他の機能

この3つ以外にも、いくつか機能があります。

  • あいさつメッセージ
  • リッチメニュー
  • リッチメッセージ/リッチビデオメッセージ
  • タイムライン投稿
  • ショップカード(ポイントカード) など

あいさつメッセージは、ユーザーが公式アカウントを友だち追加した際に、自動的に送られる1通目のメッセージのことです。このメッセージの内容で、ユーザーのアクションを促せます。

リッチメニューは、トーク画面の下部に大きく表示されるメニューのことです。リッチメッセージやビデオメッセージでは、リンク付きの画像や動画を届けることができます。リンク先への誘導率を高め、商品やサービスを訴求できます。

 

LINE公式アカウント運用代行サービスに何が依頼できる?

LINE公式アカウントを運用代行してくれるサービスは、大きく以下の3つに分けることができます。

  • LINE公式アカウントのみの運用代行
  • LINE公式アカウントのサポートツールを併用
  • LINE公式アカウントの運用代行とサポートツールの併用

詳しく見ていきましょう。

 

①:LINE公式アカウントのみの運用代行

1つ目は、LINE公式アカウントのみを運用代行してもらうケースです。基本的には、以下の3つを代行してもらうことになります。

  • LINE公式アカウントの設定
  • 定期的な配信メッセージの作成から配信まで
  • 施策の効果検証から改善まで

 

②:LINE公式アカウントのサポートツールを併用

2つ目は、運用代行サービスを利用する代わりに、サポートツールを併用するケースです。

LINE公式アカウントのサポートツールとは、LINE公式アカウントの機能を拡張したツールのことです。サポートツールでは、通常のLINE公式アカウントでは利用できない機能を活用できます。

たとえば、以下のとおりです。※具体的な機能内容は、サポートツールによって異なります。

  • アンケートの配信
  • 友だちことに顧客管理
  • 細かいセグメント設定・配信
  • 豊富なメッセージテンプレートの提供
  • 配信結果・効果の確認

 

③:LINE公式アカウントの運用代行とサポートツールの併用

3つ目は、LINE公式アカウントを運用代行してもらいつつ、サポートツールも併用してもらうケースです。この場合、運用代行費用とともにサポートツールの利用料がかかってしまいます。

とはいえLINE公式アカウントを最大限活用し、最短で成果を上げたい場合は、この方法を検討してみるのも手段のひとつです。

 

LINE公式アカウント運用代行サービスの選び方

ここからはLINE公式アカウント運用代行サービスの選び方をご紹介します。

具体的には、以下の3点について確認しておくことをおすすめします。

  • 運用実績があるか
  • 業務内容と費用は適正か
  • 目的に沿ったサービスを提供しているか

 

自社の業種で運用実績があるか

1つ目は、運用実績です。

運用実績のなかでも、特に自社と近い業種や競合他社の運用サポート経験を確認しておきましょう。というのも、業種やターゲットが異なれば、適切なアプローチ方法や運用体制も変わってくるからです。LINE公式アカウントの運用代行実績が豊富であっても、商材やターゲットによってプロモーションが促進できない可能性もあります。

 

業務内容と費用は適正か

2つ目は、業務内容と費用のバランスです。

LINE公式アカウントの運用代行を検討するなら、業務内容と費用設定も事前にチェックしておきたいポイントです。費用面は企業やサービスによって大きく異なるだけでなく、業務内容によっても変動する部分があります。複数の企業やサービスに見積もりをとったうえで、比較検討することを推奨します。

 

目的に沿ったサービスを提供しているか

3つ目は、提供されているサービスです。

LINE公式アカウント運用を外注する目的は、新規顧客獲得や業務効率化など、企業や組織によってさまざまです。それゆえ目的によって利用すべきサービスも変わってきます。自社が運用代行を委託する目的を明確にし、その目的にマッチしたサービスを提供してくれるか確認しておくのが良いでしょう。

 

