Canvaの使い方を解説!初心者でもプロ級画像を作れるツールとは

Webデザインというと以前はデザイナーが専用ソフトを使って行う作業でした。このため、画像編集を一般の人が行うのはハードルが高いのが現実でした。

しかし、IT技術の進展によって状況は一変しました。Canvaのようなサービスの登場で画像編集の裾野は圧倒的に広がったのです。

この記事ではCanvaの使い方を解説します。Canvaを使えば自分で気に入った画像を作ってSNS にアップできます。インスタ映えする画像を自分で作ってみましょう。

Canvaとは?

Canvaは初心者にも使いやすい画像編集ツールです。使いやすさの理由は、直感的な操作性とテンプレート・素材が豊富に用意されているためです。

Canvaを使えば、画像編集の経験が浅い人でもテンプレートと素材を組み合わせるだけで手軽にプロが作ったような画像を作成できます。

登録方法

公式サイトから登録を行います。Canvaは無料プランも充実しており、使用し始めた当初は無料で使ってみるのがよいでしょう。
早速登録してみるのですが、まずはトップページ右上にある 「登録」をクリックしてください。

アカウント登録はApple、Google、Facebookのアカウントを利用することもできます。もちろんメールアドレスでも登録可能です。どれで登録しても違いはないので自分の好みで選べば良いと思います。メールアドレスで登録する場合はコードの入力があります。

全ての登録が完了するとダッシュボードに移動します。早速、画像編集を始めることができます。

デザイン選択

Canvaは登録すればすぐに使い始められます。使い方もシンプルなので画面の指示に従い、直感的に操作することで画像編集ができます。
まずは画面右上にある「デザイン作成」をクリックしましょう。

画像編集だけでなく、SNS用の投稿やブログ用の画像など様々な用途に合わせてデザインを作成できます。ここではYouTubeのサムネイル作成を例として説明します。

これが編集画面です。画像編集の際はここが作業スペースとなります。

 

テンプレート選択

デザインの作成にあたっては全て自分で作ってもよいですが、テンプレートを利用しましょう。上手に画像編集を行うためには、テンプレートを活用するのがポイントです。その際も難しい手順が必要なわけではなく、自分の気に入ったものをまずは選択してみましょう。そのうえで好みのデザインに作り変えていきます。

左側のサイドバーにテンプレートがあります。気に入ったものを選択して下さい。

テンプレートを選ぶと作業スペース上にコピーされます。ここから実際に画像編集を行います。

素材の選択

画像編集では素材の活用も欠かせません。素材にはさまざまなものがあり、シンプルな図形や数字から凝ったデザインのキャラクターまで用意されています。Canvaでは画像用の素材をマウス操作だけで簡単に使えるのです。

左側のサイドバーから好みの素材を選択して下さい。

選択すると作業スペースに素材が移動して編集できます。

テキストの編集方法

テキストも様々な本当の中から選びます。 選び方は左側のサイドバーから自分の好みのものをクリックして選択します。様々なデザインがありますのできっと好みのものが見つかるはずです。

テキストボックスを選択すると文字を編集できます。

写真の編集方法

ここではパソコンから画像を取り込んで編集するやり方を説明します。
まずは写真を編集するというボタンを選択します。

実際に編集したい画像を決めます。

その後、編集画面に移るので編集作業を行えます。

共有の仕方

Canvaの特徴に共有機能があります。 メンバー間でファイルを共有してチームとして作業を進めることができます。以下で共有のやり方を説明します。

最初に共有ボタンを押してください。

次に共有の条件を設定しましょう。相手方に編集権限まで付与するのか、閲覧権限の付与とするのかを選択します。

ダウンロード

画像編集が終われば自分のパソコンにデータをダウンロードできます。ダウンロードも簡単な設定で行えます。
画面上でダウンロードボタンを押します。


ファイルの保存形式を選択した上でパソコンにダウンロードします。

Canvaを使ってどんなことができる?

Canvaを使うと実に様々なことを自分の力でできます。例えば、チラシを作って自社の集客に利用したり、説得力のあるプレゼン資料を自作したり、これまで外注していた作業も自分で行えます。

しかも、Canva内のテンプレートや素材はプロ級の出来栄えです。これを利用すればプロ顔負けの作品を自作できるでしょう。

ブログ記事の挿入画像・バナーの作成

自分のブログにおしゃれな画像をいれたいとか、人目を引くバナーを作りたいというのは多くの人が思うところです。Canvaを使えば自分の思うとおりに画像編集を行えます。ここではブログ用の画像とバナーの作り方を説明します。
デザインの作成をクリックし、カスタムを選択します。

サイズは幅300×高さ250を選択して下さい。ブログ用の画像でもバナーでも平均的なサイズです。まずはこのサイズの画像編集になれるのがよいでしょう。

左のサイドバーの下部にテンプレートが出るので好みのものを選んで下さい。

テンプレートを選ぶと編集画面に移るので実際に作業を行えます。

SNS投稿画像の作成

ここではInstagramの投稿を取り上げてSNS 投稿画像の作成方法を解説します。最初はInstagramの投稿というボタンをクリックして下さい。

デザイン作成画面が表示されます。左側から テンプレートを選びます。有料のものもあるので注意して下さい。

テンプレートを選択すると編集画面で実際に編集できるようになります。好みの素材や文字を使って自分好みに仕上げてみましょう。


編集が完成した後にはダウンロードできます。共有もできるので必要な作業を考慮して適切に選んで下さい。

サービス紹介資料の作成

営業関係でサービス紹介資料を作成する機会は多いです。そのときゼロから資料を自作すると時間がかかってしまいます。そこで活用したいのがCanvaです。Canvaにはプレゼンテーション用のテンプレートが豊富にあり、イメージにぴったりなものが見つかるはずです。
ここでは作成方法を説明します。デザインの作成ボタンからプレゼンテーションを選びます。

ビジネス関連のテンプレートもたくさんあるので自社の商材に合ったものを選んでください。テンプレートの豊富さはビジネスをするうえでも本当に助かります。パワーポイントでゼロから資料を作成することを考えると大幅な効率化です。

テンプレートを選ぶと編集画面に移動します。マウス操作で編集を行えます。完成した後は共有設定できますし、ダウンロードすることもできます。

サービスチラシの作成

Canvaではサービスチラシに使えるテンプレートも用意されています。デザインも安易に外注するのではなく、まずはCanvaで自作できないか試してみましょう。テンプレートや素材を活用すれば初心者でもデザイナーレベルの制作物を作れるでしょう。
チラシ作成の第一歩は、デザインの作成からチラシを選択することです。

チラシ用のテンプレートがたくさん用意されており、イメージに近いものを選べます。

テンプレートを決めると、すぐに編集に着手できます。素材や文字入れをして好みのチラシに仕上げましょう。

Canvaの料金体系

Canvaの料金プランは以下の3つです。Canvaは無料プランが充実しています。個人が趣味で利用するのであれば敢えて有料プランを検討する必要はないかもしれません。ただ、プランの内容を知ったうえでプランを決めれば間違いないでしょう。

以下では各プランを比較しています。各々の違いを知り、最適な選択をして下さい。

無料プラン

無料プランで使えるストレージの容量は5GBです。画像のサイズを考えると少し物足りない容量をかもしれません。フォルダの設定も2つまでに限定されます。

このため無料プランは個人による利用や少人数のメンバーによる利用に向いています。

有料プラン①(Canva Pro)

利用料金は月額1,000円からで、ストレージの容量は100 GB です。無料プランとの違いは、素材やテンプレートの豊富さにあります。Canva Proでは61万点以上のプレミアムテンプレートや1億点以上のプレミアム素材を利用できます。

機能面でも違いがあります。例えば、ワンクリックでサイズを変更できるマジックリサイズという機能や、背景画像だけを切り取れる背景リムーバーという機能が付きます。
無料プランからCanva Proにアップグレードすれば、さらに充実した画像編集を行えます。

なお、Canva Proには無料試用期間もあります。 申し込むかどうか迷っているのであれば、まずは無料期間のみ利用してみるという選択肢もあります。

有料プラン②(企業用)

利用料金は月額7万5000円からで、ストレージは無制限に利用できます。企業用プランではCanva Proで使える機能やデザインも利用できることに加えて、チームによる制作にも活用できます。利用も25人以上からとなっています。

企業用プランと他のプランとの違いは、大規模なチームでの制作を想定しているかどうかです。コーポレートデザインやフォント、ロゴの制作には向いており、チームでの制作に統一感をもたらします。

 

 

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました