ビジネスで依頼できる代行サービスの種類とは?選ぶときのポイントや利用するメリット | タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント

ビジネスで依頼できる代行サービスの種類とは?選ぶときのポイントや利用するメリット

従業員数が1名~10名程度の中小企業では、以下のような課題があることが多いのではないでしょうか。

「事務作業に時間が取られてしまい、コア事業に集中できない」
「専門知識を持った人材を採用したい」
「固定費はなるべく上げずに人員を補強したい」

人手が足りないときや一部業務だけ依頼したいときに活用すべきなのが、代行サービスの利用です。総務や経理、営業などさまざまな業務を依頼できます。

本記事では、ビジネスで活用できる代行サービスの種類や依頼できる業務、利用するメリットを紹介します。

ビジネスで依頼できる代行サービスの種類

ビジネスで依頼できる代行サービスの業務を大別すると、以下があげられます。

  • 経理事務
  • 人事労務
  • 総務
  • 営業事務
  • Webサイト制作・運用
  • ECサイト制作・運営
  • プロモーション

どのような業務を依頼できるのかを詳しく紹介します。

経理事務

経理の業務は、以下のようなルーティンワークや月ごとに発生する業務、年末年始に対応する業務があります。

  • 毎日:記帳・仕訳入力、経費精算など
  • 毎月:給与計算、支払い処理、請求書発行、月次報告書の作成など
  • 年末年始:決算報告書の作成、年末調整など

経理全般のほかに、記帳整理など日常的な業務だけ依頼することも可能です。

会社を設立して日が浅く顧問税理士に依頼することが難しいときは、専門知識を持った代行サービスに決算に関する業務を丸投げして依頼することもできます。

代行サービスに業務を依頼する前に、経理の業務を洗い出しておき、どの業務をお願いすべきか優先順位を決めておくのがおすすめです。

【一人社長向け】はじめての経理外注ガイド|おすすめサービス4選も紹介
「経理が面倒、手が回らない」「経理で採用した社員がすぐに辞めてしまう」「正社員を採用するほどの業務量ではない」・・・。 本記事は、こんなお悩みを抱えている一人会社の経営者向けの記事です。 今回ははじめて経理のアウトソーシングをする方に、...

人事労務

人事労務は採用や育成などの人事と、従業員の勤怠管理や社会保険の手続きなどを担う労務で業務内容が分かれます。

  • 人事:採用、人事戦略設計、人材育成など
  • 労務:勤怠管理、給与計算、社会保険の手続き、入退社管理など

特に労務の業務は「労働基準法を遵守できているか」「法令の改正に対応できているか」を確認し、労務に関するトラブルが起きないように常に知識をアップデートしておく必要があります。

人事労務まで手が回らないときは、代行サービスにお願いすることを検討しましょう。

人事業務をアウトソーシングするメリット、おすすめサービスを紹介
人事業務は外部に委託できます。人事業務をアウトソーシングするメリットや注意点、おすすめのサービスなどを紹介します。

タスカルでは採用業務から給与計算業務まで、人事・労務業務のサポートも多数行なっています。

採用業務を委託した結果、課題の発見・提案・フィードバックがもらえるように|カレント自動車株式会社
ガレージカレントや外車王などを運営する輸入車総合カンパニーの カレント自動車株式会社様。 採用実務を1年以上タスカルにご依頼いただいています。 前回のインタビューから変化したことや、改めて感じているタスカルの良さ、依頼する上で気を配って...
膨大な給与計算業務を外注。予想以上のサポートで、タスカルの感動品質を実感|OfficeМ様
社会保険労務事務所として、主に中小企業を対象に人事労務に関する相談や様々なサポート業務を行うOfficeМ様。 事務所のメイン業務のひとつである給与計算業務サポートをお任せいただいています。導入のきっかけ、率直な感想や効果、今後の展望につ...

総務

総務では、企業の運営に関わる多種多様の業務をこなします。ベンチャー企業などでは、社内リソースを総務に使うべきか、外注すべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

代行サービスを利用する場合は、以下の業務を依頼することが可能です。

書類や書類作成や問い合わせ対応、広報業務などルーティン化しているノンコア業務が依頼しやすいでしょう。

ただし、突発的に発生するBCPや震災・防災関連の業務や、企業戦略に関わる業務など一部代行サービスへの依頼が難しい業務もあります。詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

中小企業が総務をアウトソーシングするべき理由と依頼先を決める基準
社員10名未満の企業や中小企業でおろそかにされがちな総務業務。 経営者の立場から見て社内でやるべきか、外注する方が良いか迷うものではないでしょうか? この記事では中小企業における総務の課題、総務のアウトソーシングに向いている業務、外注のメリット・デメリット、料金相場や導入事例をご紹介します。

営業事務・インサイドセールス

営業担当者をサポートする営業事務や、見込み顧客に対して営業活動をするインサイドセールス業務を代行サービスに依頼できます。

依頼できるのは、具体的に以下のような業務です。

営業担当者が少なく、体制が整っていないなど営業力に不安がある際は、業界に特化した営業代行サービスへの依頼を検討しましょう。

営業体制がある場合は、営業に関わる業務を部分的に依頼して営業活動の効率化を図ることも可能です。

404 NOT FOUND | タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
月10時間から秘書・経理・総務バックオフィス丸ごとおまかせで、社員全員がタスカル!

Webサイト制作・運用

代行サービスに自社サイトの構築を依頼する際は、制作するページ数やドメイン取得・サーバー契約の有無など、どの工程をお願いするかを明確にしておきましょう。依頼する工程や業務によって、必要な費用が変わってくるからです。

Webサイト制作の費用感については、以下の記事をお役立てください。

Webデザイン制作の外注まとめ|依頼方法・費用相場・おすすめの外注先3選
Webデザインの外注先を選ぶには、外注費用の相場や依頼方法を理解しておくことが大切です。今回の記事では、Webデザインサイト制作を外注する方法や費用相場、おすすめの外注先を紹介します。

Webサイトは制作して終わりではなく、商品やサービスの理解を深めてもらうためにコラム記事やお客様インタビューを掲載したり、最新情報に更新したりと運営にも手間がかかります。

代行サービスに運用業務をお願いして、Webサイトを有効活用しましょう。

一人社長はブログ記事の外注化がおすすめ!代行サービスや相場を解説
自社ブログを有機的に機能させるには、定期的な記事投稿が重要です。とはいえ記事制作は工数・手間が多いため、特に忙しい一人社長は後回しにしがちな部分でもあります。 本記事ではブログ記事の外注方法や費用相場、失敗しない外注先の選び方などについて...
一人社長はホームページ更新代行がおすすめ!依頼業務や相場を解説
企業の顔であるホームページ更新代行。情報やバナー、コードの修正など、やるべきことも多いため、外注がおすすめです。この記事ではおすすめのホームページ更新代行サービスから、料金相場などを紹介します。

ECサイト制作・運営

Webサイト制作と同様に、ECサイトの立ち上げでも代行サービスを活用できます。

一からECサイトを構築するのではなく、ECサイトの作成・開設に特化したBASEやSTORESなどのサービスを利用するのもひとつの方法です。代行サービスに依頼すれば、自社ECの開設までの時間を短縮できるでしょう。

【EC初心者】BASE制作・運用代行サービスの選び方とおすすめサービス紹介
本格的なネットショップ(ECサイト)を無料で作成・開設できる「BASE(ベイス)」は、ネットで商品を売りたいと思ったとき、選択肢にあがるサービスの1つです。 専門的な知識がなくても構築できる点が魅力ですが、「細かい初期設定が苦手」「デザイ...
STORESでのEC構築・運営代行サービス5選。選び方、注意点も解説
「STORES(ストアーズ)」は、さまざまな機能でネットショップ(ECサイト)の制作・運営が簡単にできるサービスです。シンプルな操作がウリですが、1人や少人数でお店を運営する場合は、STORESの作業でさえ大変だと感じてしまうかもしれません...

ECサイトの運営では、受注管理やお客様からのお問い合わせ対応などの業務が発生します。

プロモーションやリピート施策など販売活動に注力したい場合は、代行サービスにバックエンド業務の依頼を検討してみましょう

【2024年版】EC運営の費用相場は?オンラインアシスタントに依頼できる業務も解説!
EC運営を外注するメリットやデメリット、費用相場について解説します。「集客方法が分からない」「成約までの導線作りができない」「リピーターを獲得できない」といった悩みはECサイトの運営業務を外部に委託することで解消しやすくなります。

プロモーション

SNS運用

商品やサービスの認知度アップやユーザーとの関係構築など、プロモーションの一環として以下のSNSを活用する企業が増えています(以下リンクはタスカル記事が貼ってあります)。

SNSによってユーザー層や相性のよいジャンルなど特性が異なります。各SNSの専門家に運用業務を依頼すれば、短時間で成果を得られる可能性が高いでしょう。SNS運用代行の費用相場などは以下の記事で紹介しているので、是非参考にしてください。

【中小企業向け】SNS運用代行の料金相場、おすすめサービス11選
Facebook、Twitter、InstagramなどのSNS運用は単純作業ながらも、社内で行うと負荷が大きいです。SNS運用業務は「SNS運用代行サービス」を使って外注が可能です。この記事ではSNS運用代行の費用相場や依頼可能な業務、おすすめのSNS運用代行サービスをご紹介します。

タスカルではLINE公式アカウントのユーザー対応を始め、企業のSNS運用サポートも実施しています。

公式LINEのユーザー対応を外注。仕組み化と効率化を低コストで実現|株式会社Essen
「移動を価値にする」というビジョンのもと、WithDriveという車両広告サービスを展開している株式会社Essen様。 マーケティング部部長の高須賀様に、タスカル導入のきっかけや、今後の展望について伺いました。 前例がない事業を創造する...

クリエイティブ制作

SNS運用を丸投げするほかに、投稿するバナーや動画などクリエイティブの制作のみを依頼して費用を抑えることも可能です。

SNS投稿・広告に使うバナーの作成方法|画像サイズ・ツール・外注先について解説
FacebookやX、InstagramなどのSNSを運用する際、投稿や広告に用いるバナーを作成する必要です。バナーのデザインやコピーライティングのクリエイティブがCTRに大きく関わるだけに、成果につながるクオリティの高いバナーを低コストで作成したいものです。今回はSNSの投稿・広告で用いるバナー作成の手段や、自作する場合のツール、外注先の種類を解説します。
動画編集の外注先おすすめ4選!料金相場や費用を抑えるポイントも解説
商品・サービスの説明やインタビューなど、さまざまな動画コンテンツがビジネスシーンで活用されています。しかし、社内で動画編集まで行うリソースが足りておらず、外注を考えている中小企業や一人社長は多いのではないでしょうか。 この記事では、動画編...

Web広告

商品やサービスの認知度向上やSEO対策として、Web広告を出稿している企業も少なくありません。Web広告の費用対効果の検証には、広告レポートの作成が欠かせませんが、作成に時間が取られてしまうなど大きな負担がかかります。そのような負担があるときは、代行サービスへの依頼を検討するとよいでしょう。

広告レポート自動化ツールおすすめ8選|選び方や注意点を紹介
広告レポート自動化ツールは、レポート作成ではなく広告運用の分析や改善にも役立ちます。今回は、広告レポート作成を自動化する方法やおすすめのツール、ツールの失敗しない選び方を紹介します。 
複雑な広告レポート業務を外注化しROI300%を実現|株式会社FREEDiVE(デジタルマーケティング支援)
「クライアントファーストを至上命題とするマーケティング企業」として広告運用事業を展開する株式会社FREEDiVE様。 創業期からの完全内製型モデルから、一部をアウトソーシングに切り替え、約3年間タスカルを利用されて業務効率化を実現していま...

