決済代行会社とは?役割とメリット、おススメのサービスを解説!

オンラインショップはもちろん実店舗でも、決済方法の選択肢が多い方が消費者には歓迎されます。利便性向上のためにも決済手段はなるべく増やしたいところです。しかし、事業者にとって多様な決済方法の導入は手続きやシステム管理の点で大きな負担となります。そんなときに活用したいのが決済代行会社です。決済代行会社を利用すれば決済手段に関する煩わしい業務の代行を一括して依頼できます。

この記事では決済代行会社について、役割やメリット・デメリットなどの基本的な知識を説明し、おススメのサービスも紹介します。また、サービス選定のポイントも取り上げます。この記事が、自社に最適の決済代行会社を探す際のヒントになれば幸いです。

1、決済代行会社とは?

決済代行会社とは、事業会社と決済会社の間に入って、クレジットカード決済やQRコード決済、電子マネー決済などのオンライン決済を一括で代行する会社です。

本来は事業者が決済会社と直接に契約を結んで決済管理を行います。しかし、これでは事業者の業務が煩雑となってしまいます。決済代行会社はこれらの業務を代行することで事業者の業務負担を軽減します。

2、決済代行会社の役割

【役割①】契約手続きの代行

決済代行会社は、決済会社との契約を全て代行します。もちろん会社によっては簡単な契約手続きを行えばよいケースもあります。しかし、お金のやり取りを管理するだけに厳格な契約手続きが求められることも少なくないです。また、決済会社が海外の事業者であることも多く、その場合は契約手続きも英語となります。

決済代行会社を活用すれば、これらの契約手続きを全て代行します。事業者のやるべきことは、希望する決済方法を伝えて、契約手続きの代行を依頼するだけです。

【役割②】決済システムの一本化

複数の決済方法を利用していると、それぞれの決済方法に応じて別の決済会社とやり取りしなければなりません。しかし、決済代行会社を利用すると、決済システムが一本化されます。決済代行会社の提供するシステムだけを利用すればよいので決済管理もシンプルになります。

【役割③】決済管理の代行

通常はクレジットカードやスマホ決済、電子マネーなど決済方法ごとに入出金を別々に管理します。しかし、決済代行会社を利用すれば一括して決済管理を代行します。売上金をまとめて管理するので収支の確認もスムーズに行えます。

3、決済代行会社を利用するメリット

【メリット①】決済管理の一元化

決済代行会社を利用しないと、個別に決済業務を行わなければなりません。事業者にとって大きな負担となります。例えば、VisaやJCBなどのクレジットカード会社と契約する場合、それぞれのクレジットカード会社と個別に手続きを行わなければなりません。

決済代行会社を利用すると、決済に必要な手続きをまとめて行えます。決済代行会社に手続きを依頼すれば全てを代行してもらえるのです。 決済管理の一元化は業務の大幅な効率化となります。

【メリット②】代金回収・管理の効率化

近年は決済方法が多種多様となっており、決済管理も複雑さを増しています。また、企業間取引は掛売りでの取引が多く、後日に売掛金の回収を行わなければなりません。自社で決済関連業務を全て行うのは大きな負担です。決済代行会社を利用すれば、支払管理はもちろん請求から売掛金の回収までも代行可能です。

4、決済代行会社を利用するデメリット

【デメリット①】手数料の負担増

決済代行サービスを利用すると、1回の決済ごとに手数料がかかります。1件当たりの手数料は大きなものではありません。しかし、小さな支出も積もり積もって大きな負担となります。手数料というコストの増加に見合った決済代行会社を選ばなければなりません。

【デメリット②】個人情報漏洩のリスク

決済情報は重大な個人情報です。万一、流出してしまった場合、会社の信用問題に発展しかねません。情報漏洩に一定の備えがされているとはいえ、リスクが皆無というわけではありません。特に、海外サービスでは予期しない情報漏洩のリスクが常につきまとうでしょう。

5、決済代行会社を選ぶ際のポイント

【ポイント①】対応可能な決済方法の種類

決済代行会社を利用する場合、対応可能な決済方法はサービスごとに異なります。自社で使っている決済方法に対応しているか確認する必要があります。顧客や商材によって適切な決済方法も異なります。決済方法は売り上げにも影響を及ぼします。自社にとって最適な決済方法は何かを見極めて、それに合った決済代行会社を選ぶべきです。

【ポイント②】コスト

決済代行会社を利用する際、コストという点でポイントになるのは決済手数料です。決済の回数に応じて増え、総支払額に対して大きく影響するからです。各決済代行会社の料金を比較する際は、特に注意して決済手数料を確認してください。

【ポイント③】セキュリティ

決済代行会社を選ぶ際、その会社のシステムが強固なセキュリティを備えているかどうかもポイントとなります。具体的には「プライバシーマーク」や「ISMS認証」、国際基準「PCI DSS」などを取得しているかどうかは重要です。

【ポイント④】システムの仕様

決済代行会社も、システムの仕様によって得意、不得意があります。大別すると、BtoB向け決済代行か、BtoC向けの決済代行かに分かれます。BtoB向けであれば決済の代行だけでなく企業間取引の請求代行を行うこともあります。一方、BtoC向けであればユーザーによる決済を販売店に代わって行います。自社のサービス内容に応じて決済代行会社の得意分野に応じて選択してください。

【ポイント⑤】入金フロー

商品が売れてから売上金が入金されるまで、平均30日程度かかります。 入金までの期間は会社によって多少異なりますが、タイムラグは必ず生じます。自社の資金繰りが厳しい場合、入金までの期間に資金がショートするリスクもあります。このため、入金フローは事前に確認すべきポイントといえます。

6、おすすめの決済代行会社・サービス7選

サービス名決済手数料対応決済システムの仕様
SBペイメントサービス

 3.15% ~3.45%

クレジット/コンビニ/銀行振込/電子マネー/QRコード/後払決済BtoC向き
Stripe 2.9%クレジット/銀行振込/電子マネーBtoC向き
PayPal3.6%クレジット/銀行振込BtoC向き
マネーフォワード ケッサイ0.5~3.6%クレジット/コンビニ/銀行振込/QRコードBtoB向き
ROBOT PAYMENT2.65%~クレジット/コンビニ/銀行振込/電子マネー/QRコードBtoB向き

GMOペイメントゲートウェイ

3.5%クレジット/コンビニ/ID/電子マネー/代引決済BtoC向き
Airペイ3.24%~3.74%クレジット/コンビニ/銀行振込/電子マネー/QRコードBtoC向き

 

(1)SBペイメントサービス 

ソフトバンクグループの提供する決済代行サービスです。幅広い決済サービスに対応しています。クレジットカードやオンライン決済をはじめ電子マネーやプリペイドカードなども利用可能で、事業者のニーズに合わせて選択できます。

公式サイト

(2)Stripe 

EC 事業者向けに、決済代行に加えて請求書管理も行うサービスです。海外サービスであり、135以上の通貨の決済に対応します。セキュリティ面でも優れています。具体的にはAI が機会学習してカードの不正利用を未然に防ぎます。海外展開を考える場合は特に利用したいサービスです。

公式サイト

(3)PayPal 

PayPalの特徴は、世界各国で幅広く使用されていて、海外の主要な決済方法に対応していることです。海外展開を考えている事業者にとっては利用する価値が大きいです。入金サイクルが早く、銀行口座からの支払いもできます。また、申し込み手続きの手軽さも特徴です。アカウント開設、本人確認、決済サービスの選択という3ステップで完了となります。

公式サイト

(4)マネーフォワード ケッサイ 

BtoB取引での決済の代行に強みがあります。与信審査も迅速で手軽にサービスを利用できます。幅広い決済方法に対応しています。クレジットカード決済やコンビニ決済、QR決済など幅広く対応しており、ユーザーのニーズにマッチしたサービスを提供します。また、企業間取引の後払い請求業務にも対応可能です。

公式サイト

(5)ROBOT PAYMENT 

サブスクリプションの決済管理に適したサービスです。継続課金の支払いに特化しています。カード決済から最新のID決済まで対応可能です。不正利用に対するセキュリティも充実しています。 また、顧客管理機能も備えており、請求管理業務をトータルでカバーします。

公式サイト

(6)GMOペイメントゲートウェイ 

GMOグループの提供する決済代行サービスです。クレジットカード決済やオンライン決済、コンビニ決済など幅広い決済方法を提供しています。また、サポート体制も充実しており、電話による窓口対応は年中無休です。

公式サイト

(7)Airペイ

業界最安値水準の利用料です。導入も手軽に行え、端末とカードリーダーがあればすぐに利用できます。クレジットカードや電子マネー、QRコード決済に対応します。また、高速のデータ処理に対応しており、 待ち時間なく利用できます。 メンテナンスによるサービス停止も最小限です。

公式サイト

7、まとめ

決済代行会社を活用すれば、1社と契約するだけで、様々な決済サービスを利用できるようになります。ユーザーが購入を決める際にはどのような決済方法があるかも大きく影響します。商品が売れるかどうかを決める最後のひと押しは、決済手段のバリエーションと言っても過言ではありません。

そうだとすれば、決済代行会社を利用して、多様な決済方法に対応するのがよいでしょう。ユーザーの利便性向上は売上拡大に直結します。決済代行会社の活用を通じて業務改善・事業の拡大につなげてください。

 

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました