広告レポート自動化ツールおすすめ8選|選び方や注意点を紹介 | タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント

広告レポート自動化ツールおすすめ8選|選び方や注意点を紹介

Google広告などの広告運用は、日常的にレポートを確認して効果測定しながら、予算を調整したり、施策改善を行ったりしなければいけません。しかしレポート作成に時間がかかってしまうと、分析や施策改善などにリソースを割くことが難しくなってしまいます。

そのため、広告レポート作成の手間を削減し、ルーチンワークを効率化する必要があります。

この記事では、広告レポートの作成を自動化したいと思っている担当者に向けて広告レポート作成を
自動化する方法やおすすめのツール、ツールの失敗しない選び方を紹介します。 

サービス名

料金

特徴

ATOM

月額50,000円~

レポートテンプレート数が多く、カスタマイズしやすい

Lisket

月額22,000円~

リーズナブルな価格設定、予算管理機能がある

Databeat

月額33,000円~

連携できる媒体数が多い、自由なフォーマットでデータ出力できる

Shirofune

月額広告費×5%(税抜)

広告改善施策を自動提案、入札の自動最適化

アドレポ

月額30,000円~

レポートテンプレートが豊富

glu

月額30,000円~

データの自動収集機能がある、サポート体制が手厚い

Roboma

月額30,000円~

ダッシュボードを共有できる

ADRAS

月額54,780円

広告代理店向けの機能が豊富

広告レポートを自動化する方法

広告レポートを自動で作成する方法を3つあげて解説します。

Google 広告スクリプト

Google広告のレポート作成を自動化したいときに活用すべきなのが「Google 広告スクリプト」です。

一般的にレポート作成は、管理画面にログインしてレポートをダウンロードし、レポート用のファイルに出力したデータを貼り付けて反映しなければいけません。Google 広告スクリプトを事前に設定しておけば自動でデータを取得してデータを反映できます。

Google 広告スクリプトを利用する場合は、管理画面の「ツール」から「スクリプト」を選択し、編集して設定する必要があります。

一度設定しておけば、日別データなどを自動で取得して設定したファイルにデータを反映することが可能です。ただし、複数の媒体に出稿している場合は、一括でデータをまとめられないため、媒体ごとにデータを別途管理する手間がかかるでしょう。

Looker Studio(旧Googleデータポータル)

Looker Studio(旧Googleデータポータル)は、Googleが無料で提供しているBIツールです。Google広告への出稿に限られているのであれば、Looker Studioでレポート作成の自動化が実現できます。

Looker Studioは、Google広告のほかにGoogle アナリティクスやGoogle サーチコンソールなどと連携できるので、Googleに関するデータをリアルタイムに一括で管理することが可能です。

詳しい設定方法は、公式サイトでご確認ください。

広告レポート自動化ツール

Google広告やYahoo!広告、SNS広告などさまざまな媒体に出稿している場合は、広告レポート自動化ツールを導入するのが有効です。

複数媒体のデータを一括で管理できるので、媒体ごとに管理画面にログインしてデータを出力する手間を大幅に削減できます。

さらにツールによってはレポートのテンプレートや分析、予算管理などの機能があるため、広告の効果や生産性の向上が見込めるでしょう。

広告レポート自動化ツールの選び方

広告レポート自動化ツールの導入を検討するときに、どのような点を比較してツールを選べばいいのでしょうか。自社に最適なツールを選ぶときにチェックしておきたいのが、以下のポイントです。

  • 出稿している広告媒体と連携できるか
  • 分析に必要なデータを表示できるか
  • データの出力や共有する機能があるか
  • 予算管理ができるか

まずは、出稿している媒体と連携しているかを確認しておきましょう。現在出稿している媒体だけではなく、今後出稿する可能性がある媒体とも連携しているかも確認しておくとツールの乗り換えを防げます。

リスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告など出稿している広告の種類が多岐に渡る場合は、幅広い広告を一括管理できるツールを選ぶのが適しています。

また「効果測定や改善施策までに手が回らない」「複数媒体の予算管理に時間がかかりすぎている」など、広告レポート作成のどの作業で時間がかかっているのか、広告運用における課題から適切なツールを探していくのも一つの方法です。

自社の課題解決に必要な機能や、出力したいデータなどを洗い出し、ツールを選定します。

例えばリスティング広告のキーワードごとに細かく分析したいときは、分析機能が豊富なツールを選ぶのが最適です。一方、他社の広告運用をしている場合は、予算管理やデータを共有しやすい機能があるツールを導入するとよいでしょう。

おすすめの広告レポート自動化ツール8選

広告レポートを自動化したいときに、おすすめのツールを8つ厳選して紹介します。広告レポート自動化ツールの導入を検討する際に、お役立てください。

ATOM

引用元:ATOM

サービス名

ATOM

料金

月額50,000円~
※2週間の無料お試しあり

連携できる媒体

Google、Yahoo!、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)、LINE、SmartNews、Indeed、Criteo、Microsoft、Amazon、Logicadなど

特徴

  • レポートのテンプレート数が多く、カスタマイズしやすい
  • 作成したレポートを自動でメール送付できる

ATOMは、業界シェア率がトップクラスの広告レポート自動化ツールです。レポートのテンプレートが150種類以上あり、自由にカスタマイズできます。

作成したレポートは日時や曜日を指定して、メールで送信することができるため、データの共有もかんたんに対応可能です。そのほかにも、ExcelやGoogleスプレッドシート、BigQuery、Looker Studioでのデータ出力ができます。

必要なデータを選んでレポートを作成したい方に適したツールです。

Lisket

引用元:Lisket

サービス名

Lisket

料金

  • 月額22,000円/100アカウントまで
  • 月額44,000円/200アカウントまで
    ※2週間の無料お試しあり

連携できる媒体

Google、Yahoo!、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)、LINE、YouTube、Microsoft、SmartNews

特徴

  • Excel形式でレポートを出力できる
  • 予算管理機能がある

Lisketはリスティング広告とSNS広告のレポート作成に対応していて、他のツールと比較して安価で導入できるツールです。

月額2万円からとリーズナブルな価格設定ですが、Excelでのレポート作成や予算管理機能を備えています初めてツールを導入する場合に、おすすめです

Databeat

引用元:Databeat

サービス名

Databeat

料金

月額33,000円~

連携できる媒体

Google、Yahoo!、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)、YouTube、SmartNews、Gunosy、Indeed、Taboola、Outbrain、Criteo、Microsoft、Apple Search Adsなど

特徴

  • 連携できる広告媒体数が多い
  • 自由なフォーマットでデータを出力できる

Databeatは、Google広告やYahoo!広告はもちろん、SNS広告やディスプレイ広告、アフィリエイト広告まで幅広く網羅しているツールです。

連携している広告媒体数が多く、レポートの無料テンプレートも利用できます

データの抽出からレポートの作成までの一連の業務フローを自動化することが可能です。導入すれば大幅な業務効率化を図れるでしょう。

Shirofune

引用元:Shirofune

サービス名

Shirofune

料金

  • セルフプラン:月額広告費×5%(税抜)
  • サポートプラン:月額広告費×5%(税抜)+月額110,000円

連携できる媒体

Google、Yahoo!、Facebook、Instagram、X(旧Twitter)、LINE

特徴

  • 広告改善施策を自動で提案してくれる
  • キーワードやターゲティングごとに入札を自動で最適化

Shirofuneは、レポート作成はもちろん、予算管理やコストの最適化も自動化できる多機能なツールです。

また効果的なキーワードの提案機能も付いており、広告運用の初心者に最適です。広告施策の改善案の自動提案や、報告用レポートの自動作成機能などマーケティングに特化した機能を多く搭載しています。

無料トライアル期間が2ヶ月と長いため、他のツールに比べて、じっくり試し、操作性を確かめたうえで申し込むことができます。

アドレポ

引用元:アドレポ

サービス名

アドレポ

料金

月額30,000円~

連携できる媒体

Google、Yahoo!、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)、YouTube、SmartNews、Outbrain、Criteo、Microsoft、Logicadなど

特徴

  • レポートのテンプレートが豊富
  • オプションで毎月改善アドバイスがもらえるスマート考察機能あり

アドレポは、20社以上の広告媒体との連携できるツールです。クライアントが多数にのぼる運用担当者には適したツールと言えます。

広告レポートのカスタマイズ性も高く、自由にレポート作成を行うことができます。 アドレポの特徴的は、データ分析や運用改善の提案も自動出力できることです。 レポート作成はもちろん改善提案まで自動化できます。

glu

引用元:glu

サービス名

glu

料金

月額30,000円~

連携できる媒体

Google、Yahoo!、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)、LINE、Indeed、SmartNews、Criteo、Microsoft、Logicadなど

特徴

  • データを自動収集する機能がある
  • サポート体制が手厚い

gluの特徴は、Google アナリティクスやGoogle データポータル、その他のBIツールなど連携できるツールの種類が多いことです

収集したデータを他のツールと連携して分析を実施できるので、BIツールとgluを併用すればレポート作成はほぼ自動化できます。

サポート体制が充実しており、導入前・導入初期・導入後の3回に分けて担当者からサポートを受けられます。手厚いサポート体制があるため、ツールをはじめて導入する企業におすすめです。

Roboma

引用元:Roboma (ロボマ)

サービス名

Roboma

料金

月額30,000円~

連携できる媒体

Google、Yahoo!、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)、LINE、Taboola、Outbrain、Criteo、Apple Search Ads

特徴

  • さまざまな種類の広告を一括管理可能
  • ダッシュボードの共有が可能

Robomaは、主要な広告プラットフォームと連携できるツールです。リスティング広告に限らず、ディスプレイ広告やSNS広告などの運用をしている企業に向いています。

各媒体やプラットフォームからデータをダウンロードしてデータを反映させる手間がなく、業務効率化にもつながります。ダッシュボードを共有できるので、複数人で運用したいときにも最適です。

クリエイティブ別のレポートや、CPAの異常値を検知するアラート機能など、マーケティングに必要な機能が揃っています。

ADRAS

引用元:ADRAS

サービス名

ADRAS

料金

月額54,780円

連携できる媒体

Google、Yahoo!、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)、SmartNews、Gunosy、Ameba、Taboola、Outbrain、Criteo、docomo Ad Networkなど

特徴

  • 広告主別、案件別、媒体別、キャンペーン別でレポートを作成できる
  • 広告代理店向けの機能が豊富

ADRASは、広告代理店の運用業務に欠かせないレポート機能が豊富です。

広告主別、案件別、媒体別、キャンペーン別でレポートを作成できるため、レポート作成の工数を削減できます。

広告運用に関するデータをひとつのツールで管理して、レポート作成の手間を減らしたい担当者におすすめです。

広告レポート自動化ツールを導入するときの注意点

広告レポート自動化ツールを導入するときに注意しておきたいのが、以下の3点です。

  • 操作に慣れるまでに時間がかかる
  • 定期的に運用を見直す必要がある
  • 費用対効果が見合っているか

ツールには分析や予算管理などの機能を搭載している場合もありますが、ツールに丸投げするのではなく、定期的に体制を見直し、適した方法で運用できるかを確認しましょう。

またさまざまな機能が搭載されているツールを選んだとしても使いこなせなければ、費用対効果が見合わない恐れもあります。必要な機能に絞り、費用をおさえるのもひとつです。

広告レポート自動化ツールを導入することで、これまで作業に要していた時間を短縮できます。しかし、ツールの操作に慣れるまでには時間がかかってしまいます。

複数人でツールを運用する場合は、マニュアル作成するなどチーム体制を整えることも必要です。

広告レポート作成をオンラインアシスタントに依頼して外注できる

広告レポートの作成は、ツールを使って自動化するほかに、オンラインアシスタントに依頼して効率化を図ることもできます

広告レポート自動化ツールでは、表示できるデータや出力形式が限定されることが多いですが、オンラインアシスタントに外注する場合、自社に必要なデータを出してレポート化してもらうといったカスタマイズが可能です。自社に適した広告レポートを作成できる点が、大きなメリットといえます。

また、外注することで作業に要していた時間や、ツールの使い方を覚える時間を削減できます。

ツールはレポート作成の手間をなくし、作業を効率化できますが、導入時に使い方を覚えなければいけません。ツールは使いこなせるようになるまでに時間がかかってしまいますが、ンラインアシスタントに外注する場合は、ディレクターに作業内容を伝えるだけなので作業時間を大幅短縮できるわけです

広告レポート作成の自動化を検討する際に、ツールとあわせて選択肢のひとつとしてオンラインアシスタントへの外注も検討してみるとよいでしょう。

実際に、オンラインアシスタントを活用して広告レポート作成を外注化している事例をしていますので、こちらの記事もぜひご覧ください。

複雑な広告レポート業務を外注化しROI300%を実現|株式会社FREEDiVE(デジタルマーケティング支援)
「クライアントファーストを至上命題とするマーケティング企業」として広告運用事業を展開する株式会社FREEDiVE様。 創業期からの完全内製型モデルから、一部をアウトソーシングに切り替え、約3年間タスカルを利用されて業務効率化を実現していま...

広告レポートの作成は自動化や外注で効率化を図ろう

自社に合ったツールやサービスを見つけることができれば、レポート作成にかけていた時間を大幅に短縮することが可能です。

さらに広告レポート作成の業務効率化を図ることで、広告運用全体の生産性向上にもつながります。

レポート作成の外注化を検討しているときは、オンラインアシスタントサービスの「タスカル」がおすすめです。タスカルは、月額2.5万円から依頼でき、レポート作成以外の広告運用業務を外注することもできます。

広告レポート業務を委託している企業様のインタビューも紹介していますので、是非ご覧ください。

Web広告のレポート作成工数を削減し、ルーティン業務比率を20%以下に|株式会社CFPコンサルティング
なぜタスカルを利用しているのか、どんな効果を感じているのかをインタビューでお聞きしました。
タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
無料相談・資料ダウンロード 
タイトルとURLをコピーしました