【個人事業主向け】オンライン教室の開き方の基礎を解説!運営サポートのサービスも紹介

オンライン教室とは、インターネットなどを介して遠隔形式で行われる学習教室のことです。昨今ではコロナ禍の影響もあり、オンライン教室の数が増加しています。

とはいえ「オンライン教室を始めるのはどうしたらいいの?」「オンライン教室の作り方は?」など、疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では、ステップ式でオンライン教室の作り方・開き方について解説します。オンライン教室の開業を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン教室の開き方のステップ

オンライン教室を始めるなら、次のようなステップを踏むことをおすすめします。

オンライン教室の開き方のステップ

  1. 目的・ターゲット・ルールを明確にする
  2. 使用するツールやサイトを決める・構築する
  3. 集客してオンライン教室を始める

各ステップごとに詳細を確認していきましょう。

 

ステップ①:目的・ターゲット・ルールを明確にする

オンライン教室を開講するなら、開講する目的やターゲット、ルールを具体化にすることが重要です。

たとえば、以下について検討してみましょう。

  • 何のために
  • どのような人に
  • 何(商品やサービス)を
  • どのような形で提供するのか

ターゲットを明確にすると、ユーザーの満足度が向上しやすくなります。満足度が高まれば、口コミによる宣伝効果で、さらなる集客が期待できます。

またオンライン教室のルールを決めておくことで、運用開始後のトラブル回避につながります。

このステップをきちんと踏んでおくことで、うまく集客できない、あるいは運用が回らないなどの事態を防げます。じっくり時間をかけて検討し、必要に応じて改善していきましょう。

 

ステップ②:機材・ツール・サイトを準備する

次に機材やツールの準備に取り掛かります。

たとえばオンライン教室用のアプリやマイク、ヘッドホン、カメラ付きPCまたはスマートフォン、インターネット環境などは最低限必要でしょう。

一般的にオンライン教室では、以下のようなアプリ・ツールが使用されています。

無料で利用できるツール・アプリ

  • YouTube
  • Zoom
  • Skype
  • LINE 
  • Google Meet など

ライブ配信機能があることを前提に、多くの方が手に取りやすいツールを選ぶと良いでしょう。その際、オンライン教室のユーザー層も考慮することが大切です。

さらに、ユーザーを募集するためのWebサイトやプラットフォームも必要です。自分で構築するか、サイト制作を外注するかのいずれかの方法があります。構築する際には、サイトにどのような機能が必要となるか事前に考えておきましょう。

 

ステップ③:集客してオンライン教室を始める

準備が整ったら、集客を行いオンライン教室を開始します。一般的な集客の方法としては、以下のとおりです。

  • SEO
  • Web広告
  • SNS広告
  • DM(ダイレクトメール)
  • メルマガ(メールマガジン)
  • YouTube広告 など

広告を利用する際には、セグメントを行い、適切なターゲットに訴求できるようにしましょう。また事前体験会なども開いておくと、集客につなげやすくなります。

 

オンライン教室開講に必要なもの

オンライン教室を開く際には、機材や道具などの準備も必要です。

オンライン教室開講にあたり必要なもの

  • カメラ付きPC・タブレット
  • ネット環境・WiFiルーター
  • ヘッドホン・イヤホン
  • マイク・ヘッドセット
  • オンライン教室用ツール・アプリ
  • 教材
  • 照明機材(必要に応じて)
  • 講師(必要に応じて)
  • ホワイトボード・マーカー(必要に応じて)
  • 予約決済システム(必要に応じて)

スタート時は、必要最小限の機材を揃えて、シンプルにオンライン教室を始めることをおすすめします。

経費を安く抑えられるだけでなく、オンライン教室を始めることで何が必要なのか最適なのかを適切に判断できることが多いからです。

 

オンライン教室を開く際の注意点

ここからはオンライン教室を始める際の注意点を解説します。

  1. 接続不良の場合の対応方法を検討しておく
  2. 集金方法を考えておく
  3. 開業届の提出・開業資金の用意をしておく

各注意点について詳しく見ていきましょう。

 

注意点①接続不良の場合の対応方法を検討しておく

オンライン教室で生じやすいトラブルは、接続不良などによってレッスンが中断することです。場合によっては再開できないケースもあるでしょう。

そのような切断時にレッスン料は返金するのか、次回のレッスンに繰り越すのかなど明確にしておくことで、ユーザーも安心して参加しやすくなります。

 

注意点②集金方法を考えておく

対面のリアルなお教室とは異なり、オンライン教室では月謝やレッスン料を直接受け取ることができません。それゆえ集金方法を事前に検討しておく必要があります。

一般的には、以下の集金方法が利用されています。

  • 銀行振込
  • クレジットカード決済
  • 郵便振替
  • モバイル決済(バーコード決済・QRコード決済)
  • コンビニ払い など

人気が高いのは、クレジットカード決済やモバイル決済です。オンライン教室のユーザー層なども考慮しながら、最適な集金方法を選びましょう。

ちなみに予約決済システムを利用すると、利用料が発生しますが、会員情報の管理だけでなく、予約と決済の両方にも対応できるため便利です。

 

注意点③開業届の提出・開業資金の用意をしておく

個人事業主として、あるいは副業としてオンライン教室を開業するなら、所轄税務署に開業届の提出が必要です。開業届は、開業してから1ヶ月以内に提出しなければなりません。

またオンライン教室を始めたからと言って、すぐに軌道に乗るとは限りません。初期費用も多かれ少なかれ発生します。そのため事前に資金を十分に確保しておくことをおすすめします。

 

オンライン教室の運用サポートならタスカルを

今回は、オンライン教室の作り方・開き方を解説しました。オンライン教室を開くと、マンパワーが足りない・知識が無いといった理由で、運用がうまく回らないということもあるでしょう。そのようなときはタスカルのご利用を検討してみてください。

オンラインコーチングスクールを運営している方への導入インタビューもぜひご覧ください。

言語化しにくい講座資料のデザイン業務もスムーズに外注。心理的なストレスも軽減できた|小林しおり様
ヘルスケア関連の起業をサポートするヘルスケア起業コーチの小林しおり様。 個人事業主に外注した経験もある中、なぜタスカルへの依頼を決めたのか。最も強みだと感じている部分はどこか。 小林様にお話を聞きました。 マンパワーが限界。コア業務に...

 

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました