【経営者向け】Xプレミアム(旧Twitter Blue)に新プラン登場!機能や料金、メリットを3分で解説 | タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント

【経営者向け】X(Twitter)プレミアムプランの機能・料金、メリットを3分で解説

Xプレミアム(旧Twitter Blue) は、米X(旧Twitter)社が提供するサブスクリプション(以下、サブスク)サービスです。2023年8月に「Twitter Blue」という名称から「Xプレミアム」へ変更され、同年10月には2種類の有料プランが新たに追加されました。

本記事では、Xプレミアム の機能や料金、メリットをまとめています。X(旧Twitter)をビジネス利用しているけれど、Xプレミアム(旧Twitter Blue) を導入するべきかどうかお悩みの経営者の方はぜひ、本記事を検討材料としてご利用ください。

Xプレミアム(旧Twitter Blue)とは?

Xプレミアムは、米国やオーストラリア、イギリスなどで開始されたX(旧Twitter)のサブスクサービスです。利用者はX(旧Twitter)アプリを独自にカスタマイズすることで、よりクリエイティブなコンテンツを作成でき、質の高い会話を見つけやすくなります。

イーロン・マスク氏はX(旧Twitter)社を買収後、Twitter Blueを世界的に展開を図っていくことを明らかにしていました。日本での導入もその一環と見られています。

2023年8月に「Twitter Blue」から「Xプレミアム」へと名称が変更され、10月27日には「ベーシック」と「Xプレミアムプラス」という2つの有料プランが追加されました

プランと料金

Xプレミアムは2023年10月より「ベーシック」と「Xプレミアムプラス」が追加され、既存の「プレミアム」と合わせて3種類の料金プランから選択できるようになりました。各プランの料金や機能を、以下の表で比較してみましょう。

  ベーシックプレミアムXプレミアムプラス
料金1年プラン3,916円10,280円20,560円
月額プラン368円980円1,960円
ポストの編集
長いポスト
投稿の取り消し
話題の記事
リーダー
動画ダウンロード
広告数半分なし
収益
2段階認証
暗号化DM
チェックマーク
身分証の確認

参考:X ヘルプセンター|Xプレミアムについて価格

登録方法

Xプレミアムへ登録するには、プロフィール画面から「…」をクリックし、「設定とサポート」を開きます。設定画面で「プレミアム」という項目が表示されるので、選択すると以下の購入画面が表れます。

「Xプレミアムプラス」の横に表示された「←」をクリックすると、「プレミアム」や「ベーシック」の購入画面が表れます。各プランの下部に表示された「サブスクライブして支払う」をクリックし、画面に従って操作すれば登録が完了します。

Xプレミアムの主な機能

Xプレミアムで利用できる機能を見てみましょう。

(1)広告収益の配分

「プレミアム」および「プレミアムプラス」の場合、X(旧Twitter)に投稿したコンテンツの返信に表示された広告のオーガニックインプレッションから発生する収益の一部を、受け取ることができます。新たな収益源になる可能性があるとして、注目されている機能です。

(2)認証マークの付与

「プレミアム」および「プレミアムプラス」の場合、青色のチェックマークが審査後に付与されます。なお、これまで青色のチェックマークが付与されていたアカウントのうち、企業向けのビジネスアカウントは金色政府機関は灰色と色分けされるようになります。

(3)ブックマークフォルダ

ブックマークに追加したポストをフォルダに分けて整理できます。常に非公開となるブックマーク、ブックマークフォルダは無制限に作成可能です。

(4)カスタムアプリアイコン

スマートフォンでのアプリアイコンを好きな色で表示できます。

(5)カスタムナビゲーション

お気に入りのコンテンツやX(旧Twitter)機能にすぐアクセスできるよう、ナビゲーションバーに表示される項目を2〜6つの範囲で選択できます。X(旧Twitter)をよく更新する人におすすめの機能です。

(6)話題の記事

フォロー中のアカウント等に最も多く共有された記事を自動的に一覧化する機能です。読みたいタイプのコンテンツを簡単に見つけられます。

(7)リーダー

長いスレッドを読みやすい表示に変換します。

(8)ポストの取り消し・編集

送信後でも設定した待機時間内であれば、X(旧Twitter)の他のアカウントに公開される前にいつでも取り消すことができます。また、30分後以内でリプライがついていなければ本文の編集や画像の添付も可能です。投稿後、すぐに誤りに気付いて修正したい場合に便利な機能といえるでしょう。

(9)会話での優先順位付け

ポストの会話上で返信が優先的に表示されます。

(10)長いポスト・長尺動画のアップロード

長いポスト機能では、最大2.5万文字のテキストをポストできるようになります。また最大3時間、最大8GBのファイルサイズ(1080p)の動画をアップロードできます(Web版およびX for iOSのみ)。無料アカウントでは最大4分と比較すると、動画を使ったコンテンツの幅が広がりそうです。

(11)広告数が半減・なし

サブスクレベルが「プレミアム」では、フォロー中およびおすすめの各タイムラインに表示される広告数が50%減少。さらに「プレミアムプラス」では、広告が表示されません広告の表示数が減ることで閲覧の快適さが向上します。

経営者がXプレミアム(旧Twitter Blue)を導入するメリット

Xプレミアム(旧Twitter Blue)そのものは一般ユーザー向けのサービスであり、ビジネス利用は前提としていません。ただし、ビジネス利用でも有用な機能があるため、積極的に活用したいものです。

メリット1. アカウント価値の向上

投稿に便利なのが、ポストの取り消し・編集機能でしょう。
投稿後にミスに気づいてしまう…。X(旧Twitter)を利用する上ではありがちなことです。

フォロワーを取り込んでいく、あるいはフォロワーに有益な情報を発信していく上で、情報の信頼度を上げるためにも誤字脱字は避けたいもの。ポストの取り消し・編集機能を上手に使うことで、アカウントの価値向上につながっていきます。

メリット2. プロモーション効果の向上

アップロードできる動画の解像度が上がり、尺も長くなります。動画を使ったプロモーション活動の幅がグッと広がるため、自社または自社製品・サービスのPRで有効活用できるでしょう。マーケティングツールとしてX(旧Twitter)を利用している方には武器となりそうです。

メリット3. 収益の向上

「プレミアム」または「プレミアムプラス」に申し込んだ場合、広告収益分配の機能を利用できます。広告収益が分配される条件として、2023年8月時点でXの公式ポストでは以下のように述べています。

収益が発生する条件をまとめると、次のとおりです。

  • 過去3ヶ月に500万インプレッションがある(以前は1,500万インプレッション)
  • Xプレミアムの「プレミアム」または「プレミアムプラス」に登録している

X(旧Twitter)で有益な発信を継続し、広告収益を得ることで新たな収入源を獲得できる可能性があります

X(旧Twitter)のビジネスアカウント運用はアウトソーシングが可能

X(旧Twitter)の投稿内容を考え、発信しつづけるのは忙しい経営者やフリーランスの方にとっては難しいものです。そこでアカウント運用をオンラインアシスタントに依頼するのも一つの方法です。タスカルでは月額2.5万円〜依頼できるので、Web広告代理店に依頼するよりも割安で、柔軟に依頼内容を変更できます。

X(旧Twitter)運用のコツも下記の記事にまとめているので、合わせてご覧ください。

【中小企業向け】SNS運用代行の料金相場、おすすめサービス11選
Facebook、Twitter、InstagramなどのSNS運用は単純作業ながらも、社内で行うと負荷が大きいです。SNS運用業務は「SNS運用代行サービス」を使って外注が可能です。この記事ではSNS運用代行の費用相場や依頼可能な業務、おすすめのSNS運用代行サービスをご紹介します。
タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
無料相談・資料ダウンロード 
タイトルとURLをコピーしました