LINE公式アカウント運用代行サービスの費用相場

LINE公式アカウント運用代行サービスの費用は、企業やサービス内容によって異なります。

ただしおおよそ費用相場は、月額3万円程度と言われています。月額3万円ほどのランニングコストがかかっても問題ない場合は、LINE公式アカウント運用代行サービスの利用を検討してみてください。

 

LINE公式アカウント運用代行サービス比較5社

ここからは、LINE公式アカウントの運用代行サービス5社をご紹介します。

 

タスカル

タスカルは、リモートで業務代行してくれるバーチャルアシスタントサービスです。

タスカルの特徴

  • 月額2.75万円〜で導入ハードルが低い
  • 専属ディレクターが対応
  • 1ヶ月10時間の小ロットで契約可能
  • 月10時間程度のサポートが欲しいスタートアップや中小企業におすすめ
プラン料金
3ヶ月プラン44,000円/10時間
6か月プラン33,000円/10時間
年間プラン27,500円/10時間

▼LINE運用でのタスカル導入事例が知りたい方は、こちらの記事をお読みください!

LINEカスタマーサポートを、マニュアルなしで脱・属人化|株式会社アントレ
独立・起業に関するプラットフォーム運営や支援サービスを手がける株式会社アントレ様。 属人化していたLINEでの相談対応をタスカルに依頼、対応の品質が安定しその後の商談にもつながりやすくなったそうです。 同社の橋本貴弘様に、導入後の変化な...

ゼウス

引用:https://www.cardservice.co.jp/pro/lineat/

ゼウスは、ネットショップや実店舗のアカウント運用が得意なサポートサービスを提供しています。

ゼウスの特徴

  • 審査代行から初期制作、アカウント開設作業まで、運用可能になるまでの作業を代行
  • 配信コンテンツの作成と更新が可能
  • 運用コンサルティングやテクニカルサポートも充実
対象費用
ネットショップ運営者向け15,000円~/月当たり
実店舗者向け15,000円~/月当たり

 

Liny(リニー)

引用:https://line-sm.com/

Liny(リニー)は、LINE公式アカウントの運用効果を最大化するサポートツールです。

Linyの特徴

  • 導入企業3,500社以上(2022年2月時点)
  • LINE公式アカウントの導入から運用サポートまで
  • 自動効率化によって、運用負担を軽減
  • 大企業や官公庁にも選ばれる高いセキュリティ水準を維持
プラン料金
スタートプラン5,000円(税別)/月
ベーシックプラン39,800円(税別)/月
プレミアムプラン69,800円(税別)/月

 

ハーツフィールド

引用:https://hartsfield.co.jp/line-official-account/

ハーツフィールドは、小規模店舗向けのLINE公式アカウント開設&運用サポートサービスを提供しています。

ハーツフィールドの特徴

  • 飲食店や美容室、エステサロン、整体院など小規模店舗の運用が得意
  • アカウントページ制作の代行も可能
  • 電話やメール、Zoomなどでサポートしてくれるプランもある
プラン料金
運用サポートサービス20,000円~/月 ※契約は3ヶ月単位
運用代行サービス20,000円~/月 ※契約は3ヶ月単位
スタートアップ支援サービス100,000円~

 

シェアコト

引用:https://www.sharecoto.co.jp/service/line-support/operation

シェアコトでは、トータルお任せできるLINE運用代行サービスを提供しています。

シェアコトの特徴

  • PDCAサイクルの高速回転で最適化を目指す
  • 24時間・365日の監視サービスを提供
  • 画像加工やテキスト制作、コンサルティング、投稿代行まで可能
プラン料金
初期開設(コンセプトメイキング、アカウント開設、投稿画像軸決定、運用フローの構築)20~40万円
運用代行(月4~12回の投稿)月額25~60万円 ※6か月契約~

 

まとめ

LINE公式アカウントでできることは幅広くあります。とはいえリソース不足であれば、せっかくのツールも宝の持ち腐れにもなりかねません。

そこで運用を外注することで、業務効率化だけでなく、集客や新規顧客の獲得が期待できます。運用代行を検討するなら、まずは委託する目的を明確にし、本記事を参考にしながら、自社に適した代行会社やサービスを選んでみてくださいね。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました