3分でわかるYouTube企業チャンネル運用方法&格安代行サービス

近年、YouTube上で企業チャンネルを目にする機会が増えてきました。

「自社でも企業チャンネルを始めた方がよいのだろうか」
「YouTube運用を通して、具体的にどのようにメリットが得られるか知りたい」

このように、実際に運用を考えている経営者や責任者の方も多いのではないでしょうか。

本記事では、YouTubeで企業チャンネルを開設・運用することで得られる5つのメリットを解説します。デメリットや成功事例も紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

※タスカルではYouTube動画編集の量産実績があります。自社の動画編集を外注できるか、費用はどのくらいになるか確認したい場合は、画面右上の「問い合わせ」ボタンからお問い合わせください。

YouTubeで企業チャンネルを運用する5つのメリット

YouTubeは、動画共有プラットフォームとして、他のメディアやSNSとは異なる特長を持っています。

うまく活用すれば、新規顧客の獲得や認知の拡大、企業のファン育成など、さまざまなメリットを得られるでしょう。主なメリットは以下の5つです。

  • メリット①幅広い層へアプローチできる
  • メリット②検索結果からの流入が見込める
  • メリット③商品やサービスへの理解を深められる
  • メリット④企業のファンを獲得・育成することができる
  • メリット⑤他のメディアへ誘導できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット①幅広い層へアプローチできる

YouTubeは、性別問わず幅広い世代に利用されています。

若者層が利用しているイメージがあるかもしれません。しかし、「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>」によると、10〜40代で90%以上、50代で80%以上、60代でも70%近い利用率となっています。

そのため、他のSNSではリーチしづらい層をターゲットとしている場合や、幅広い層にアプローチしたい場合に有効です

画像引用:令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>

メリット②検索結果からの流入が見込める

Googleで検索した際、YouTube動画が並んでいるのを見た経験はありませんか。特にレシピや使い方などのハウツーを知りたい場合は、動画だと理解しやすいこともあり、表示されることが増えています。

つまり、動画を投稿することで、YouTubeの検索結果に限らず、Googleの検索結果からも流入が見込めるのです

メリット③商品やサービスへの理解を深められる

テキストや画像だけでは、なかなか魅力や使い方を伝えづらい商品やサービスもあります。動画を使うことで声や音楽、動きが加わり、格段に伝わりやすくなります

動画は情報量も多く、視覚的に訴えるため、視聴者の印象にも残りやすいでしょう。

メリット④企業のファンを獲得・育成することができる

YouTubeには「チャンネル登録」という機能が備わっています。登録したチャンネルが新しい動画をアップロードすると、ユーザーに通知される仕組みです。

自社の企業チャンネルを気に入ったユーザーが登録することで、接触回数を増やすことが可能です。

さらに、ユーザーのコメントに対して返信をしたり、「ハート」をつけたりすることもできます。双方向のコミュニケーションが可能なため、企業のファン育成につながります

メリット⑤他のメディアへ誘導できる

動画の概要欄にURLを貼れば、企業サイトやSNS、ランディングページなど、他のメディアにも誘導することが可能です。

YouTubeで企業チャンネルを運用する3つのデメリット

さまざまなメリットがある一方、デメリットも存在します。
YouTubeで企業チャンネルを始める前に、主要な3つを確認しておきましょう。

  • デメリット①制作や運用にコストがかかる
  • デメリット②チャンネルを伸ばすノウハウが必要
  • デメリット③成果が出るまでに時間がかかる

デメリット①制作や運用にコストがかかる

YouTubeでは、企業チャンネルの開設や動画の投稿、データの確認などを無料で行うことができます。しかし、動画を制作して企業チャンネルを運用するためには、以下のように多くの作業が存在します。

  • 企画立案
  • 動画撮影
  • 動画編集
  • アップロード
  • チャンネル解析

動画によっては、撮影機材の準備や台本の制作、演者の確保、撮影場所の手配なども必要になるかもしれません。

そのため、InstagramやTwitterといった他のSNSよりも、人件費や制作費、時間という3つのコストがかかることを理解しておきましょう

デメリット②企業チャンネルを伸ばすノウハウが必要

さまざまなメリットがあるYouTubeに参入する企業は増えており、以前に比べ競争率が非常に高くなっています。

そのため企業チャンネルを伸ばすには、ノウハウを持った人材が欠かせません。社内で確保できない場合は、ノウハウを持つ制作会社やコンサルタントに依頼するのも1つの手です。

デメリット③成果が出るまでに時間がかかる

動画を数本投稿しただけでは、前述したようなメリットを得ることはできません。

成果がでるまでに早くても1年はかかると言われているため、継続的な運用体制を整えられるか考えてみましょう

YouTubeにおける企業チャンネルの作り方

YouTubeでは、簡単に企業チャンネルを作ることができます。
作り方は個人チャンネルとほとんど同じですが、いくつか気を付けるべき点があります。

手順①Googleアカウントを取得する

まずは、企業用のGoogleアカウントを取得しましょう。
すでにお持ちの場合は、そちらを使うことができます。

手順②企業チャンネルを開設する

取得したGoogleアカウントでYouTubeにログインしましょう。「設定」>「アカウント」へ進み、「チャンネルを作成する」で開設します。

特別な企画でない限り、チャンネル名は分かりやすいよう、企業名にしましょう。

手順③企業チャンネルを設定する

チャンネルができたら、詳細設定をしましょう。

「YouTube Studio」>「カスタマイズ」へ進むと、「ブランディング」でアイコンやバナー画像を設定することができます。アイコンには企業のロゴを使用しましょう。

また、「基本情報」で自社のチャンネルに関する説明文を記載することができます。企業サイトやSNSのURLを貼っておけば、誘導することも可能です。

YouTubeで企業チャンネルを運用するポイント

YouTubeで企業チャンネルを運用するにあたって、意識すべきポイントを3つ紹介します。

チャンネルのコンセプトを明確にする

事前に、チャンネルのコンセプトを明確にしておきましょう。一貫性のないチャンネルは登録されにくい傾向にあります。

どのようなユーザーに、どのようなコンテンツを届けるのか、を企画段階で決めておきましょう。

もしも、ターゲットの異なる複数ブランドを展開しており、チャンネルの内容がどうしてもブレる場合は、ブランドアカウントを利用するのも1つの手です。ブランドアカウントを使えば、複数のチャンネルを運営することが可能です。

商品・サービスのPRは控えめに

「企業チャンネルを作ったからには、商品やサービスをたくさん紹介したい!」と思うかもしれません。

しかし、営業色の強いチャンネルはあまりユーザーに好まれないため、チャンネル登録数が伸びない傾向にあります。

「ユーザーに見てもらいたいコンテンツ」ではなく、「ユーザーが見たいコンテンツ」を作ることがポイントです

投稿した動画は必ずYouTubeアナリティクスで分析

さまざまな作業を経て完成した動画は、投稿して終わりにするのではなく、必ず分析するようにしましょう。

YouTubeアナリティクスを使えば、サムネイルのクリック率や視聴回数、平均視聴時間など、さまざまな指標を確認できます。

人気の高いコンテンツは何がよかったのか、人気の低いコンテンツは何が悪かったのかを分析することで、成功パターンを導き出しましょう。

ノウハウが蓄積でき、より良いコンテンツづくりに生かすことができます。

YouTube企業チャンネルの成功事例4選

YouTubeをうまく活用している企業チャンネルの事例を4つ紹介します。
自社で取り入れられそうなものがあれば、ぜひ参考にしてください。

【BtoC】RIZAP(ライザップ)公式チャンネル

画像引用:RIZAP(ライザップ)公式チャンネル

パーソナルトレーニングジムRIZAP(ライザップ)の公式チャンネルです。2023年2月時点で、チャンネル登録者数は18.7万人です。

ジムの紹介だけでなく、自宅でできるトレーニングやストレッチなどを紹介しています。ユーザーのニーズにあった動画を配信している成功事例です。

【BtoC】葬儀葬式ch有限会社佐藤葬祭

画像引用:葬儀葬式ch有限会社佐藤葬祭

佐藤葬祭の代表が、葬儀にまつわる知識を発信しているチャンネルです。2023年2月時点で、チャンネル登録者数は9.18万人です。

なかなか聞きづらい葬儀に関する疑問に回答しており、業種・業界に限らずアイデア次第でチャンネルを伸ばせることを証明している事例です。また、継続的な発信で視聴者との接点を持つことで、信頼獲得にもつながっています。

【BtoB】セールスフォース・ジャパン

画像引用:セールスフォース・ジャパン

MAツールの最大手であるSalesforceが運用している企業チャンネルです。2023年2月時点で、チャンネル登録者数は1.12万人です。

自社サービスを有効に使う方法や機能を解説しています。また、実際に活用している企業の事例も紹介しています。導入を検討している企業の不安や疑問を取り除くことで、新規顧客の獲得を実現する好例です。

【BtoB】freee(フリー)【公式】

画像引用:freee(フリー)【公式】

クラウド会計ソフトfreee会計の企業チャンネルです。2023年2月時点で、チャンネル登録者数は2.31万人です。

面倒で難しいイメージのある確定申告に関する情報を、動画で分かりやすく解説しています。自社サービスの活用例に関する動画も投稿しているため、新規顧客の獲得に加え、既存顧客の継続的な利用を促す効果もあるでしょう。

メリット/デメリットを考慮してYouTubeの企業アカウントを開設・運営しよう

YouTubeの企業チャンネルは、軌道に乗れば多くのメリットを得ることができます。一方で、成功させるにはリソースの確保が欠かせません。

今回ご紹介したメリット/デメリットを検討材料としてご利用ください。

なお、開始する場合は、参入企業が増えている背景や時間もかかることもふまえて、できるだけ早く着手することをおすすめしています。

オンラインアシスタントサービス『タスカル』では、月額2.5万円からお仕事をサポートするプランを用意しています。無料相談ができるため、リソース不足がネックになっている場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました