Webデザイン制作の外注まとめ|依頼方法・費用相場・おすすめの外注先3選 | タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント

Webデザイン制作の外注まとめ|依頼方法・費用相場・おすすめの外注先3選

Webサイトのデザイン制作をコストを抑えて依頼するしたいとき、Web制作会社、フリーランスのどちらに依頼するか迷う方も多いのではないでしょうか。Webデザインの外注先を選ぶには、外注費用の相場や依頼方法を理解しておくことが大切です。

今回の記事では、Webデザインサイト制作を外注する方法や費用相場、おすすめの外注先を紹介します。

本記事を読めばWebサイト制作の費用相場がわかり、どれくらいの予算を組めばよいのか見積もれます。クオリティの高いWebサイトを、適正な予算規模で発注しましょう。

\オンラインアシスタントをコスパで選ぶなら、月額2.5万円〜/10時間の「タスカル」🤗/

オンラインアシスタントサービス「タスカル」は、事務作業、経理、Web・SNS更新などを丸投げOK!初期費用なし&低コストの月額で始められるので、一人社長やフリーランスに選ばれています。

Webデザインの外注を依頼する方法

Webデザインの外注を依頼するには、以下の2つの方法があげられます。

  • フリーランス
  • Web制作会社

フリーランスとWeb制作会社に依頼するメリット・デメリット、大まかな流れ、費用感をそれぞれ解説します。

フリーランス

Webデザイナーを一から探すことが難しいときは、クラウドソーシングサービスやオンラインアシスタントサービス、エージェントサービスで依頼するのがおすすめです。

フリーランスのWebデザイナーに外注できるサービスとしては、以下があげられます。

▼クラウドソーシングサービスの例

  • クラウドワークス:登録している5万人以上のWebデザイナーから選んで依頼
  • ココナラ:依頼内容にマッチしているサービスを出品しているWebデザイナー選び、発注

▼オンラインアシスタントサービスの例

  • タスカル:Webデザイン制作、サイト運用など幅広い業務を依頼可能

▼エージェントサービスの例

  • レバテック:ITエンジニア・デザイナー専門エージェント、ニーズに適した人材を紹介

クラウドソーシングサービスの場合は、スキルや経歴、口コミを確認して自ら依頼する必要があります。

オンラインアシスタントサービスとエージェントサービスの場合は、担当者がサービスに登録している人材のなかから選び、紹介してくれます。

フリーランスに依頼するメリットは、制作会社に比べてコストを抑えられ、対応スピードが早く、柔軟性が高い点です。

ただし、人によってスキルにばらつきがある点がデメリットとしてあげられます。スキルの差に不安があるときは、オンラインアシスタントサービスやエージェントサービスを利用すると良いでしょう。

Web制作会社

Web制作会社には、デザインだけではなくペルソナ設計や戦略設計など、制作に関する工程を依頼できます。Webデザインを依頼できる制作会社の例は、以下のとおりです。

▼Web制作会社の例

  • ZERO:競合分析やフレームワーク作成なども含めて依頼できる
  • ジオコード:戦略設計からサイト制作のほかに、広告設計やバナー制作も依頼可能

Web制作会社に依頼するメリットは、プロに質の高いページを作成してもられる点です。デメリットとしては、費用が高くなりやすく、工程ごとに確認作業があるなど担当者とやり取りが多くなるため、コミュニケーションコストがかかる点があげられます。

LPやECサイトなどの成果を高めたい方は、Web制作会社への依頼がおすすめです。

【ページ・種類別】Webデザインの外注費用相場

Webデザインの外注費用は、制作するページ数やコンテンツ、依頼する業務によって大きく変わります。Webデザインの予算を立てる際には、まず依頼内容によって、どのくらい費用が掛かるかを知っておきましょう。

Webサイトの規模・ページ数別の費用相場

Webサイトの規模やページ数別の費用相場は、以下のとおりです。外注の費用相場であり、発注先によって大きく左右されます。あくまで参考値としてお役立てください。

規模

費用相場

概要

小規模コーポレートサイト(5P前後)

15万円~65万円

会社案内や名刺代わりになる

中規模コーポレートサイト(10P前後)

30万円~125万円

商品・サービス紹介や問い合わせフォームも含むサイト

大規模コーポレートサイト(50P前後)

150万円~

ブランディング・マーケティングとしても利用できる

B to CのECサイト

50万円~100万円

EC-CUBEなどのオープンソースCMSを利用できる

B to BのECサイト

100万円~500万円

B to CのECサイトにはない機能を実装

コンテンツ別の費用相場

ページの種類やバナー制作、イラストなどを依頼する場合の費用相場をまとめました

種類

費用相場

概要

トップページ

5万円~13万円

入り口にあたるページで、デザインにこだわることが多い

下層ページ

2万円~7万円

トップページから派生するページ

派生ページ

1万円~3万5,000円

下層ページのデザインを使い回して作成されるページ

ランディングページ(LP)

6万円~20万円

商品・サービスの紹介から問い合わせまでの導線をまとめたページ

バナー制作

3,000円~50万円

広告に用いる画像・アニメーション・動画

ロゴデザイン

3万円~30万円

会社名や商品名を図案化したもの

イラスト

5万円~15万円

ページに入れる挿絵・図解画

レスポンシブ対応

2万円~7万円

デバイスによってレイアウトを自動で最適化する仕組み

Webデザイン以外の費用相場

Webサイト制作は、Webデザイン以外にもさまざまな費用が発生します。Webサイトを発注するなら、規模とページ構成を伝えた上で制作・保守にかかる費用の見積もりを取りましょう。

種類

費用相場

概要

ディレクション費用

制作費全体の10%前後

プロジェクトの進捗管理に必要

要件定義・設計費用

制作費全体の10%前後

Webデザインの要望を定義して設計

コーディング費用

1万5,000円~6万円/1ページ

HTMLやCSSでページを作成

コンテンツ費用

5万円前後/1コンテンツ

文章執筆・画像・動画などの作成

運用・保守費用

5,000円~5万円/月

Webサイトの管理

Webデザインの外注費用を抑えて依頼するポイント

Webデザインの外注する際に、費用を抑えるポイントについて解説します。

必要な機能やページ数を見直す

Webデザインの外注費用を抑えたいなら、まずはWebサイトの規模を見直しましょう。

依頼するページ数や、ECカートやサイト内検索など搭載する機能によって費用が変わってきます。Webサイトによって解決したい課題やサイトデザインのイメージなどを洗い出し、依頼する内容を明確にしてから外注先を探しましょう。

またWebサイトを制作する上で重要なのは、「無駄な機能がない」「目的に沿って作られている」の2点です。不要な機能は無駄な成否作費が発生するだけでなく、ユーザーの離脱を招くこともあります。

企画・構成の段階で、サイト内容をしっかりと検討しておくことが大切です。

可能な工程は自社で行う

可能な工程を自社で行えば、Webサイト制作費用を節約できます。たとえば、以下の工程は、自社で行いましょう。

  • Webサーバーのレンタル
  • ドメインの取得
  • コンテンツのテキスト執筆
  • ワイヤーフレームの作成
  • 商品画像など素材の用意

ただし、サーバー構築やセキュリティ対策など専門的な知識・技術が必要な分野は、制作会社に任せるのがおすすめです。

無料Web制作サービスの活用

ノーコードのWeb制作サービスを活用すると、外注費用を抑えられます。ノーコードでWebサイト制作ができるサービスには、以下があります。

  • Wix:900種類以上あるテンプレートを使ってWebサイトを作成できる
  • ジンドゥー:テンプレートやAIを活用してデザインできる
  • STUDIO:直感的に操作できるUIで誰でも簡単に本格的なWebサイトを作れる

無料プランを提供しているツールも多いので、コストを掛けずに本格的なWebサイトを制作できます。

小規模サイトの場合は、WordPressに有料テーマを導入して制作すると自社でカスタマイズしやすいでしょう。

費用が安い!おすすめのWebデザイン外注サービス

ここでは、費用がリーズナブルなおすすめのWebデザイン外注サービスを紹介します。

CRIMSON | 費用を抑えてリーズナブルにWebサイト制作

画像出典:CRIMSON公式サイト

Webサイト制作の費用

50万円~

依頼範囲

企画立案、SEO対策、保守管理など

特徴

中小企業や教育関係のWebサイト制作に特化

CRIMSONは、リーズナブルなWebサイト構築に対応したWebサイト制作会社です。リモートワークのフリーランスでスタッフが構成されており、オフィス費用・人件費が必要ないため低価格が実現できました。

採用・アパレル・食品など幅広い業界のWebサイト制作に対応しています。小規模から中規模のWebサイトを作るなら、CRIMSONに見積もりを依頼してみましょう。

free web hope| ランディングページ制作が得意

Webサイト制作の費用

要問い合わせ

依頼範囲

LP・Web制作、LP改善、セールスライティング、広告運用など

特徴

BtoC、BtoB問わずLP制作の実績がある

free web hopeは、ランディングページ制作を得意とするWebサイト制作会社です。

ランディングページの成約率で豊富な実績を誇り、マーケティングにも精通しています。ABテストの実施など、成果を出すための改善施策も多数用意しています。

さらに、広告運用やSEO対策にもしっかり対応可能です。オンラインマーケティングを推し進めたいなら、free web hopeを検討しましょう。

タスカル | Webサイト制作以外の業務もまとめて依頼できる

Webサイト制作の費用

27,500円~/月10時間

依頼範囲

Webサイト制作・デザイン・サイト運用・など

特徴

Webサイト制作のほかに、ライティングやWP入稿など運用業務も依頼できる

タスカルは、月10時間の作業から依頼できるオンラインアシスタントサービスです。Webサイト制作・運用も請け負っており、リーズナブルにサイト構築やデザイン制作を依頼できます。

月額は27,500円からで、オンアインアシスタントサービスの中では業界最安値です。Webサイト制作以外にSNS運用・ライティング・WP入稿も可能で、手軽にオウンドメディアを運営できます。

リーズナブルにWebサイト制作を依頼するなら、タスカルはイチオシのサービスです。

Web制作からカスタマーサポートまで外注できる「業務の幅広さ」が魅力|株式会社ONETREE(ECコンサルティング)
ECサイト制作や運用支援を行う事業者にとって、サイト制作もやりながら、カスタマーサポートも行うのはなかなか負荷が大きいのではないでしょうか? 株式会社ONETREE様は、2018年創業のウェブプロモーション・EC運用代行会社です。タスカル...

自社に適したWebデザインの外注先を見つけよう

Webデザインの外注は、依頼先によって依頼できる内容や費用が大きく左右します。フリーランスならコストを抑えられますが、効果を見込めるクオリティの高いサイトを求めている場合は、Web制作会社に依頼するのが向いています。

外注費用の相場をまとめた表を参考に、自社が求めるWebサイトの規模・予算を検討して最適な外注先を見つけましょう。

Webデザインの外注費用を抑えながら、運用業務のサポートが必要な場合は、オンラインアシスタントサービスの「タスカル」がおすすめです。

Webデザインの外注先にお悩みのときは「タスカル」にお問い合わせください。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
無料相談・資料ダウンロード 
タイトルとURLをコピーしました