【一人社長向け】ホームページを格安外注 vsノーコードツール自作、どちらがお得なのか?徹底解説

  • 「ホームページ作成を外注できるサービスがあるなら知りたい」
  • 「外注する際に失敗しないホームページ作成のコツを知りたい」

と思っている方も多いのではないでしょうか。本記事では、予算別にホームページ作成を外注できる制作会社、失敗しないためのコツ、自作する際のノーコード・ローコードツールについて解説します。

 

予算3~5万円でホームページ作成を安く外注できる制作会社3選

ここからは、予算3~5万円でホームページ作成を安く外注できる制作会社3つを紹介します。

  • 株式会社ハイファクトリ
  • 株式会社ラックスラウンジ
  • 株式会社オプティ

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

株式会社ハイファクトリ

株式会社ハイファクトリでは、格安ホームページ制作サービス「ウェブサクッ!」を提供しています。「ウェブサクッ!」では、39,800円から最短3営業日でホームページを開設できます。

株式会社ハイファクトリの特徴

  • 「ウェブサクッ!」の制作実績1,000以上、プロジェクト実績2,000件以上
  • エリアの1都4県内であれば、スタッフが直接伺ってくれる
  • 制作費用:39,800円(税別)~、月額費用:4,800円(税別)~

 

株式会社ラックスラウンジ

株式会社ラックスラウンジでは、3万円でホームページを制作できる「30000yen.com」を提供しています。用意するのは文章と画像だけで、希望の色や参考にしているホームページなどから構成・レイアウトを考えてくれます。

株式会社ラックスラウンジの特徴

  • 簡単操作で、PC初心者でもお知らせ投稿が可能
  • 1回の更新作業時間が15分以内であれば、月1回(年間6回)まで無料で修正対応
  • 制作費(保守管理費込):33,000万円(税込)、追加1ページ:11,000円(税込)

 

株式会社オプティ

株式会社オプティでは、「5万円テンプレートプラン」のおかげで、5万円でホームページを作成できます。また納品後に、月額利用料や月額使用料などの費用が一切かかることもありません。

株式会社オプティの特徴

  • ニュース更新システム、問い合わせフォームが搭載された5ページまで対応
  • 「万能型」「ブランディング型」「LP型」の3つのテンプレートから選ぶ形式
  • 修正や更新を行う場合は、基本作業費3000円~、カスタマイズも可

 

予算5~10万円でホームページ作成を安く外注できる制作会社3選

ここでは、予算5~10万円でホームページ制作を外注できる制作会社を紹介します。

  • 株式会社WEBマーケティング総合研究所
  • 株式会社スターラボ
  • 株式会社キーファクトリー

それぞれの詳細について見ていきましょう。

 

株式会社WEBマーケティング総合研究所

株式会社WEBマーケティング総合研究所では、全額返金保証付きのホームページ作成サービス「初めてパック」を提供しています。トップページや会社概要、フォームなど合わせて、14ページ作成してくれます。

株式会社WEBマーケティング総合研究所の特徴

  • かけ放題で電話サポートを受けられる
  • 今なら、専用コンシェルジュやマーケティング教材を無料プレゼント
  • 初期費用54,780円+月額費用5,390円

 

株式会社キーファクトリー

株式会社キーファクトリーでは、企画やデザイン、コーディング、フォームの実装などに対応したホームページ制作を行っています。7万円からの低価格で提供しています。

株式会社キーファクトリーの特徴

  • ロゴやSNSページ制作、地図制作などもオプションとして用意されている
  • ドメインの取得やWebサーバーのレンタル契約、Google検索へのインデックス登録やGoogleマイビジネスへの登録などの契約と登録作業も実施
  • 新規サイト制作:7万円~

 

株式会社スターラボ 

株式会社スターラボでは、短納期・低価格でセミオーダー式で制作できる「Quick Site」というサービスを展開しています。画像と文言を変えるだけで、最短2週間で納品してくれます。

株式会社スターラボの特徴

  • 3つのタイプからデザインを選択できる
  • 特別プランやフルオーダーも可能
  • ライトプラン:初期費用100,000円+月額費用9,800円~

 

失敗しないホームページ作成の3つのコツ

ここからは、外注する際に、失敗しないホームページ作成のコツを3つ解説します。

  • ホームページを作成する目的を明確にする
  • コンテンツは事前に用意する
  • 制作費用だけで判断しない

詳細について見ていきましょう。

 

①ホームページを作成する目的を明確にする

まずはホームページを作成する目的を明確にすることが欠かせません。たとえば、以下について具体的に考えて見ましょう。

  • 何のために作成するのか
  • 誰に向けたホームページなのか
  • 何が目標で、どこまでが達成とするのか

事前にイメージを具体化できていれば、依頼側と制作側のすれ違いを軽減できます。

制作側も目的やイメージが明確になっているとデザインがしやすく、さらに適切な提案までしてくれることもあるでしょう。

 

②コンテンツは事前に用意する

格安ホームページ制作会社を利用する際には、コンテンツは事前に用意しておきましょう。制作会社にコンテンツを用意・制作をお願いすることも可能ですが、追加費用が発生します。

それゆえ、ホームページ制作の費用を抑えるには、自社で対応しなければならないことがあります。制作会社の対応範囲についてもチェックしておきましょう。

 

③制作費用だけで判断しない

ホームページ作成を依頼する場合、制作費用に目がいきがちです。しかし詳細まで確認しておかないと、最終的に損をしてしまうことがあります。

たとえば、ランニングコストや修正費用、オプション費用などをチェックしておくことをおすすめします。トータルでコストパフォーマンスが高いか否かを確認しましょう。

 

ノーコード・ローコードツールを使ってホームページを自作する

ここまでホームページ作成の外注について解説しましたが、もしホームページを自作したい方は、ノーコード・ローコードツールを使用しましょう。

というのも、これらのツールは、プログラミングに関する専門知識がほとんど不要で開発を行うことができるからです。それゆえ、初心者でも開発することができます。

おすすめのツールは、以下のとおりです。

おすすめのノーコード・ローコードツール

  • Bubble
  • Adalo
  • Thunkable
  • Yappli
  • ペライチ
  • kintone
  • Appsheet
  • SPIRAL
  • intra-mart など

 

ホームページ作成を安く依頼できる制作会社まとめ

今回は、ホームページ作成を格安で依頼できる制作会社について解説しました。

ホームページ作成を格安で依頼する際には、目的を明確にし、さらにトータルコストで比較検討するようにしましょう。本記事を参考に、最適なホームページ外注先を選んでみてください。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました