パワーポイント資料作成代行サービスおすすめ5選|費用相場、選ぶポイントも解説

本記事では、パワーポイントで効率的に資料作成するポイント、パワーポイント資料作成代行サービスの選び方、おすすめの代行サービスについて解説します。資料作成をスピーディーに進めたい方はぜひ参考にしてみてください。

オンラインアシスタント「タスカル」にパワーポイント資料の作成を依頼している企業様のインタビューもぜひご覧ください。

手書きメモを提案資料化する労力を大幅に削減|ハイポタイズ株式会社
ITコンサルティングを手がけるハイポタイズ株式会社様。 業務を圧迫していた請求書や資料の作成をタスカルに依頼し、負担が大きく減ったそうです。 代表のマイケル・キャシェンさんに、タスカルを選んだ決め手や具体的な使い方を聞きました。 決め...

パワーポイントで効率的に資料作成する3つのポイント

まずパワーポイントで効率的に資料を作成するポイントを解説します。

①構成を考えてから作成する

1つ目は、構成を考えてから作成に入ることです。資料作成に取り掛かる前に、大まかなアウトラインを決めておくことで、スムーズに作業が進みます

というのも、いきなり作成に着手してしまうと、途中で重要な項目が抜けてしまったり、訴求内容が変化してしまったりするなど、作業時間が大幅に延びてしまう可能性があるからです。

事前に構成を作成しておくと、そのままアウトラインとしても流用できます。

 

②1つのスライドに主張は1つまで

2つ目は、1つのスライドに主張は1つまでにすることです。1つのスライドに複数の主張があると、聞き手・読み手に伝わりにくくなります。

聞き手・読み手にうまく訴求するためには、メッセージをシンプルにしましょう。1つのスライドに1つの主張だけにすると、今はこの話が伝えたいんだなと理解されやすくなります。

 

③スライドマスターを活用する

3つ目は、スライドマスターを活用することです。スライドマスターは、PowerPointにおける「スライドの設計図」とも呼ばれ、ライド全体のデザインルールを決めることができます

これを活用してデザインの設定をしておくと、各スライドにそのデザインが適用され、資料のデザインに関して効率的に進められるようになります。

つまり、その都度その都度、デザインの設定をし直す手間を省くことができます。スライドマスターは、PowerPointの[表示]タブの中にあります。

 

パワーポイント資料作成代行サービスの選び方

パワーポイントの資料作成を自社で行うことも可能ですが、代行サービスを利用して作成することもできます。ここからは代行サービスの選び方を解説します。

 

①目的に即しているか

1つ目は、目的に即しているか否かです。つまり、何のために代行サービスを利用するのかということです。

代行サービスを利用する目的の一例

  • 急ぎ資料を作成し、〇日までに納品してほしい
  • プロのスキルでデザイン性の高い資料作成をお願いしたい
  • とにかく安く資料作成を外注したい

自社が抱える要望によって、選ぶべきサービスは変わってきます。候補先になっているサービスでは、自社の目的に適しているかは事前に確認すべきでしょう。

 

②代行サービスの強み・実績

2つ目は、代行サービスの強み・実績です。代行サービスには、それぞれの強みがあります。

構成力やストーリー性に強いサービスもあれば、デザイン性が優れているサービスもあります。代行サービスを利用する目的にあった強みを持っているかは確認しておきたいポイントです。

また、過去に類似案件を請け負った経験があるかも重要なポイントと言えます。自社が属する業界で前例はあるのか、どのようなスケジュール感で行ったのかなども確認しておきましょう。

 

パワーポイント資料作成代行サービス5選

ここからは、パワーポイント資料作成代行サービスを5つご紹介します。

 

パワポデザイナー

パワポデザイナーは、2022年11月時点で、制作実績が500社以上のパワーポイント資料作成代行サービスです。メールや電話一本で、営業資料、企画書、提案書、事業計画書、決算説明資料、講演資料、学会資料など、あらゆるパワーポイント資料の作成を代行します。

パワポデザイナーの特徴

  • 原稿をもとにデザインをブラッシュアップ
  • アニメーションの設定やそれをもとにした動画作成も可能
  • スタンダードプラン:67,500円~、プレミアムプラン:90,000円~(その他、オプションあり)

 

ドキュメントプラス

ドキュメントプラスは、個人から上場企業まで、年間150社以上との取引実績があるパワーポイント資料作成代行サービスです。企画書、提案書、プレゼンテーション、販促・営業資料、マニュアルなどの資料を作成できます。

ドキュメントプラスの特徴

  • ワンプランでわかりやすい
  • 5ページ以上は基本料金5,000円がかかるものの、1~4ページの場合は基本料金が無料
  • 基本料金+ページ数(1ページあたり2,500円~)

 

バーチャルプランナー

バーチャルプランナーは、2022年12月時点で、支援企業700社以上のパワーポイント資料作成代行サービスです。営業資料、提案書、プレゼン資料、企画書、事業計画書、採用説明会資料、学会発表ホワイトペーパーなど、あらゆる資料作成をワンストップで支援します。

バーチャルプランナーの特徴

  • 1,000部以上の豊富な実績に基づく企画構成力
  • 特急料金なし!問い合わせ~納品までスピード対応
  • ライトプラン:10,000円(1ページ)~、スタンダードプラン:15,000円(1ページ)~

 

KUROKO™PPT

KUROKO™PPTは、2022年12月時点で、スライド制作数10,000枚以上のコンサル型プレゼンテーション資料作成代行サービスです。主に事業計画説明資料、営業および会社概要資料、ピッチ資料、その他プレゼン資料の作成を得意としています。

KUROKO™PPTの特徴

  • 経営者や事業責任者の想いや魅力を伝えるストーリー構築をコンサルティング形式で支援
  • 日系・外資の超大手企業から起業家にまで信頼されるデザイン力を保有
  • テンプレート制作費用(5万円~)+スライドデザイン費用(1枚あたり1~3万円)

 

タスカル

タスカルは、リモートで業務代行してくれるバーチャルアシスタントサービスです。秘書や経理、バックオフィス業務を中心に、パワーポイント資料作成の代行も可能です。

タスカルの特徴

  • 月額2.75万円〜で導入ハードルが低い
  • 専属ディレクターが対応
  • 1ヶ月10時間の小ロットで契約可能
  • 月10時間程度のサポートが欲しいスタートアップや中小企業におすすめ
プラン料金
3ヶ月プラン44,000円/10時間
6か月プラン33,000円/10時間
年間プラン27,500円/10時間

タスカルを活用して、スライド資料作成をアウトソーシングしている企業様のインタビュー記事もぜひご覧ください。

言語化しにくい講座資料のデザイン業務もスムーズに外注。心理的なストレスも軽減できた|小林しおり様
ヘルスケア関連の起業をサポートするヘルスケア起業コーチの小林しおり様。 個人事業主に外注した経験もある中、なぜタスカルへの依頼を決めたのか。最も強みだと感じている部分はどこか。 小林様にお話を聞きました。 マンパワーが限界。コア業務に...

まとめ

今回は、パワーポイント資料作成時のポイント、代行サービスの選び方、おすすめの代行サービスを紹介しました。

パワーポイント資料作成代行サービスを利用する際には、目的に合ったサービスを選ぶことが欠かせません。本記事を参考にしながら、最適なパワーポイント資料作成代行サービスを見つけてみてください。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
タイトルとURLをコピーしました