領収証発行

1日に扱う書類や取引が少ない会社なら不要かもしれませんが、大量の取引を扱っている場合はこまめに処理した方が安心です。経理担当者のリソースが足りないと感じたなら、大きなミスに繋がらないよう、アウトソーシングに力を借りましょう。

こんな経営者の方におすすめです

正社員を採用するほどの業務量ではないので、結局領収書・請求書発行業務を手放せないでいる

新規で採用しても教育にリソースを割くことが出来ないので、採用に躊躇している

複数の業務を兼任しているため、社員の生産性が低下している

タスカルが提供するその他の領収証発行

タイトルとURLをコピーしました