コンサルティング

また、Webマーケティングに特化した代行サービスに依頼して、コンサルティングをお願いするケースもあります。マーケティング戦略の質を高めたいときの選択肢として検討するのもひとつです。

【一人社長向け】Webマーケティング外注費用の相場はどのくらい?
Webマーケティングを全て自社で行おうとすると、社内の負担は非常に大きなものとなります。なぜなら、Webマーケティングはオフラインでのマーケティングとは全く異質なもので、専門的な知識や経験が求められるからです。社内でゼロからノウハウを蓄積す...

代行サービスを利用するメリット

従業員数が1名~10名程度の中小企業で、代行サービスを利用するメリットとしては以下があげられます。

  • 人手が足りないときだけ増員できるので、人件費削減になる
  • 事務作業などの業務を依頼できるから、コア業務に集中できる
  • 専門家に依頼して業務の質向上効率化が図れる

人員を増やすために採用する場合は、採用計画や求人票の作成などの準備にリソースを割かなければいけません。さらに専門的なスキルを持った人材の採用は、給与水準が上がる可能性も高く、人件費が増えてしまうこともあります。

代行サービスは必要な業務だけ単発で依頼したり、スペシャリストに部分的にお願いしたりすることもできるので、人件費を抑えて業務の効率化を図れるでしょう。

一人社長で事務作業などノンコア業務を依頼したいときにも、代行サービスの利用が有効です。

代行サービスを選ぶときのポイント

代行サービスを選ぶときの4つのポイントを解説します。どの代行サービスを選べばよいのか悩んだときにお役立てください。

常駐型か、リモート型か

代行サービスによっては、オフィスに常駐する場合と、リモートで対応する場合があります。来客者や電話の応対など、オフィス内での業務を依頼したいときは、常駐型の代行サービスを検討するとよいでしょう。

一方資料作成などオンラインで対応できる業務であれば、遠隔で作業を依頼するリモート型のサービスを選ぶのもひとつです。

費用対効果が見込めるか

サービスによって変わりますが、代行サービスは決められた稼働時間に対して月額費用を支払うのが一般的です。

業務内容によって費用に変動があり、専門知識が必要な業務や資格保持者に依頼する場合は、通常よりも費用が高くなることが多いでしょう。

複数の代行サービスから候補を検討している場合は、予算や相場を考慮したうえで組織のパフォーマンスが向上するか、費用対効果が見込めるかを検証してみることが大切です。

導入実績があるか

導入している企業の継続率が高く、どのような効果が得られたのかを理解してから代行サービスを選ぶと、利用してから「こんなはずではなかった」といった失敗を回避できます。

代行サービスのWebサイトには、実際にサービスを利用している企業のインタビューなどが掲載されていることもあります。インタビュー記事を読み疑問点があれば、事前に窓口で質問しておくと安心です。

サポート体制が整っているか

代行サービスのサポート体制を確認しておくことも、選ぶうえで重要です。

例えば「体調不良で依頼しているスタッフが対応できないときに、代理のスタッフに依頼できるのか」など、どのようなサポート体制があるのかを事前に調べておきましょう

代行サービスを活用して業務の質を上げて作業の効率化を図ろう

代行サービスでは、総務や経理、営業などさまざまな業務を依頼できます。ノンコア業務などで代行サービスを活用すれば、コア業務に時間を多く割けるようになります。

ビジネスで上手に代行サービスを活用しながら、業務の質向上や作業効率化を図りましょう。

タスカル|月額2.5万円~のオンラインアシスタント
無料相談・資料ダウンロード 
タイトルとURLをコピーしました